CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

大人女子のおしごと事情 2年総まとめ!「働く」って楽しい

2015年7月にスタートした「大人のお仕事事情」。これまでに29人の方のお仕事ストーリーをうかがってきました。まだまだこれからも続きますが、ここでちょっと、今までを振り返ってみます。遠足でもおなじみの、編集長小路&ライター菅原コンビでお届けします!

小路桃子 菅原然子

仕事ってこんなに種類があるんだ!

アバター
菅原
私、自分が書いたものって、納品後はほぼ読まないんだけど、今日のために読み返してみたら面白かった(笑)。
アバター
小路
いろんな職業があるんだなと思ったよ。小さい頃って「仕事」というと、会社員やピアノの先生、幼稚園の先生くらいしか思い浮かばなかったよね。自分の目に見えている仕事だけというか。でもその会社員の中にもいろんな職種がある。この連載でも改めてそれがよくわかったし、面白いなと思った。
アバター
菅原
そして会社員でも自営業でも、どの人も仕事に愛着とプライドをもっていたよね。同年代の人が多いんだけれど、特に印象的だったのは少し先輩の黒岩さん。何歳でも、挑戦するのに遅いっていうことはない、と言ってくださったのは、私にとって最高のエールだった。
アバター
小路
あの言葉は本当に励みになったよね。美容の世界ではPRの第一人者だったけれど、ご自身のある経験から和菓子職人になられて。自分の身に起きたことをヒントに仕事をされているのがすごいなと思った。

小路 

アバター
菅原
ブラウンシュガーファーストの荻野さんも、出産という経験がきっかけになって、安全、安心なものを子どもに食べさせたいという思いが起業につながっていたね。荻野さんが、自分はミニマムを知っている。10万円あれば心豊かに暮らせるのがわかっているから、会社の状況に振り回されないと。どんな状況でもやっていけるすべをもっているのがかっこいい。
アバター
荻野さんは私たちより若いのに、すごく先の、未来の食について見据えていたよね。あと、庭師の岡さんも、庭造りだけでなく、地球規模の大きな循環について考えていて驚いた。私は中学時代から彼女を知っているけれど、雑草でさえ抜きたくない、植物が生き生きとしていてほしいっていうのは昔からの思いなんだろうなと感じたよ。
あとびっくりしたのは、幼稚園教諭の河原崎さん。私は子どもがいないから、幼稚園の先生に接することがなかったんだけど、幼稚園の先生たちって、専門職なんだなということに驚いたの。

小路 

アバター
菅原
私も、子どもが入園して初めてそう思った。子どもはダイレクトにいろんなことが影響するから、その分大人はよりきめ細かくないとっていうのがあるね。
アバター
小路
子どもといえば、お子さんがいる方って、基本的にお子さんを軸にして仕事をしているんだなと思った。前島さん板谷さん中林さん岡さん荻野さん。一番は滝口さん滝口さんは子どもと一緒にいたいからと、職種や仕事量をその時々に調節してきたって。
アバター
菅原
いろんなステージがあったとしても、細くても仕事を辞めないのは大事っていうのは、今まだ子どもが小さくてそんなにたくさん仕事ができない私には心強いメッセージだったな。美容師の大井さんもその後産休・育休をとっていて。数年後にまたインタビューしてみたいね。

友だち追加
@cherishweb_me でも検索できます

Author's Profile

フリーライター菅原然子(すがわらのりこ)
大学で数学、大学院で教育社会学を専攻後、月刊『婦人之友』(婦人之友社)、月刊『教員養成セミナー』(時事通信出版局)等の記者・編集者を経て独立。
人物インタビューや教育関連記事を中心に、多分野の記事を書いています。
夫婦+コドモ2人(♀)の4人家族。
趣味はチェロを弾くこと。
動物と、文字と、音楽をこよなく愛するもの書きです。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE