大人女子のおしごと事情

【ワークスタイル】植物が生き生きとする庭を 岡佐紀子さん(淡雪園)

植物が生き生きとする庭を 岡佐紀子さん(淡雪園)

いつも、このコーナーのインタビューは録音をしてもう一度聞き直します。今回、岡さんの話声の向こうに、美しい小鳥たちのさえずりが聞こえました。長野・安曇野で、庭づくりや庭の管理を仕事としている岡さんに、聞きました。

女性であることに気負いはなかった

――庭づくりとは、具体的にどのようなお仕事をするのでしょう。

庭に関することは何でもします。一軒家が建つときに、お客さんと相談しながら庭を一からつくったり、また、草刈りや剪定など、もとからある庭の手入れも行います。個人宅だけではなく、お店や介護施設、企業関係のことも。年間契約で管理しているお庭もありますね。
家の庭をつくる時は、まず現場を見に行ってお客さんの要望を聞きます。そして敷地の条件、日当たりや土の質や状態を確認します。地域によって気候は違いますし、土の質もいろいろです。庭全体が周囲の環境とのつながりの中で呼吸しやすくなるように地形を考えたり、その土地に合う植物を選びます。

――なるほど。土地や土によっても合う植物や木は異なってくるのですね。設計図なども描くのですか?

そうですね。あった方がお客さんもイメージしやすいですし、私も敷地全体と部分を見ながら工事の内容や段取りを考えるために必要になってくるので、簡単なものでもなるべく書くようにしています。それでお客さんにその図面と、その庭に合いそうな植物の種類を一覧表にして提案。了解を得たら、植物や材料を仕入れます。木や花、芝生、石なども扱います。
石工事には重機も使います。木の手入れにチェーンソーも使いますし、土や石、植木は運搬だけでもけっこうな重労働ですね。

――確かに、男性の仕事のイメージが強いです。

私が最初に入った会社は職人さんが10人いましたが私以外は皆男性でした。でもそこは気負っていなかったかな。もしだめだったらしょうがない、その時考えればいいやと思っていました。体力的な面ではどうしたって男性には勝てませんが、チームの仕事でもあったので、あまり気にしなかったです。
男性同様に動けるようになろうともがいた時期もありましたが、今は無理しないでいろいろな方の力をお借りして庭仕事をしています。

ページ:

1

2 3 4

関連記事

  1. 【ワークスタイル】常にお客様のよきパートナーでありたい サイトウ…
  2. 【ワークスタイル】美しく、おいしく、身体にもいい和菓子 黒岩典子…
  3. 【ワークスタイル】新しい仕事は新しい可能性を与えてくれる 大手飲…
  4. 大人女子のおしごと事情 2年総まとめ!「働く」って楽しい 大人女子のおしごと事情 2年総まとめ!「働く」って楽しい
  5. 【ワークスタイル】ガーナでの生活と闘病経験から、ブランドを生み出す 大山知春さん(VIVIA JAPAN株式会社代表取締役) 【ワークスタイル】ガーナでの生活と闘病経験から、ブランドを生み出…
  6. 【ワークスタイル】一緒に働く仲間が最大限の力を発揮できるように …
  7. 【ワークスタイル】アクセサリーで世界を旅する 建元節子さん(デザ…
  8. 人との出会いが本づくりの原点 菅聖子さん(編集業・ライター) 【ワークスタイル】人との出会いが本づくりの原点 菅聖子さん(編集…

New!!

  1. あっという間に理想の一汁三菜が完成!野菜の揚げ浸しで平日晩ごはん
  2. 【プレゼント】『ペンギン・ハイウェイ』オリジナル缶ホルダー 『ペンギン・ハイウェイ』オリジナル缶ホルダー
  3. 【ワークスタイル】たった一度の人生“自分の人生を生きぬきたい” 高山奈保美さん(同)アンジェロ代表
  4. 【プレゼント】『泣き虫しょったんの奇跡』公開直前イベント試写会 】『泣き虫しょったんの奇跡』
  5. 南アフリカの奇跡のハーブ ~ルイボス~ 南アフリカの奇跡のハーブ ~ルイボス~
  6. ナチュラルコスメでつくる、秋のモードメイク ナチュラルコスメでつくる、秋のモードメイク
  7. パリの朝食専門レストラン CLAUS(クラウス) パリの朝食専門レストラン CLAUS(クラウス)
  8. 夏の“足のつり”はアロママッサージで解消しよう!
  9. 野菜の素揚げのせ冷やしうどんと豚の竜田揚げでパワフル週末ごはん 暑い夏を乗り切る休日ごはんの献立
  10. 【プレゼント】『寝ても覚めても』トークショー付試写会 『寝ても覚めても』
七音の幸せになる数秘術占い 8月の運勢

Present & Event

  1. 『ペンギン・ハイウェイ』オリジナル缶ホルダー
PAGE TOP