大人女子のおしごと事情

【ワークスタイル】植物が生き生きとする庭を 岡佐紀子さん(淡雪園)

植物が生き生きとする庭を 岡佐紀子さん(淡雪園)

いつも、このコーナーのインタビューは録音をしてもう一度聞き直します。今回、岡さんの話声の向こうに、美しい小鳥たちのさえずりが聞こえました。長野・安曇野で、庭づくりや庭の管理を仕事としている岡さんに、聞きました。

女性であることに気負いはなかった

――庭づくりとは、具体的にどのようなお仕事をするのでしょう。

庭に関することは何でもします。一軒家が建つときに、お客さんと相談しながら庭を一からつくったり、また、草刈りや剪定など、もとからある庭の手入れも行います。個人宅だけではなく、お店や介護施設、企業関係のことも。年間契約で管理しているお庭もありますね。
家の庭をつくる時は、まず現場を見に行ってお客さんの要望を聞きます。そして敷地の条件、日当たりや土の質や状態を確認します。地域によって気候は違いますし、土の質もいろいろです。庭全体が周囲の環境とのつながりの中で呼吸しやすくなるように地形を考えたり、その土地に合う植物を選びます。

――なるほど。土地や土によっても合う植物や木は異なってくるのですね。設計図なども描くのですか?

そうですね。あった方がお客さんもイメージしやすいですし、私も敷地全体と部分を見ながら工事の内容や段取りを考えるために必要になってくるので、簡単なものでもなるべく書くようにしています。それでお客さんにその図面と、その庭に合いそうな植物の種類を一覧表にして提案。了解を得たら、植物や材料を仕入れます。木や花、芝生、石なども扱います。
石工事には重機も使います。木の手入れにチェーンソーも使いますし、土や石、植木は運搬だけでもけっこうな重労働ですね。

――確かに、男性の仕事のイメージが強いです。

私が最初に入った会社は職人さんが10人いましたが私以外は皆男性でした。でもそこは気負っていなかったかな。もしだめだったらしょうがない、その時考えればいいやと思っていました。体力的な面ではどうしたって男性には勝てませんが、チームの仕事でもあったので、あまり気にしなかったです。
男性同様に動けるようになろうともがいた時期もありましたが、今は無理しないでいろいろな方の力をお借りして庭仕事をしています。

ページ:

1

2 3 4

関連記事

  1. 【ワークスタイル】生徒を長い目で見守る 根岸幸代さん(ピアニスト…
  2. 【ワークスタイル】美しく、おいしく、身体にもいい和菓子 黒岩典子…
  3. 【ワークスタイル】地域に根付いたカフェを KNETENオーナー菊…
  4. 【ワークスタイル】「わが子に食べさせたい食材」を社会に広める 荻…
  5. 【ワークスタイル】肌が持っている力を引き出して本当の美しさを うすき友美さん(素肌美容家・MOON PEACH開発者) 【ワークスタイル】肌が持っている力を引き出して本当の美しさを う…
  6. 【ワークスタイル】今の自分に合った働き方を選びとる 近藤恵玲さん…
  7. 【ワークスタイル】目の前の患者さんに、全力で向き合う 歯科衛生士…
  8. 【ワークスタイル】みんなが妊娠・出産・育児を楽しめるように 長坂…

New!!

  1. 野菜たっぷりカレーピラフで平日晩ごはん
  2. 【プレゼント】『女王陛下のお気に入り』一般試写会
  3. 【セルフネイル】ハッピーをトッピングしてくれるクリアハートネイル
  4. 基本のパウンドケーキを作ってみよう
  5. 寒い冬は“エキナセア”で免疫力アップ&風邪予防
  6. ナチュラルコスメの新色図鑑~2019 SPRING
  7. パリのおすすめホテル Hotel Bienvenue Paris
  8. 【プレゼント】『雪の華』一般試写会
  9. 2019年はミントをぜひ常備しておきましょう!
  10. 【編集長日記】暮らしを大切にすること

Present & Event

PAGE TOP