CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

白きくらげと蓮の実の薬膳デザートスープ(レシピ有り)

P1040555

ちょっとしたレストランや薬膳スイーツのお店、小籠包屋さんなどでも白きくらげと蓮の実を甘いシロップで煮たデザートをよく見かけます。
「銀耳蓮子湯」とか「白木耳蓮子湯」とかそんな感じの名前です。

独特の食感の白きくらげとお豆のようなほくほく食感の蓮の実。
白きくらげはコラーゲンを含み美肌効果も期待できる食材。
楊貴妃も好んで食べていたと言われています。

食感のおもしろさと薬膳としての効能も期待できそうで、見かけるとこれまた注文したくなるお気に入りのおやつです。
材料さえ揃えばあとは煮るだけ。とても簡単なので作ってみました。
温かいままでも冷やして食べてもおいしいです。

日本でももちろん手に入る食材ですが、台湾を訪れた際は乾物街の「迪化街(ディーホアジエ)」を散歩しながらぜひ揃えてみてください。手ごろな値段で手に入りますよ。

P1040546
〈材料の食材〉上から時計回りに白きくらげ、なつめ、蓮の実、クコの実

白きくらげと蓮の実の薬膳デザートスープ

材料と分量(約4人分)

白きくらげ…10g
蓮の実…40g
クコの実…大1個
なつめ…4個
水…700cc
氷砂糖…60g

分量はすべてお好みで構いませんが、目安として今回作った量を載せておきます

作り方

準備〉※使用するみ水は分量外です

  • 白きくらげはよく洗い、水に30分程度つけておく。やわらかくなったら、さらによく洗い、石づき(黄色いところ)を取り除き、一口大にちぎっておく
  • 蓮の実は洗った後お湯に一時間以上つけた後、一度茹でこぼしておく
  • なつめ、クコの実も洗った後水につけておく
  1. 鍋に水、白きくらげと蓮の実、なつめを入れ、約一時間煮る
  2. 火を止めて氷砂糖、クコの実を入れ、氷砂糖が溶けたら完成
  3. お好みで甘みを調整してください

Point!
さらにアレンジとして、レモンや少し濃いめに抽出した中国茶、杏や金木犀のお酒など加えてもおいしいです。

プッシュ通知

Author's Profile

トラベルライター&台湾ブロガーコバシイケ子
2011年にはじめて台湾を訪れてから、懐かしさと新しさが入り混じる独特の雰囲気、ゆるさ、旅行だけでは食べつくせない幅広い食のバリエーション、薬膳をはじめとした食文化に魅せられ頻繁に通いはじめる。

2016年、ブログ「TAIWAN IKEKO」を開設。

現在ameba公式トップブロガーとして日々台湾情報を発信中。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE

※当サイトの全ての掲載記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。