CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

【ワークスタイル】お客さまと一緒に、イメージを形にする グラフィックデザイナー 板谷ゆきさん

お客さまと一緒に、イメージを形にする グラフィックデザイナー 板谷ゆきさん

普段何気なく見ている駅で見るポスター、チラシ、お店の看板…これらの作成には、多くの場合デザイナーがかかわっています。「私の仕事は、お客さまの気持ちや頭の中にあるイメージを形にするお手伝い」と話す、グラフィックデザイナーの板谷さん。今月はいろいろな媒体のデザインを生み出している、板谷さんのお仕事と暮らしについて伺いました。

きっかけはジャネット・ジャクソン

――板谷さんは、具体的に何のデザインをされていらっしゃるのですか。
たとえばポスターやカタログ、看板、名刺、冊子、企業や学校案内のパンフレット、書籍の装丁、POPやホームページのデザインなど、多種多様です。意識的に、なるべく仕事の幅を限定しないようにしています。

――本当にいろいろなもののデザインをされているんですね! やはり学生時代はデザインを専門に学ばれたのですか?
いいえ、一般大学で経済を専攻しました。もともとデザインに興味をもったのは、10代の頃。ジャネット・ジャクソンが大好きで、彼女のCDジャケットを作りたいと思ったのがきっかけです。高校卒業後の進路を考えた時に、美術系大学か、専門学校か、一般大学かという選択肢があって、美大に行った先輩に相談してみました。持参した絵を見た先輩が「みんなとワイワイ話しながら何かをするのが好きでしょ」と。だとしたら芸術系の大学はどちらかというと、個人で創作する世界なので、それよりは一般大学に入って、視野を広げて、デザインの世界に入るのはその後でも遅くはないよと言われました。

IMG_1823
長年相棒のスケジュール帳とペン入れ、そしてMAC

――なるほど。では、大学時代は特にデザインとは関係なく…。
そうです。むしろすっかり忘れていました。就職を考えるときになって、あ、そうだ、デザインやりたいんだと思い出して。そしたら大学の先輩が「友だちがデザイン事務所にいる」と紹介してくださり、そこに入れていただきました。社長がデザイナーで、その先輩のお友だちがオペレーター。あとは経理の3人の会社にアシスタントとして入社しました。

プッシュ通知

Author's Profile

フリーライター菅原然子(すがわらのりこ)
大学で数学、大学院で教育社会学を専攻後、月刊『婦人之友』(婦人之友社)、月刊『教員養成セミナー』(時事通信出版局)等の記者・編集者を経て独立。
人物インタビューや教育関連記事を中心に、多分野の記事を書いています。
夫婦+コドモ2人(♀)の4人家族。
趣味はチェロを弾くこと。
動物と、文字と、音楽をこよなく愛するもの書きです。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE

※当サイトの全ての掲載記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。