CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

【ワークスタイル】子どもたちは私を笑顔にさせてくれる存在 河原崎ひろみさん(私立谷戸幼稚園教諭)

133 views

子どもたちは私を笑顔にさせてくれる存在 河原崎ひろみさん(私立谷戸幼稚園教諭)

毎年子どもの「将来なりたい職業」ランキングで、特に女子の上位にくるのが「幼稚園の先生」。自分が産むまで、子どもとの接点がほぼなかった私にとって、幼稚園の先生という仕事は完全に「未知の世界」でした。ですが、我が子が幼稚園に通い始めて驚いたのは、その専門性の高さです。そんな幼稚園の先生の仕事について、河原崎ひろみさんに伺いました。

子どものころからの夢

――河原崎さんは幼稚園教諭になられて今年で8年目。大学時代に目指されたのですか?
そうです。自分が幼稚園に通っていた時に、幼稚園の先生になりたい!と思っていました。その後いろいろな夢も見ましたけれど、大学受験を考えた時に、自分には何ができるかなと思って。子どもが好きだったこと、親からの「幼稚園の先生になったらいいんじゃない?」というすすめもあり、幼児教育学科に入りました。

在学中は、3年から本格的な実習が始まり、幼稚園、保育園、児童養護施設などで数週間ずつ実習しました。どこも魅力的な職場でしたが、やはり当初の希望だった幼稚園に就職したいと思い、大学に来ていた募集を見て今勤めている谷戸幼稚園(以下谷戸)を受け、採用していただきました。

今年で8年目。最初の年は年中の担任でした。翌年からは、年中、年長、年長、年少、そしてここ3年は年中の担任です。

ご対面
高校の同級生の赤ちゃんにご対面~!
11月に生まれたばかりで小ささに感動しました!

――小さいころの夢をかなえての就職。最初の頃はいかがでしたか。
戸惑いしかなかったです。谷戸は、年少組はオープンクラスで、3クラスが一つの部屋で生活するのですが、年中からクラスごとに部屋が分かれます。そのため、お互いのクラスも見えず、わからないことだらけ。一応事前に学年ごとに、「では明日はこういう流れでいきましょう」と、保育の大きな流れの打ち合わせはするのですが、細かいことが分からなくて。

デスクワークも

たとえば、「明日は絵の具を使った遊びをしてみよう」となって、絵の具を出したとします。でもひとクラス、当時は31人。全員が一斉に絵の具を使うことはできません。「絵の具を使っていない子どもには何をさせればいいの?!」と。そういうところでつまずいて。先輩に聴いて、そうか、粘土も出しておけばいいのか、とか(笑)。




Author's Profile

フリーライター菅原然子(すがわらのりこ)
大学で数学、大学院で教育社会学を専攻後、月刊『婦人之友』(婦人之友社)、月刊『教員養成セミナー』(時事通信出版局)等の記者・編集者を経て独立。
人物インタビューや教育関連記事を中心に、多分野の記事を書いています。
夫婦+コドモ2人(♀)の4人家族。
趣味はチェロを弾くこと。
動物と、文字と、音楽をこよなく愛するもの書きです。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE