CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

【ワークスタイル】常にベストコンディションで撮るために 中林香さん(カメラマン)

500 views

常にベストコンディションで撮るために 中林香さん(カメラマン)

雑誌やポスターで見かける写真。プロのカメラマンが撮る写真は、やっぱり美しく、印象的です。今月は、「ものでも景色でも、きれいなものを見ると、無意識のうちに光の入り方などを観察しています。撮影の際のライティングのヒントにもなるので」という女性カメラマン、中林香さんに、お仕事内容をうかがいました。

きっかけは、父親が貸してくれたカメラ

——中林さんはカメラマンとしてさまざまな雑誌等で活躍されています。
今は雑誌や書籍のための撮影が主になっています。人も料理も物も、なんでも撮ります。
仕事の流れとしては、編集部で企画が固まるとスタッフが決められます。そこでカメラマンも決定され、編集部から電話があり、スケジューリングします。だいたい1日に1つの仕事という事が多いです。

撮影前にスタッフと打ち合わせをし、ページの構成図をもらったりしてだいたいのイメージを膨らませ、撮影に入ります。撮りながら使いたい画像を多めにその場でセレクト。その後編集者から使う写真が決まって戻ってきたら、それをレタッチ(画像処理)して納品する、というのが大きな仕事の流れです。

中林香

——いつ頃からカメラマンになりたいと思っていたのですか?
きっかけは高校の頃。父親がペンタックスの一眼レフカメラを貸してくれて、それを使ってクラスメイトを撮っていたんです。当時はフィルムカメラですから、自分が撮ったものが、こういう写真になるのか、と、それを見るのが好きで。その後進路を決める時期にHIROMIXという女の子が撮った写真が、写真の世界の登竜門ともいわれている、写真新世紀の優秀賞を受賞して。もの凄くいろんな媒体に彼女が出て、それを見て、「簡単そうだし、仕事にもなりそうだし、楽しそう!カメラマンいいな」と思った。好きなものとはやりものが一致したんですね。

友だち家族とのキャンプ。前日、大雨だったのが嘘みたいに晴れました!
友だち家族とのキャンプ。前日、大雨だったのが嘘みたいに晴れました!

そんな事もあり、卒業後は名古屋の写真の専門学校に2年間行きました。1年の終わりころ『UNO』という雑誌が創刊され、セルフポートレート写真を募集している事を、高校からの友達がFAXで教えてくれました(これで賞金とってハワイに連れて行ってと)。投稿したら賞をいただいて。あ、私、写真でいけるかなって思いました(笑)




Author's Profile

フリーライター菅原然子(すがわらのりこ)
大学で数学、大学院で教育社会学を専攻後、月刊『婦人之友』(婦人之友社)、月刊『教員養成セミナー』(時事通信出版局)等の記者・編集者を経て独立。
人物インタビューや教育関連記事を中心に、多分野の記事を書いています。
夫婦+コドモ2人(♀)の4人家族。
趣味はチェロを弾くこと。
動物と、文字と、音楽をこよなく愛するもの書きです。

当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE