CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

自分と向き合う朝のキャンドルタイム

118 views

main

朝目覚めて、カーテンと窓を開け、溢れる光と風を部屋に通す…。
一日を始める前のほんのひと時、香りのキャンドルを灯します。

夜に灯すより、ピュアで儚げな炎。少しぼんやりした頭は無理やり起こさず、窓辺からすべり込む風が香りを部屋へ運ぶ間、優しくゆらゆらと揺れる炎と香りに身をゆだねながら、自分の今日のコンディションを感じ、徐々に身体と頭を起こしていきます。

朝のキャンドル選びは爽やかさとすがすがしさが目印。
とびきりフレッシュな柑橘果実や、可憐な淡い色の花たち、クリーンなハーブ。
そして、木立ちの中を駆け抜ける風や、子供の頃寝ころんだ草原をイメージするような香り…。

Image2

心を落ち着け浄化したい朝は、月下香、オレンジ、クチナシなどが優しく甘く香るSUNDARIの「Bakula」(写真右)。
人や情報やスピードに疲れた意識と身体をクリアにし、そっと元気づけてくれます。
休日の朝は、南仏の春を感じながらのんびりと。
ラルチザン パフュームの「Le Printemps プランタン」(写真左)は、シルバーに輝くハンドメイドのキャンドルホルダーが太陽の光に煌めきます。

ローレル、ローズマリー、タイム、低灌木のレンティスク、スパイシーなスターアニスの穏やかな春の温度を感じるキャンドル。

身体も心もしっかりと目覚めさせたい朝なら、AVEDAの「LIGHT THE WAY」を。(写真中央)
インド西部の小さな村ウンバリ村ではぐくまれた100%オーガニックのジンジャー、ジンジャーリリーがスパイシーなアロマブレンド。自分の身体と対話するひと時にベストマッチ。

優しい香りを焚いて出かけた後、夜自宅の扉を開ければ、朝焚いたキャンドルの香りが温かいラストノートとなって、「おかえり」と腕を広げてくれるはず。

ほんの少しの早起きと、ほんの少しのキャンドルタイム。
それは毎日、自分と向き合うための大事なヒント。

<撮影協力>
L’Artisan Parfumeur「LE PRINTMPS プランタン(春)」 200g ¥8,000(税抜) / ラルチザン パフューム表参道本店 tel.03-6419-9373
AVEDA 「土壌を辿って オーガニック フレッシュスパイス キャンドル」 100g ¥1,240(税抜) / アヴェダ tel.03-5251-3541
SUNDARI「Bakula」 170g ¥¥5,500(税抜) / 株式会社 ザ・デイ・スパ 06-6227-8086)




Author's Profile

美容ジャーナリスト/香りのストーリーテラーYUKIRIN
ナチュラルコスメとフレグランスのエキスパートとして、
「香りで選ぶナチュラルスキンケア」や、「香りとメイクのコーディネート」など提案する他、
香りから着想される短篇小説を連載中。

媒体での執筆・連載の他、
化粧品のディレクション、イベントプロデュース、ブランドコンサルティングなど幅広く活動している。
Follow :

当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE