魔法の香り手帖

夕暮れに香りをのせて

1

夏に向かい次第に日は長くなり、より「夕暮れ」を感じることができる季節は初夏。
夕暮れ、夕闇、黄昏…。それらの言葉に香りを添えたら、それは疲れて歩く帰り道ではなく特別な時間に姿を変える。
夕焼け空を見上げている時に、ほのかな風が運ぶ誰かの優しい香り。

または、地下鉄の入口から突如巻き起こる風に乗って、身体ごと浮き上がりそうなほど感じる香りの渦。
週末どこかへ出かけた帰り道、はしゃいだ後の気怠さを癒す香り。
昼でもない、夜でもない。
その一瞬に似合う香りは、刹那的で少しだけ切ない。

2

これほど夕暮れの香りにフォーカスをあて表現した香りがあっただろうかと思わずにいられない、ラルチザン パフューム「L’ETE EN DOUCE (ひと夏の夕暮れ)」。
決して派手な主張はしないけれど、夕暮れの切なさをラルチザン パフュームという額縁の中にしっかり捉え、とてもノスタルジーに香る。

野ばら、干し草、菩提樹の木・・・子供の頃、自然の中で見た夕日や、頬にゆれた草花の匂い。
「このまま外で遊んではいられない。帰らなきゃ」という寂しさと、家の温かさを思って感じる優しさ。
私はこの香りを纏うと、プラネタリウムが始まる前のような、夜の星座が顏を出す前の一瞬を、強く思い出す。

春の花として旬を少し過ぎた今頃だからか、夏の夕暮れに纏うと何だか寂しく感じられるのが、サンタ・マリア・ノヴェッラの「オーデコロン ミモザ」。
可愛い黄色の花は姿を変え、ほんのりエロティックな野性味を覗かせてくれる。

オーデコロンはスプレーでつけず、手にとりバシャバシャとラフに纏うのが私の習慣。
まるで身体から発する水分が、元からミモザの香りであったかのように肌になじみ、夕暮れ前のひと時に華を添えてくれる。

限りなく夜に近い、太陽が隠れたけれどまだ少し明るい、そんな瞬間にはシスレーの「ソワール ドゥ リュンヌ」が良く似合う。
フランス語で「月の夜」を意味する香り。

ローズドメイ、カモミール、パチョリ、ミモザ、コリアンダー…。
何の香りなのか一瞬では捉えきれないような少し謎に満ちたトーンが、ミステリアスな夜への通り道にしっくりとくる。
石畳をほのかに明るく照らす凛とした自立した女性らしさは、夕暮れから夜へ香りの道案内となる。

さぁ、太陽が沈んだ。
今夜はどこかへ出かけようか、やっぱり温かい家へ帰ろうか。

3

【掲載製品】
L’Artisan Parfumeur 「L’ETE EN DOUCE (ひと夏の夕暮れ)」 100ml ¥17,280(taxin) / ラルチザン パフューム表参道本店 tel:03-6419-9373
サンタ・マリア・ノヴェッラ「オーデコロン ミモザ」100ml ¥15,120(taxin)  /サンタ・マリア・ノヴェッラ銀座 tel:03-3572-2694
sisley 「Soir de Lune(ソワール ドゥ リュンヌ)」 30ml ¥13,500(taxin) / シスレージャパンtel:03-5571-6217

著者プロフィール

YUKIRIN
YUKIRIN美容ジャーナリスト/香りのストーリーテラー
ナチュラルコスメとフレグランスのエキスパートとして、
「香りで選ぶナチュラルスキンケア」や、「香りとメイクのコーディネート」など提案する他、
香りから着想される短篇小説を連載中。

媒体での執筆・連載の他、
化粧品のディレクション、イベントプロデュース、ブランドコンサルティングなど幅広く活動している。

関連記事

  1. あえかなるセレーネ あえかなるセレーネ
  2. 花の嘆声 花の嘆声
  3. 若草の頃
  4. 薔薇はまだ咲かない 薔薇はまだ咲かない
  5. Magical Garden
  6. あなたと出会う香りたち
  7. Passion ~前篇~ Passion ~前篇~
  8. ネフリティスの羽根~第二篇

New!!

  1. 忙しいキャンペーンやめました!
  2. 簡単薬膳ごはん~黒色&温め食材で冬を乗り切ろう~
  3. 美容ジャーナリストYUKIRINが選ぶ、2018年ナチュラルベストコスメ大賞
  4. 【プレゼント】ロイヤル・バレエ『うたかたの恋』パンフレット
  5. パリ ギャラリー・ラファイエットのクリスマス 2018
  6. みんな大好きスペシャルハンバーグで休日ごはん
  7. オリジナル ガラスアクセサリーKWAL!(クワル)がポップアップショップを開催
  8. DEAN & DELUCA上陸15周年記念「デルーカさんのアップルパイ」を予約販売!
  9. クリスマスシーズン
  10. 12月は静寂な「ミルラ」の香りで1年を振り返る

Present & Event

PAGE TOP