おフランスかぶれのうたかたの日々

パリのオススメレストラン「Septime」(セプティム)

01

パリは意外とハズレのレストランが多いです。
観光地価格設定なのか、お値段とクオリティが見合っていない…なんてこともあるけれど、
値段が安ければまあそれ相当のお味です。

最近はワゴンカーでの販売だったり、BENTO(日本語の「弁当」そのまま)を売ったりするお店も増えてきていますが、
パリでは予算10ユーロ(約1,300円)でも探すのは大変!
ランチが20ユーロ台なら安く感じてしまうほど。
たまにしかできない旅行ですもの、レストラン選びに失敗したくないですよね。
せっかく行くのだから、ランチの予算は30~40ユーロくらいにして…。

パリで数年前から話題になっていて、全然予約の取れないレストラン「Septime(セプティム)」。
前回行って、すっかりお気に入りになりました。
ネット予約では3週間前から受け付けていますが、瞬時に満席になってしまうほど。
旅程が早めに決まっていたので、狙いを定めて3週間前の午前0時(フランス時間。日本時間午前8時)にネット予約して行ってきました!
それでももうディナーの満席で、ランチでしたが。

11区のシャロンヌ通りにあるレストラン。
看板を出していないので、この青いファサードを覚えておかないと通り過ぎてしまうかも。

02

店内奥には、私の大好きならせん階段!
床のタイル、窓、カーテン、ランプや花瓶、テーブル…と
インテリアやデコレーション、雰囲気すべてが好みで、この空間にいるだけで興奮してしまいました。

Processed with VSCOcam with c2 preset
04

平日のランチなのに、店内は満席!
予約していたけど、カウンターで30分近く待ちました(その間にワインは飲みましたが)。

ランチメニューは、「前菜/メイン/デザートorチーズ」で30ユーロ、6皿のお料理が楽しめる「デギュスタシオン」60ユーロ。
(2015年11月の価格)

前菜もメインも、2、3種類の中から選べます。
私はおひとり様ランチだったので、30ユーロのメニューにしました。
(ほんとはフレンチはおひとり様よりも誰かとおしゃべりしながら楽しむ方がいいですよね…)

色どりがとても綺麗で、素材の美味しさを存分に味わえる大胆すぎない味付けも◎。

05

店内満席で忙しそうでしたが、ギャルソンはすごくフレンドリーだったのでそれもまた好感度高かったです♪
レストラン、というよりはもっとカジュアルなビストロ感覚なのでドレスコードもなし。
気張らず美味しいフレンチが楽しめます。

パリに行かれる計画がある方、是非チェックしてみてくださいね!

Septime
http://www.septime-charonne.fr/
80 rue de charonne 75011 Paris

著者プロフィール

nontage
nontageWebディレクター
渋谷区在住フランス狂。
趣味:フランス旅行・フランス映画鑑賞・フランス語学習
職業:WEBディレクター兼フランス妄想家
魂はフランスに置いて来ましたが、広島カープファンです。

関連記事

  1. シャンゼリゼ通りは毎月第一日曜日が歩行者天国!
  2. 6月はフランス月間!
  3. オレンジリキュール「Cointreau」 コアントロー 工場見学…
  4. 続・パリで買ったエコバッグたち 続・パリで買ったエコバッグたち
  5. パリの荷物預けサービス「At The Corner」と「City…
  6. 「フランス女子会」で満喫旅行!旅支度編
  7. 「フランスを、写そう。」フォトコンクール
  8. パリ ギャラリー・ラファイエットのクリスマス 2018

New!!

  1. 【プレゼント】『女王陛下のお気に入り』一般試写会
  2. 【セルフネイル】ハッピーをトッピングしてくれるクリアハートネイル
  3. 基本のパウンドケーキを作ってみよう
  4. 寒い冬は“エキナセア”で免疫力アップ&風邪予防
  5. ナチュラルコスメの新色図鑑~2019 SPRING
  6. パリのおすすめホテル Hotel Bienvenue Paris
  7. 【プレゼント】『雪の華』一般試写会
  8. 2019年はミントをぜひ常備しておきましょう!
  9. 【編集長日記】暮らしを大切にすること
  10. 【1月 山羊座の新月】“行動力”と“自分らしさ”が心地よさの鍵

Present & Event

PAGE TOP