CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

茶芸館でのんびりと

89 views

P1010416

台湾に行ったら必ず一度は茶芸館に足を運びゆっくりとお茶を楽しみます。
ふんわりとやさしく香る中国茶。

味わいのある民家を改装しお店にしていたり、ロケーションがとてもよかったり、お店の雰囲気もとても素敵なところが多いので、美味しいお茶を楽しみながらぼんやり旅の思い出に浸っていたら気がつけば1〜2時間経ってしまった、という話もよく耳にします。

好きなお茶を選んだらテーブルには可愛らしい茶器とお湯がセットされます。
淹れ方もしっかりと説明してくださるので(お店によっては日本語でも)はじめてでもちゃんと楽しむことが出来ます。
何度もお湯を継ぎ足して味の変化を感じてゆくのも中国茶の楽しみのひとつ。

R0012563

一枚目の写真は先日訪れた茶芸館で注文したお菓子の盛り合わせ。
台湾らしい素材を使ったお菓子が素敵な盛りつけで出てきました。

手前からなつめと胡桃のヌガー(棗泥核桃片)、ピーナッツクッキー(花生酥)、ドライマンゴー、緑豆の落雁(緑豆糕)。どれもやさしい味わいで、一緒にいただく美味しいお茶と静かに流れる時間に心の底から和むことができました。

旅行はぎゅうぎゅうとついスケジュールを詰め込んでしまいがちですが台湾ではお茶の時間を少し多めに組み込んでおくのがおすすめです。

師大路付近にある「小慢」、永康街にある「回留」、観光地九份にある「九份茶坊」がわたしのお気に入り。どこも雰囲気があります。




Author's Profile

トラベルライター&台湾ブロガーコバシイケ子
2011年にはじめて台湾を訪れてから、懐かしさと新しさが入り混じる独特の雰囲気、ゆるさ、旅行だけでは食べつくせない幅広い食のバリエーション、薬膳をはじめとした食文化に魅せられ頻繁に通いはじめる。

2016年、ブログ「TAIWAN IKEKO」を開設。

現在ameba公式トップブロガーとして日々台湾情報を発信中。

当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE