CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

きゅうりときくらげのスープでむくみを改善!

少しずつ空が高くなり、秋の訪れを感じるこの頃ですね。今日はきゅうりと黒きくらげのおいしくて、かんたんなスープをご紹介します。早いうちに夏の疲れを取ってしまいましょう。

きゅうりときくらげのスープ

胡瓜ときくらげのスープ

材料と分量(2人分)

  • 水…2カップ
  • 顆粒鶏ガラスープ…小さじ2
  • きゅうり…1本
  • 黒きくらげ(乾燥)…4g

作り方

  1. きゅうりは少し大きめの乱切りにする
  2. きくらげは水で戻す
  3. 鍋に水を入れ沸騰したらスープの素を入れる
  4. きゅうりときくらげを入れて再び沸騰したら火を止める

むくみが気になる人にオススメ!

たっぷりの水分とカリウムを多く含んだきゅぅりは利尿作用の高い食材。尿の出の悪い人、むくみが気になる人におすすめの食品です。血圧を正常に保つ働きがあるので高血圧の予防にも効果があり、体内の余分な熱を取りほてった体やのどの渇きをいやします。

黒きくらげは血を健康にする作用を持ち、血液サラサラ効果があります。夏の間に濃くなっている血をサラサラにすることは高血圧の最大の予防になりますよ。

友だち追加
@cherishweb_me でも検索できます

Author's Profile

料理家足立洋子(あだちひろこ)
1951年、函館生まれ。
自由学園女子最高学部卒業。

会員数2万人の「全国友の会」において40年来、食の講師をつとめる。現在も苫小牧友の会にて年4回、全国各地にて料理講習会・講演会を行なっている。

NHK「あさイチ」で料理のスーパー主婦として出演。近年は「あさイチ」のほか、NHK北海道の「ひるまえナマら!北海道」に定期的に出演。

新潮社から発売した著書『かんたん が おいしい』シリーズは13万部は超え、著書累計は約22万部。
雑誌などへのレシピ提供のほか、商品開発などにも携わっている。

2013年より『暮らしを楽しむメディアCheRish Brun.(チェリッシュブラン)』にて月に2回、2017年より『苫小牧民報』にて月1回連載中。

趣味はお取り寄せ。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE