CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

恋愛のお守りにもなり、身体のバランスも整えるマジョラム

majo1

こんにちは、セラピストの堀井美岐です。梅雨のこの時期、みなさんいかがお過ごしですか?間もなく迎える夏本番に向けて今回ご紹介する精油は「マジョラム」です。

マジョラムはよく肉料理に使われるハーブとして馴染みのある方も多いかもしれませんね。
マジョラムは、スイートマジョラム、マージョラムとして紹介されていることもあります。こちらはシソ科のハーブです。ギリシャでは薬草として利用されている他に幸福の象徴とされており恋愛成就のお守りや新婚夫婦に贈られたり、他界した魂が平和にやすらぐためにお墓に植えられていました。

majo2

マジョラムの効能をご紹介します。
心への効能は、副交感神経に働きかけて自律神経のバランスを調整する効果があります。無気力だったり、落ち込んで考えすぎてしまう時、孤独を感じる時、マジョラムは温め、慰め、リラックスさせて心に栄養を与えてくれます。
体へは、血行促進、体温調節作用などによる冷えやむくみに作用します。また、筋肉痛やこりの痛み、神経性の痙攣や関節炎なども効果的です。
その他、喘息や去痰、便秘や下痢、過剰な食欲を抑えたり、催淫作用もありまた制淫作用もあります。例えば、遠距離恋愛や多忙な恋人と会えない時の不安などを紛らわすのに使用するのには良いですが、久しぶりの再会の時は控えたほうが良いかもしれませんね。
皮膚への効能は、創傷の治癒を早めたり、クマやくすみに効果的です。

相性の良い精油は、柑橘系やフローラル系がおすすめです。
・寝つきを良くするには、ラベンダー、オレンジスイート
・女性ホルモン系の不調には、ゼラニウム、イランイラン
・気分の落ち込みや不安には、カモミール・ローマン、ラベンサラ
・冷えやむくみの解消には、ローズマリー、ナツメグ

これからの時期、冷房や冷たい飲み物などで気付かないうちに体が冷えていることも。
自律神経のバランスを整え、暑さに負けない身体を作っていきましょう!!

プッシュ通知

Author's Profile

magentyセラピスト堀井美岐(ほりいみき)
オーラソーマ(R)プラクティショナー、レインドロップトリートメントをはじめ数秘やアロマリーディング、スピリチュアルリーディングを行うセラピスト。
2012年、自宅サロンmagenty(マゼンティ)をオープン。
自身のアトピー・アレルギー体質を元に自然治癒や代替医療なども学び、こころとからだのケアなどホリスティックビューティーを提供し、現在も勉強中。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE

※当サイトの全ての掲載記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。