CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

五月病に負けない!アロマの香りでスッキリ!!

新緑

こんにちは。セラピストの堀井美岐です。「令和」と言う新しい年がゴールデンウィークにスタートしました。みなさん、どのようなお休みを過ごされましたか?
楽しい休みのあと、どうしても気分が下がり気味になりがち。「五月病」に負けない香りで今月を乗り切ってくたざいね。

今月の香りは「ローズマリー」

ローズマリー

ローズマリーは食用ハーブとしてよく使われていますね。地中海沿岸の原産で、古代エジプトでは王の墓に炊かれ、神に捧げる植物として重んじられていました。
またローマ時代では、若返りの効能として使用されていました。

ローズマリーの香りは、スッキリとしたクリアな香りです。
脳の血流量を増やすので、集中力もアップします。また、精神を高揚させる働きもありますので無気力や憂鬱さ、不安な気持ちを取り除き、自信をもたせてくれる働きもあります。

窓辺で座る女性

肌へは収れん・抗菌作用がありますので脂性肌によるニキビの予防にも効果的です。また、フケや抜け毛を防ぎ、育毛効果の働きもあると言われています。

抗菌・抗炎症、抗ウイルス作用もありますので、風邪やインフルエンザの予防、鼻や喉の不快感など気管支のトラブルにも効果的です。

アロマオイルの入ったボトル

手作りローズマリー水でスッキリ!

材料と作り方

精製水 45ml
キャリアオイル 5ml(グリセリンでも可)
ローズマリー精油 5~6滴

上記をスプレーボトルなどに入れてよく混ぜ合わせる

ボディやフェイシャルにも使用できますが、頭皮マッサージに使われることをおすすめします。

ローズマリーの精油をバスオイルとして使う

お湯を張ったお風呂に数滴いれて、1日の疲れを癒してあげてください。

花束

ローズマリーのキーワードは「自己実現」「自信」です。
令和と言う新しい時代、思い描く希望や夢を実現できるよう、自分を信じる気持ちを大切に進んでいきましょう!

そして2014年1月から「色」と「アロマ」のご紹介をさせて頂きましたが、今回を持ちまして連載を終えることとなりました。これからも気になる色やアロマを取れ入れ、日常生活のアクセントとして、彩りよく豊かな気持ちで過ごして頂けたらと思います。
またどこかで目にして頂けたら嬉しいです。読者のみなさま、ありがとうございました。

プッシュ通知

Author's Profile

magentyセラピスト堀井美岐(ほりいみき)
オーラソーマ(R)プラクティショナー、レインドロップトリートメントをはじめ数秘やアロマリーディング、スピリチュアルリーディングを行うセラピスト。
2012年、自宅サロンmagenty(マゼンティ)をオープン。
自身のアトピー・アレルギー体質を元に自然治癒や代替医療なども学び、こころとからだのケアなどホリスティックビューティーを提供し、現在も勉強中。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE

※当サイトの全ての掲載記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。