大人女子遠足〜スニーカーとリュックで行こう!〜

【大人女子遠足】二宮の、あのパン屋さんを訪ねる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大人女子遠足 ブランジェリーヤマシタ

編集長小路桃子(ももこ)と、ライター菅原(ももせ←旧姓)のWももが、スニーカーを履いて、リュックを背負って、行ってみたかった場所に行くこと!ルールはたったこれだけ。
大人の遠足第二弾はももせが以前から気になっていた、あのパン屋さんへGO!

菅原然子ももせ
「ねえねえももちゃん、中学時代からの後輩の、山下くん覚えてる?」
小路桃子ももこ
「覚えてるよ~ 彼がどうしたの?」
菅原然子ももせ
「実は二宮で、Boulangerie Yamashitaっていうパン屋さんをやっているんだよ。以前一度だけ食べたことがあって、衝撃的なおいしさでね。いつかお店に行ってみたいと思っていたの。今月の遠足、そこに行かない?」
小路桃子ももこ
「それは気になる! そして山下くん懐かしい! ぜひ行ってみよう。」

というわけで、今月は二宮へ足を延ばした二人。
少し遠出になるので、今回は車で。
リュックをしょって、スニーカー履いて、いざ、二宮へ!

カフェスペース入り口

菅原然子ももせ
「あれもこれも、あ、あれも…って買いすぎ?! でもなかなか来られないから、いっか。そうそう、今年6月に食堂もオープンしたんだって。そこでお昼にしない?」
小路桃子ももこ
「いいね~ じゃあ好きなパンを選んで、と。あとはフレンチトーストとスープにしよう。」

というわけで、それぞれお持ち帰りのパンと、食堂で食べるパン、スープを選び、人気というフレンチトーストも追加して、番号札を受け取り、一度外へ出て隣の食堂へ。

※クリックすると大きな写真が見れます

大満足のお昼後、店主の山下くんにお話が聞けました。外のベンチに座って…

小路桃子ももこ
「とってもおいしかった! 何年前にオープンしたの?」
山下雄作山下
「パン屋は2年前、食堂は今年の6月にオープンしました。この建物はもともと30年前まで美容院として使われていたそうなのですが、その後は特に使われていなくて。オープン前に、できる部分は自分で改装したんですよ。」
菅原然子ももせ
「すごいね~。奥の食堂も?」
山下雄作山下
「あそこは壁も扉もない、納屋のような場所だったのですが、大家さんの了解を得て、元々お客さんだった設計士さんと大工さんにも手伝っていただいて、改装しました。以前、デンマークの家具メーカーに勤めていたこともあって、店内の椅子やランプシェードはデンマークのものを揃えました。実はパン作りに使っている酵母も、デンマークのリンゴから起こしているんです。」
約20年ぶりの再会!
菅原然子ももせ
「噛めば噛むほど味わい深いのは、天然酵母だから、というのもあるのかぁ。落ち着ける空間で、味と雰囲気になにかホッとした。」
山下雄作山下
「そう言っていただけると。開店から2年半たち、地元の方にも、また遠くからの方にもパンを味わっていただけてうれしいです。」

お話を伺っている間も、ひっきりなしにお客様がいらしていました。そして、11時半頃にはたくさんあった素敵なパンたちは、13時頃にはもうだいぶ少なくなっていて。本当にたくさんのファンの方がいらっしゃることがよくわかりましたよ。

小路桃子ライターのももせ(菅原さん)に誘われて、今回は二宮町にある人気のパン屋さん【Boulangerie Yamashita】へ。何を隠そう・・・オーナーの山下くんは中学時代からの後輩。とにかく美味しいというパンが楽しみで仕方がなく前日は眠れない状況に。そして当日の朝は寝坊するという・・・反省です。
小さな小さなパン屋さんは次から次へと絶え間なくお客様が。カフェスペースも常に満席。開店初日に1時間半でパンが完売してしまったのも納得。会う人会う人に教えたくなるパン屋さんでした。
それにしても、後輩が頑張っている姿を見るのは嬉しい!そしてオーナー山下くんは昔も今も変わらずいい雰囲気だしてるなぁ~!

菅原然子以前食べた、オリーブがごろごろ入ったパンの味が忘れられず、いつか絶対に行ってみたい!と思っていたパン屋さんに、やっと行けました。
緑の多い環境の中にBoulangerie Yamashitaはすっと溶け込んでいる感じがしました。
そして、山下くん夫妻をはじめ、笑顔できびきびと働かれているスタッフの方々、落ち着いた店内、こだわりのある家具や食器、こうしたすべての要素が合わさって、パンのおいしさを倍増させているのだなーと思いました。
ほんと、行けてよかったです!

ももせの持ち物

ライター菅原然子の持ち物
リュックサック:無印良品
前回とそれほど変化なく…ライター仕事に必須のノート&ペン。あとは財布や筆箱、カメラにお茶、ガラケーなどなど。
あ、今回のお共の本は『羊と鋼の森』(宮下奈都著 文藝春秋 2015年)。ピアノの調律師が主人公の物語は静かな中にも目が離せないストーリーが織り込まれた秀作です。
そろそろ新しいリュック買いたいな~

ももこの持ち物

編集長 庄司桃子の持ち物
リュックサック:Patagonia
使わないものがいっぱい・・・もともと荷物が多い方だけれど、この日は本当にひどい。
なぜかといえば・・・起きたらももせと待ち合わせ時間の3分前だったから。
とにかく、詰めたものの、結局使ったのはお財布、カメラ、携帯、名刺ケース、車の鍵くらい。
ちなみに、最近読んでいるのは「折れない心のつくり方 人生が変わる21日間プログラム (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)

ももせの戦利品

ライター菅原然子の戦利品
今回はとにかくパン! すごい大人買いしてしまいました。
でも、「明日、ブーランジェリーヤマシタに行く」と夫に話したら、「全種類買ってきて」とのお達しが。それほどのファンである家族のためにも、と、考えながら選んでいたらこうなりました。
お店では、後ろに並んでいた常連さんが「あのパンもおいしい。チーズが好きならこちらもおすすめ」と、いろいろアドバイスくださったのも楽しく嬉しい思い出です。

ももこの戦利品

編集長 庄司桃子の戦利品
・クランベリーとホワイトチョコのパン
・ゴマ・フロマージュクッペ
・さつまいものクッペ
・シナモンロール
・オリーブとチーズのパン
・パン・オ・ルージュ
・クーロンヌ
・ゴマ・フランスあんぱん
・パン・オ・キャロット
・コーヒー
どれも美味しかったけれど、ゴマ・フランスあんぱん、私の40年間の人生の中で食べた数々のあんぱんの中でベスト1!KING OF あんぱんです!
コーヒーはオーナー山下くんにインタビュー中に奥様から差し入れいただきました!

Boulangerie Yamashita
■住所
神奈川県中郡二宮町二宮1330番地
※お店の前の通りは一方通行です。ご注意ください!
※お店のお隣に7台分の駐車場スペースがあります
■営業時間
AM 10:00〜
定休日:日曜日&月曜日
■URL
http://www.boulangerieyamashita.com/
https://www.facebook.com/Boulangerie-Yamashita-670778809621909/
■交通アクセス
電車:JR東海道本線 二宮駅から徒歩15分
車:小田原厚木道路 二宮ICから10分

Loading map...

Loading

投稿者プロフィール

菅原然子(すがわらのりこ)
菅原然子(すがわらのりこ)ライター/編集者
大学で数学、大学院で教育社会学を専攻後、月刊『婦人之友』(婦人之友社)、月刊『教員養成セミナー』(時事通信出版局)等の記者・編集者を経て独立。
人物インタビューや教育関連記事を中心に、多分野の記事を書いています。
夫婦+コドモ2人(5歳♀、7歳♀)の4人家族。
趣味はチェロを弾くこと。
動物と、文字と、音楽をこよなく愛するもの書きです。

学びの場.com https://www.manabinoba.com/
WOOFOO http://woofoo.jp/author/sugawara/

関連記事

  1. 【大人女子遠足】神保町でオリジナルノートを作ってみた!
  2. 美味しいが詰まっている!神楽坂へ行こう 【大人女子遠足】明治43年創業「大〆」のお寿司を食べに神楽坂へ!…
  3. 書くことが楽しくなる!万年筆とインクとノート 【大人女子遠足】話題のスポット蔵前でオリジナルインクを作る
  4. 【大人女子遠足】新宿で、緑に癒される
  5. 代官山で老舗のアップルパイを味枠 【大人女子遠足】代官山でおいしいアップルパイを食べよう!
  6. 【大人女子遠足】青山ファーマーズマーケットで野菜鍋の材料を
  7. 【大人女子遠足】都会のオアシス【等々力渓谷】へ行ってみた!
  8. 大人女子の心をくすぐる川越氷川神社へ行こう! 【大人女子遠足】川越のパワースポット川越氷川神社へ

New!!

  1. ビュブロスの神殿 ビュブロスの神殿
  2. パリのデパートBHVのフードコート「LA KANTINE」(ラ カンティーヌ) パリのデパートBHVのフードコート「LA KANTINE」(ラ カンティーヌ)
  3. 【編集長日記】お助けアイテムはドクターハウシュカのケアマスクキット ドクターハウシュカ 【限定】ケアマスクキット
  4. 【MOVIE】ノー・エスケープ 自由への国境 ノー・エスケープ 自由への国境
  5. 【編集長日記】大沼公園と駒ケ岳 駒ケ岳

Present & Event

  1. 奇蹟のオリーブオイル カスティージョ・デ・タベルナス0.1
  2. Fast & Furious TM & (c) Universal Studios.
PAGE TOP