大人女子のおしごと事情

【ワークスタイル】地域に根付いたカフェを KNETENオーナー菊川知子さん

title

KNETENは茗荷谷の駅から少し歩いたところにあるカフェ。初めて訪ねた時、厨房でテキパキと働く女性の姿がまぶしかったことを覚えています。シェフであり、経営者でもある菊川さんは、国内だけではなくドイツでも修行をした経験の持ち主。「実直で、真面目と言われるドイツ人の国民性が私には合っていて」とのことです。自分のお店をもつまで、そして今とこれからを聞きました。

日本からドイツへ

――このお店を始められたのはいつですか?
2011年の12月です。今年で丸4年がたちました。高校卒業後は調理師学校へ。その後フレンチレストランで働き、製菓学校へ。洋菓子店で働いた後にドイツへ行きました。そこでパンやドイツ菓子を約4年間働きながら学び、帰国。カフェや有機食材を扱う会社の加工食品部でケーキの開発や製作の仕事を経て、独立しました。

PA310090_original

ドイツでの修行時代に使っていたノートにはドイツ語でレシピが書き込まれています。

――日本の学校や現場での経験を積まれた後、ドイツに行かれたのはなぜですか?
叔母がドイツ人と結婚してドイツに住んでいることもあり、子どもの頃に旅行で訪れたのですが、その時に食べたパンやお菓子のおいしさが忘れられませんでした。特にライ麦パンがとてもおいしかったのですが、当時の日本では売っているお店はほとんどなくて。現地で教わって、ゆくゆくは日本にこのおいしいドイツパンや焼き菓子を広めたいと思うようになりました。日本で3か月ドイツ語学校へ行き、ドイツでも3か月語学学校へ通いながら働かせてもらえるお店を探して、ベッカライコンディトライというパン屋とお菓子屋とカフェが一緒になったような、ドイツではよくある形のお店で社員として働きました。

今年の夏はドイツとフランスへ。 豊富なタルトが魅力的。

今年の夏はドイツとフランスへ。
豊富なタルトが魅力的。

その後店内で珈琲の焙煎もするカフェにアルバイトで入り、そこで働きながら、有機の小麦やライ麦を使ったいくつかのパン屋で短期の研修をしました。
ドイツでの生活が楽しく私の性に合っていて、「これ以上いたら帰れなくなってしまう」と思い、4年くらいで帰国しました。

ページ:

1

2 3 4

関連記事

  1. 【ワークスタイル】生徒を長い目で見守る 根岸幸代さん(ピアニスト…
  2. 【ワークスタイル】お客様の暮らしにつながる仕事 アベさん(株式会…
  3. 【ワークスタイル】今できる形で、医師として働き続ける 水谷治子さん(水谷皮フ科クリニック院長) 【ワークスタイル】今できる形で、医師として働き続ける 水谷治子さ…
  4. 人との出会いが本づくりの原点 菅聖子さん(編集業・ライター) 【ワークスタイル】人との出会いが本づくりの原点 菅聖子さん(編集…
  5. 【ワークスタイル】タロットで未来創りのお手伝いを タロットリーダ…
  6. JIYU5074Labo 母校の味を、食卓に~『『自由学園最高の「お食事」』制作秘話~
  7. 子どもたちは私を笑顔にさせてくれる存在 河原崎ひろみさん(私立谷戸幼稚園教諭) 【ワークスタイル】子どもたちは私を笑顔にさせてくれる存在 河原崎…
  8. 【ワークスタイル】今の自分に合った働き方を選びとる 近藤恵玲さん…

New!!

  1. 【プレゼント】『ラ・チャナ』一般試写会 『ラ・チャナ』一般試写会ご招待!
  2. 【レシピ】じめじめした気分を豚しゃぶサラダで美味しく吹き飛ばす! 冷しゃぶサラダ
  3. ナチュラルコスメの新色図鑑~2018 SUMMER ナチュラルコスメの新色図鑑~2018 SUMMER
  4. パリで初めてのデジタル・ミュージアム「L’Atelier des Lumieres」
  5. 【編集長日記】梅雨を楽しめる余裕を持ちたい私
  6. 【チャイレシピ】No.75  ラペイエ 【チャイレシピ】No.75  ラペイエ
  7. 梅雨の時期におすすめの薬膳食材~山椒~
  8. 【フラワーアレンジ】お庭のお花たちと一緒に
  9. 【セルフネイル】大人女子のための「ボーダーシェルネイルの作り方」の作り方 ボーダーシェルネイル
  10. 梅雨のジメジメを、シュッとひと吹きで快適に!!

Present & Event

  1. 『ラ・チャナ』一般試写会ご招待!
PAGE TOP