魔法の香り手帖

アンテロスの求愛

1

【1545年】

ただ彼を抱きしめたかった。
自分にどれほどの棘があろうと、ただこの手に抱きとめたかった。
私の存在は、後世まで名を残すだろう。いや、むしろ凄惨ゆえに「実在した」とすら思われないかもしれない。なぜ私は生まれてきたのだろう?誰が必要としたのだろう。私は罪人を処刑するために存在する。自分への問いかけはもはや無意味だ。

昼間のように明るい稲光が、闇を切り裂くように聖堂の窓から彼女を照らした。ぬめりと赤く濡れた肌はどこまでも冷たくメタリックだ。鋭い雨音はまだ響き続けている。聖堂の中央に彼女はその身を静かに鎮め、「誰か」が来るのを待った。

2

薄暗いぼんやりとした蝋の灯りが揺れ、聖堂へ後ろ手を縛られた1人の男が誘導される。髪は乱れきり目は虚ろに潤み、青白い頬に稲妻の光が反射している。きつく噛んだ唇の赤みだけが、彼の「生」を伝えていた。

真実は分からない。ただ、ほのかに百合の香りがする彼がこの城へ来た時から、私は「ここへ来てはいけない。私と出会わないで。」とずっと思い続けていた。それも叶わなかった。

時が来た。
彼女は身体をゆっくりと広げ、軋む金属の音を立てながら彼を抱きしめた。
彼の引き締まった透き通るような白い肌へ、無数の棘を刺す。その時、鉄と百合は初めて融合した。

愛してくれるならば、棘をあげる。
許してほしい、それが私のたった1つの返愛だから。


【1502年】

復讐者はいつだって孤独だ。
心に燃えさかる紫の炎を抱えながら、過去の自分をじっと悼みつづけている。

あの日、彼女は黒い騎士に連れられ出かけ、そこで魅せられてしまった。あらゆる罪を裁く「あるおぞましい道具」のストーリーに。圧倒的存在感と、騎士の言葉巧みな誘いに、彼女は尊敬の意を持って「Yes」と答えた。幼い頃に両親を奪ったあの犯罪者も私が裁くことができる。私は世界の罪人たちに制裁を与える象徴になるのだと。
僕は言葉を尽くしたが喧嘩になるばかりで、悪魔に魅入られたかのように、彼女を止めることはできなかった。

3

吐く息が白く見える11月の朝。彼女は消えた。
まだほの温かい寝床には、インセンスの香りが漂っていた。

4

数日後、罪人を問う鉄製の器具が、街のどこかにあるらしいという噂で持ちきりになった。それは若き女性の姿をしており、まるで生きているかのように微笑んでいるのだと。そして不思議なことに、鉄の身体からは菊の花の香りがし、深き淵から裁かれた人を悼むように包むのだと。

きっと、彼女が恋したのは「思想」だ。罪人を許せないというピュアな想い。しかし、その想いは鉄の塊となった。無数の棘を秘めた鉄の身体に。

僕の名は、アンテロス。恋の復讐者。
「思想」への復讐は「意志」しかない。はっきりとした「No」という僕の意志。
こめかみに八角形の香りの銃を向け、白い指でその引き金にそっと引いた。

5


【1609年】

修道女の祈りは、名もなき無垢な少女たちへ捧げられた。
冷たい床に跪き、彼女は姉の罪を想う。民衆の期待に応えるなんてウソだ。あの人は自分の欲望のためだけに生きている。

冒涜への耐えがたい渇望。厳格な信仰心は「自らの若さを保つことが美」とする彼女の絶対的な思い込みによって引き裂かれた。少女たちの命によって成り立つ美など、この世の終わりではないか。

しかしながら、修道女にとって、幼き頃より姉の存在こそが絶対的だった。太陽のような女性。私の憧れ。私の希望…。

私は神へ身を捧げながら、おぞましく聖域を汚す。
そして今日も、教会へ嘆きに訪れた家無き少女の一人を、そっと地下へ続く階段へ誘う。少女たちを守りたいと思いながら、意識を失わせて鉄の塊に抱かせる。

6

礼拝堂を静寂が覆う。
雪のようなジャスミンが空から降る。
修道女はじっと、漆黒の十字架を見つめていた。

7

【掲載製品】
PARFUMS SERGE LUTENS
「ラヴィエルジュ ドゥ フェール/鉄の百合」(50ml / ¥13,000+税)
「ル・ヴァポリザトゥール・トゥ・ノワール/深き淵より」(30ml×2本 ¥18,000+税)
「ラルリジューズ/修道女」(50ml / 各¥13,000+税)
お問合せ:ザ・ギンザお客さま窓口 tel.0120-500-824
http://www.sergelutens.jp/

著者プロフィール

YUKIRIN
YUKIRIN美容ジャーナリスト/香りのストーリーテラー

ナチュラルコスメとフレグランスのエキスパートとして、

「香りで選ぶナチュラルスキンケア」や、「香りとメイクのコーディネート」など提案する他、

香りから着想される短篇小説を連載中。


媒体での執筆・連載の他、

化粧品のディレクション、イベントプロデュース、ブランドコンサルティングなど幅広く活動している。


関連記事

  1. ある男と香りの物語
  2. 秋の月夜は物語と香り
  3. 花弁のゴースト 花弁のゴースト
  4. 自分と向き合う朝のキャンドルタイム
  5. 花の嘆声 花の嘆声
  6. この世でいちばん静かな朝
  7. あの夏のアンプルシオン
  8. 0時を過ぎたヴァイオレット 0時を過ぎたヴァイオレット

New!!

  1. 【チャイレシピ】No.48 アップル・カルヴァドスチャイ 【チャイレシピ】No.48 アップル・カルヴァドスチャイ
  2. 香りは沈黙の言葉 香りは沈黙の言葉
  3. 『ザ・サークル』特性“サークルペン”プレゼント!
  4. フランスでも大ヒット!「この世界の片隅に」Dans un recoin de ce monde フランスでも大ヒット!「この世界の片隅に」Dans un recoin de ce monde
  5. 【ネイル】サンタベルトネイルでちょっと大人の指先を演出 サンタベルトネイル
  6. 【編集長日記】チョコレートの勉強会
  7. 新しいフィリピン、癒しのヒロット旅(3) ナーチャー・ウェルネス・ビレッジでスパ三昧 ヒロット編 新しいフィリピン、癒しのヒロット旅(3) ナーチャー・ウェルネス・ビレッジでスパ三昧 ヒロット編
  8. 正月準備やお年賀特集などをテーマに「AKOMEYAのお正月」フェアを開催! 正月準備やお年賀特集などをテーマに「AKOMEYAのお正月」フェアを開催!
  9. macaroniの刺繍とハンカチ展開催
  10. 全国からヨーロッパのアンティーク雑貨・家具を扱う名店が勢揃い「湘南 蚤の市」開催!

Present & Event

PAGE TOP