CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

【レシピ】ジャガイモパワーで美人になろう!スープンで食べるホットサラダ

120 views

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日に日に日の出は遅くなり、日の入りはますます早くなって本格的な冬の到来を告げているような毎日です。朝夕の気温差に、皆さまお風邪は大丈夫ですか?
北海道ではナナカマドの実が真っ赤に実って、間もなく雪をかぶったナナカマドを見ると、長―い冬の始まりです。体を温かくして、くれぐれもお体をお大事にお過ごしくださいね。
さて、今日はお芋をメインにした、ちょっと珍しいホットサラダをご紹介しましょう。大きなスプーンで豪快に召し上がれ。

ホットサラダ

材料と分量(2人分)
じゃが芋 2個
人参 3㎝
きゅうり 1本
わかめ 10g
カニカマ 適宜
【フレンチドレッシング】
 サラダオイル 大さじ2
 酢 大さじ1
 塩 小さじ1/3
 こしょう 適宜
 玉ねぎのすりおろし(お好みで) 小さじ1
作り方
1.じゃが芋、人参は1㎝の賽の目に切って固ゆでにしておく。
きゅうりは縦に4ツ割にして5㎜幅に切り、軽く塩をして水気を切っておく。
カニカマは適当な大きさに割く。わかめは水で塩抜きをして食べやすい大きさに切る。
2.ドレッシングの材料を瓶に入れて軽く振るとドレッシングの完成
3. じゃが芋と人参が熱いうちにドレッシングで和えてから、カニカマ、きゅうり、わかめを入れて、塩・こしょうで味を調える。
※カニカマの代わりに竹輪にしても美味しいのでオススメ!

あっと驚くじゃが芋の効能

一度にたくさん食べられて何にでもあうじゃが芋はビタミンCの大事な供給源です。
じゃが芋のビタミンCは100g中、約20㎎でリンゴやレタスの約4倍、トマトなどと同じくらい入っています。水に流されやすい、又熱に弱いビタミンCですが、じゃが芋のビタミンCは熱に強いのが特徴。それは、加熱されることによって表面のでんぷんが粥化して溶けだしにくくなるためと考えられています。

ビタミンCが多く風邪予防や、ストレス緩和、余分なナトリウムの排出を促すカリウムも豊富です。量の大きい割に低カロリー食品であること、便秘を防ぐ働きをすること、胃腸を丈夫にすることから、一時胃がんを予防することも言われていました。これからどんどん美味しくなるじゃが芋を大いに調理に取り入れましょう。

お知らせ
足立洋子さんの連載「足立洋子の体がよろこぶおいしいご飯」が本日レシピ本「スーパー主婦・足立さんのからだがよろこぶ健康ごはん (講談社のお料理BOOK)」になって発売となりました!

PB170045

今まで連載に編集、追加を加えて1冊の本になりました。
ぜひ、書店でお見かけした際にはお手にとっていただけると嬉しいです!

ご購入はこちらから

スーパー主婦・足立さんのからだがよろこぶ健康ごはん (講談社のお料理BOOK)




Author's Profile

料理家足立洋子(あだちひろこ)
1951年、函館生まれ。
自由学園女子最高学部卒業。
会員数2万人の「全国友の会」において30年ほど食の講師をつとめる。
NHK「あさイチ」で料理のスーパー主婦として出演。
2013年9月に発売した新潮社から発売した著書『かんたん が おいしい』は13万部を超える。

レシピ本を多数出版している他、雑誌などへのレシピ提供を行なっている。
趣味はお取り寄せ。

当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE