CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

ゆずとジンジャー梅酒はごちそう冷奴で涼しく楽しむ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんにちは。足立洋子です。
無類の梅酒好きの私が、中野BCさんから発売されている数々の梅酒の中から5種類の梅酒を選んで、それぞれにぴったりなおつまみを5ヶ月に渡ってご紹介します。

ゆずとジンジャー梅酒はごちそう冷奴で涼しく楽しむ

梅酒シリーズも4回目。
この梅酒・・・まったり梅酒と言う感じではなく、きりっと刺激的でくせになりそうなお味でした。わたしはこの刺激がとても好きでした。

寒い日にはホットにしていただくと、風邪も飛んでいきそうです。(^^)/
そして、暑い夏にはきりっと冷やして いただくと気分までしゃっきりするような・・・
梅酒って奥が深いですね。

今回はキンキンに冷やした梅酒に夏にぴったりの冷奴をごちそう風にアレンジしてみました。今回も呑み過ぎないように気を付けるのが大変でした。ごちそうさま。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ごちそう冷奴
材料と分量(2人分)
豆腐(お好みで木綿でも絹ごしでも) 一丁
ハム 2〜3枚
胡瓜 1本
ザーサイ 適宜
長ねぎ 適宜
醤油・ごま油 適宜
作り方
1.豆腐を高さの半分に横に切る。
 2.ハム・胡瓜・長葱は千切り、ザーサイは塊だったら塩抜きをしてから千切りに。
3.豆腐の上に彩りよく薬味を乗せて、醤油・ごま油をタラっとかけてどうぞ。
ゆずとジンジャーの梅酒とは?

ゆずとジンジャーを加えた梅酒。
ゆずとジンジャーには体を温める作用があるといわれ、女性にうれしい成分がたっぷり。
梅とゆずの豊かな風味と、ジンジャーのピリっと感が感じられる、ほっこり癒されるさわやかな味わいの梅酒です。

ジンジャー梅酒シリーズはこの他にもレモンとジンジャーの梅酒、ライムとジンジャーの梅酒がある。

中野BC㈱とは?

和歌山県の酒造大手。
大阪・天満で開催された梅酒グランプリ(2007年)で初代日本一に輝いた本格派「紀州梅酒 紅南高」や、ユズ・ミカン・イチゴといった果汁を梅酒に加えた“カクテル梅酒”など、梅酒約35種類を販売している。

“カクテル梅酒”では、地元の果物であるブルーベリーやイチゴ、ミカン、ハッサク、じゃばらを使った梅酒や、レモンとジンジャー、ユズ、シークワーサーの梅酒ほか、ホウレンソウ・レタス・クレソン・パセリ・セロリ・キャベツ・人参の6種の野菜と梅酒をかけあわせたものなど、従来の概念に捉われないユニークな商品を開発している。

中野BCの梅酒の生産量は、ウメ、梅酒の本場和歌山県でも最大規模。
高さ4.2m、直径2.6mの琺瑯(ほうろう)製のタンク56基を使いウメ300トンで仕込む量は、毎年約160万本(720ml換算)。
ただ、こだわりは“量”ではなく“質”。

日本酒造りに杜氏(とうじ)がいるように、中野BCには梅酒造りの職人である「梅酒杜氏」がいる。
梅酒杜氏を務める山本佳昭(やまもと よしあき)をはじめとする職人たち8人が丹精込めて仕込むのが中野BCの梅酒だ。

オンラインショップ:http://shop.nakano-group.co.jp/




Author's Profile

料理家足立洋子(あだちひろこ)
1951年、函館生まれ。
自由学園女子最高学部卒業。
会員数2万人の「全国友の会」において30年ほど食の講師をつとめる。
NHK「あさイチ」で料理のスーパー主婦として出演。
2013年9月に発売した新潮社から発売した著書『かんたん が おいしい』は13万部を超える。

レシピ本を多数出版している他、雑誌などへのレシピ提供を行なっている。
趣味はお取り寄せ。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE