CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

パリから行ける日帰り観光〜トゥルヴィル〜

144 views

01

夏真っ盛り!
…と言っても夏休みがない私は、過去の旅行の思い出を抱きしめ、次回の旅行を妄想しながら、今日もお仕事。
バカンスが長いフランス、嗚呼うらやましい。
さて、前回のヴェルサイユに続き、今回もパリから日帰りで行ける観光スポット・トゥルヴィル(Trouville)をご紹介します。

トゥルヴィルは、パリの北西200kmほどのところにある、ノルマンディー地方の小さな街。パリからは、サン・ラザール(St. Lazare)駅からSNCFという国鉄電車に乗って、約2時間で到着。

02

駅はトゥルヴィル=ドーヴィル。
駅を出て右に行くとトゥルヴィル(トルヴィル=シュル=メール:Trouville-sur-Mer)、左に行くとドーヴィル。
どちらも小さな街なので、頑張ればふたつの街を一日で歩くこともできます。

トゥルヴィルは、クロード・モネやウジェーヌ・ブーダンをはじめとする画家や、マルグリット・デュラス、アレクサンドル・デュマ、ギュスターヴ・フロベール、マスセル・プルーストなどの文豪たちなど、多くの芸術家に愛された街。
パリで生まれ育った商業ポスター画家・レイモン・サヴィニャックも、この街を愛したひとりです。1979年からトゥルヴィルに移住し、94歳で亡くなるまでの22年間、この街を愛し、住み続けました。
移住したときには既に仕事で成功を収めていたサヴィニャック。トゥルヴィル市民は彼が移住することを心から歓迎したのだとか。サヴィニャックはトゥルヴィル市のロゴマークを手掛け、市は海岸沿いに「サヴィニャックの散歩道(Promenade Savignac)」を作りました。この街の至るところに、サヴィニャックの作品が散りばめられているのです。
サヴィニャックの散歩道から見える、ホテル・フロヴェールにも。

03

トゥルヴィル観光局(Office de Tourisme Trouville)でもサヴィニャックグッズがゲットできて、さらに観光局の隣にはサヴィニャック美術館(入場無料!)が。

04

サヴィニャックが足繁く通ったトゥルヴィルのビストロは、「レ・ヴァプール(Les Vapeurs)」。
ビストロのメニューにもある、メインビジュアルを手掛けたのはもちろんサヴィニャックです。

毎日8:30からオープンしていて、定休日は、12月24・25日以外なし!
目の前の通りは魚市場が広がっていて、朝から賑わいを見せています。そう、トゥルヴィルは海鮮の街でもあるのです。
このビストロに来たなら是非食べておきたいムール貝。
サヴィニャックが幾度となく食べたという「ムール貝のクリーム煮 Moules bouchot à la crème」。小ぶりながらも、身が引き締まっていて旨味が凝縮されているムール貝。
フリットをスープに浸して一緒にいただきます。かなりのボリュームですが、美味しくて止まらないのです…

05

■トルヴィル=シュル=メール ホームページ
http://www.trouville.fr/ (フランス語)

■トゥルヴィル観光局 ホームページ
http://www.trouvillesurmer.org/ (英語)
32 Boulevard Fernand Moureaux 14360 Trouville-sur-Mer

■ビストロ レ・ヴァプール Les Vapeurs
http://lesvapeurs.fr/(フランス語)
160 Boulevard Fernand Moureaux 14360 Trouville-Sur-Mer




当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE