CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

簡単薬膳ごはん~黒色&温め食材で冬を乗り切ろう~

91 views

12月に入って、とても暖かかったり(12月の夏日って、地球がどうにかなってしまうんじゃないかと少し不安!)、真冬のような寒さだったりで、体調がいまいちという声もちらほら聞こえてきます。
ただでさえ冬は、風邪を引きやすかったり、胃腸の調子が悪かったりと、からだが弱ってしまう季節です。

インフルエンザもそろそろ流行の兆しが近づいています。
クリスマスにお正月、イベント続きの年末年始を元気に過ごせるように、黒色の食材&温め食材を使った、この季節におすすめの簡単な薬膳ごはんを紹介します。

冬は、漢方ではどんな季節?

漢方の陰陽五行の考え方では、冬は五臓の「腎」が活発な季節です。
「腎」は、成長、発育、老化や生殖に関わっており、この「腎」が弱ってしまうと、白髪や抜け毛、歯のトラブル、生理のトラブルが起こりやすくなります。
「腎」は、冷えによって弱るため、気温の低いこの季節は、からだを冷やさないようにすることが大切です。

また、冬は「寒邪」という邪気によって、風邪、冷え、下痢、痛み(関節、腰、肩など)の再発などの不調が起こりやすくなります。
「寒邪」による冷えにより、「腎」も弱ってしまいますので、「寒邪」に負けないようにすることがポイントです。

冬のおすすめ漢方ライフとは?

とにかくからだを冷やさないことが一番です。
からだが冷えることで、免疫力も弱ってしまいます。
足下や首、手などを冷やさないように工夫したり、カイロを使ったりすることで、冷えを防ぎましょう。

また、入浴はからだを温めるとても簡単な方法です。
入浴剤やゆずなどを入れて、リラックス効果もプラスすることで、からだも心も温まることができます。
入浴できない場合は、足浴や手浴もおすすめです。

そして漢方では、冬はあまり活発に動かない方が良いとされています。
冬に動きすぎることで、春夏に向けてスタミナが切れてしまいます。
冬の間に十分なエネルギーを充電するようなつもりで、時には熊のように冬眠する日も作ってみてください。

黒色&温め食材で冬を乗り切ろう!

漢方では、冬は黒い食材とからだを温める食材が良いと言われています。

黒い食材には、黒豆、黒きくらげ、黒ごま、黒米、昆布、海藻などがあります。
温め食材には、鶏肉、羊肉、鱈、牡蠣、海老、生姜、かぼちゃ、シナモン、ねぎ、かぶ、まぐろなどがあります。スパイスや辛みのある食材もからだを温めるので、うまく取り入れてみてくださいね。

このような食材を毎日取り入れることで、風邪や冷えに負けないからだに近づいていきます。

例えば、黒米ならお米に混ぜて炊くことで、毎日食べることができます。
また旬の食材は、からだを温めるものが多いので、季節の野菜などを積極的に取り入れてみましょう。

おすすめの簡単薬膳ごはん

今回は、黒きくらげと海老の炒め物を紹介します。
材料は、黒きくらげ、海老、白ねぎ、かぼちゃです。
味付けは、塩麹とゆず胡椒で、少しピリ辛に。最後の仕上げに海苔をぱらぱらと振りかけても美味しいですよ。

黒きくらげは、乾燥でも生でもどちらでも大丈夫です。最近では生の黒きくらげも見かけるようになりました。水で戻す手間が省けますので、スープや和え物にもどんどん使ってみてくださいね。

その他にも、温かいねぎま汁はおすすめ。
まぐろと白ねぎのお汁物です。だしと醤油でシンプルに味付けしても、お味噌を加えても美味しいです。
まぐろとねぎをさっと焼くと、香ばしい香りが出てさらに美味!

また、羊肉は、からだを温める作用が強い食材で有名です。
中国北部の寒い地域では、冬の定番食材。お母さんが羊肉のお鍋を作って、家族の帰りを待っているそう。
日本では、ジンギスカンがお馴染みですよね。ラム肉(子羊)なら特有のにおいも少なく、生姜のタレでつけ込んでおけば臭み消しにもなりますので、羊が苦手な方も食べられると思います。

今回のコラムはいかがでしたか?
中医学では、「身土不二」という言葉があります。
自分が暮らしている土地でできた旬のものを食べることが、からだにとって良いという考え方です。

薬膳は、その土地のその季節の料理を楽しみながら、健康を維持したり、病気を予防するごはんのことです。

ぜひ、冬の食材で食べることを楽しんでみてください。




Author's Profile

薬剤師/ハーバルセラピスト/漢方スタイリストCHIAKI
1979年生まれ、兵庫県在住。
メーカーでの研究所勤務を経て、現在は薬剤師として奮闘中。
お薬を患者さんに渡す立場として、なるべく病気にかからない予防分野に興味を持ち、ハーブや漢方の資格を取得。
毎日の暮らしに簡単に取り入れることができる、ハーブ、漢方生活をどんどん提案していきます。

当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE