CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

ビューティデトックススープで週末おうちレストラン

今回はいつもとちょっと趣旨を変えて、美しくなれるうえにとっても美味しいビューティデトックススープをご紹介!

このスープは、生の野菜や果物を48度以上の熱を加えず、生のまま食べるというRaw Food(ローフード)のレシピです。

ミキサーを使って作るスープ(スムージー)は野菜やフルーツをたっぷりまるごと撹拌しているので、食物繊維が豊富で、飲むと満腹感が得られるので、おやつだけでなく朝食にもおすすめです。

水に溶けず、水分を吸収しても膨らむ不要性食物繊維が豊富なスムージーは、老廃物を体外に排出し、腸内環境を整えてくれる効果も期待できます。便秘がちな方や、ダイエット中の方、お子様にもおすすめです。

腸内環境を整えることで、肌荒れやむくみ、冷え、体調やお肌の調子が良くなった!などさまざまな体の不調が改善したという方もいらっしゃいます。

野菜やフルーツに含まれるビタミンCやポリフェノール、クロロフィルなどの栄養素は、美肌やアンチエイジングにも効果があると言われています。

たまにはローフードを日々の生活に取り入れ、身体の代謝機能や消化活動をアップさせて、毒素や老廃物を効率よく排泄して体の中のお掃除はいかがですか?。

ビューティデトックススープ

材料と分量
★小松菜 2束
★アボカド 1/4個
★きゅうり 1/4本
★大葉 2枚 

★トマト 中1個
★りんご 1/4個
★みかん 1個
パセリ ひとつかみ
レモン汁 大さじ2
生姜(すりおろしたもの) 小さじ1/2
しょうゆ 小さじ1
塩こうじ 小さじ1
水 100ml
ブラックペッパー 少々
コリアンダー 少々

作り方
1.アボカド、オレンジ、りんごは皮を剥いて種を取り除き、一口大にカットしておく。
2.すべての材料をミキサーに入れ、なめらかになるまで混ぜ合わせる。
3.グラスやカップなどに入れて、お好きなハーブや香辛料をトッピングする。

Beauty Point
★りんごやみかんなど、フルーツの割合を多くすると、野菜の苦手な方やお子様も飲みやすくなります。
★緑の葉野菜はほうれんそうや春菊、水菜、チンゲン菜、レタス、かぶの葉などでも代用していただけます。
★今回は飲むスープなので、たくさんの種類の野菜が入っていますが、4種類くらいでも十分美味しいスムージーやスープが出来上がります。

中本恭子(ナカモト キョウコ)
1982年生まれ。
フードコーディネーター。料理研究家。
大学在学中から旅行が大好きで、世界中の美味しいものを食べてみたい! と、世界50カ国以上を旅した経験を持つ。
パリやアメリカ、イギリスに住んでいた経験を持つ。
祐成陽子クッキングアートセミナーを卒業後、フードコデーィネーター、料理研究家としてレシピの提供や自宅で外国人の旅行者向けに料理のレッスンを行う。
趣味は食べ歩き、旅行、ピクニック、簡単な家庭菜園。
少しの手間やアレンジで、日々の食卓がいつもよりおしゃれで特別な時間となり、食べた人がふっと笑顔になるようなレシピを提供します。




Author's Profile

料理研究家中本恭子(なかもときょうこ)
1982年生まれ。
大学在学中から旅行が大好きで、世界中の美味しいものを食べてみたい! と、世界50カ国以上を旅した経験を持つ。
パリやアメリカ、イギリスに住んでいた経験を持つ。
祐成陽子クッキングアートセミナーを卒業後、フードコデーィネーター、料理研究家としてレシピの提供や自宅で外国人の旅行者向けに料理のレッスンを行う。
趣味は食べ歩き、旅行、ピクニック、簡単な家庭菜園。
少しの手間やアレンジで、日々の食卓がいつもよりおしゃれで特別な時間となり、食べた人がふっと笑顔になるようなレシピを提供します。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE