CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

Antoinette Poisson (アントワネット・ポワソン) パリのアトリエへ行ってきました

348 views

一般公開は週に2日だけ。Antoinette Poissonのアトリエ

Bastille (バスティーユ)の駅から徒歩で6分ほど、パリとは思えないくらいの静かな一角にある、Antoinette Poisson (アントワネット・ポワソン) のアトリエに訪問してきました。

アントワネット・ポワソンは、壁紙や工芸作品などの修復家だったジュリー・ストルディオ、ヴァンサン・ファレリィ、ジャン=バティスト・マルタンの3人が2012年に立ち上げたブランド。
ブランド名は、ルイ15世の公妾だったポンパドール夫人の本名「ジャンヌ=アントワネット・ポワソン」(Jeanne-Antoinette Poisson)からつけられています。

コレクションのほとんどは日本でも購入できるようにはなりましたが…
こちらのパリのアトリエ、なんと木・金曜の週2日しか一般に公開していないんです。
せっかく金曜日にパリにいるのだから!と、同じくこちらのブランドが大好きな友人と一緒に行ってみました。

18世紀の手法を忠実に再現した “Papier Dominoté ”(ドミノ・ペーパー)

アトリエに入ると、創業者の一人、ヴァンサンさんが迎えてくださり
「18世紀の壁紙 “Papier Dominoté ”(ドミノ・ペーパー)からインスピレーションを受けて、当時の手法を再現し、一枚一枚手作りで仕上げているんです」
と説明してくださいました。
18世紀にフランスで流行した、木版画で刷った絵の上に彩色していく手法をそのまま継承しているのです。

悩みに悩んで、一枚だけ我が家にお持ち帰りしました。
同じ柄でも、一枚一枚、インクのにじみ方や色の濃淡が異なるので、世界で一枚だけのドミノ・ペーパーです。
使用する色(インク)の数が多いほど工程が多くなるので、金額も違っているそう。

「いい選択ですね。このあたりのにじみ方とか。
作品を傷めることになるので、できれば丸めずに持って帰ってほしいので…このまま包装しますね」
丸めてアジャスターケースなどに入れてしまうと、作品に亀裂が入ってしまうらしいです。

「よろしければ、制作過程を見ていきませんか?」
ヴァンサンさんからうれしいご提案があり、アントワネット・ポワソンのアトリエを見学させていただけました。
憧れのブランドの制作現場を目の当たりにして、感動!
そんな私を見て、創始者のひとり・ジャン=バティストさんはウィンク。
惚れてしまいました…

帰り際、ヴァンサンさんは
「旅の途中にここまで来てくださってありがとうございました。
今日の太陽はとても素敵だし、お二人ともついていますね。パリを楽しんでください。」
と声をかけてくださって…

その優しいお言葉と、このアトリエに訪問できた喜びが爆発して涙が止まりませんでした。
自分のお仕事に誇りを持っている人って本当に素敵ですね。

アントワネット・ポワソンの作品は、パリではデパート「ボンマルシェ」などでも購入できますが、せっかくパリに行くのであれば、是非こちらのアトリエに!

※月-水曜日の訪問は事前に予約が必要です

Antoinette Poisson
http://www.antoinettepoisson.com/
Boutique Atelier Antoinette Poisson
12 rue Saint-Sabin 75011 Paris
営業時間
10:00 – 18:00(木、金)
月-水 訪問の際は要予約




当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE