CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

ブロッコリーとネギのスープで週末おうちレストラン

寒い日に飲みたくなるのが栄養たっぷりのブロッコリーとネギのスープ。
20分くらいできてしまうので、週末の朝ごはんにもぴったり。
バゲットを頬張りながらいただくと、お野菜の甘みが口いっぱいに広がり、自然と笑みが浮かびます。
パーティーの締めに出しても、非常に喜ばれます。
この時期、ブロッコリーもネギもお手頃な価格で買えるのも嬉しいところ。
是非、お試しください。

ブロッコリーとネギのスープ

材料と分量(6人分)
ブロッコリー 1.5株
白ネギ 3本
(できれば下仁田ネギ)
じゃがいも 1個
バター 20g
コンソメ      大さじ2
(できれば無添加)
水 1.2ℓ
塩 ひとつまみ
ブラックペッパー      少々
チーズ お好みで
(パルミジャーノレッジャーノが合います)

作り方
1.白ネギは粗いみじん切り、ブロッコリーとじゃがいもは1㎝角に切る。
2.鍋にバターを入れて熱して溶かし、白ネギを入れて、弱火でしんなりとして白く透き通るまでじっくりと炒める。
3.ブロッコリー、じゃがいも、水、コンソメを加え、じゃがいもが柔らかくなるまで10〜15分煮る。
4.ミキサーにかけて撹拌し、鍋に戻して温めながら、塩、こしょうで味をととのえる。
5.器に注ぎ、チーズをふりかける。

白ネギをじっくりと弱火でしっかりと炒めて、甘みを出すこと。
野菜の甘みをしっかりと味わってほしいので、牛乳やクリームなどは加えていませんが、水の代わりに牛乳を使用しても美味しくできます。
ネギが多いように感じるかもしれませんが、旨味と甘みのポイントなのでたっぷり使用してください。
私は泥付きの下仁田ネギを使用しています。

※過去の連載はこちらから

中本恭子(ナカモト キョウコ)
1982年生まれ。
フードコーディネーター。料理研究家。
大学在学中から旅行が大好きで、世界中の美味しいものを食べてみたい! と、世界50カ国以上を旅した経験を持つ。
パリやアメリカ、イギリスに住んでいた経験を持つ。
祐成陽子クッキングアートセミナーを卒業後、フードコデーィネーター、料理研究家としてレシピの提供や自宅で外国人の旅行者向けに料理のレッスンを行う。
趣味は食べ歩き、旅行、ピクニック、簡単な家庭菜園。
少しの手間やアレンジで、日々の食卓がいつもよりおしゃれで特別な時間となり、食べた人がふっと笑顔になるようなレシピを提供します。




Author's Profile

料理研究家中本恭子(なかもときょうこ)
1982年生まれ。
大学在学中から旅行が大好きで、世界中の美味しいものを食べてみたい! と、世界50カ国以上を旅した経験を持つ。
パリやアメリカ、イギリスに住んでいた経験を持つ。
祐成陽子クッキングアートセミナーを卒業後、フードコデーィネーター、料理研究家としてレシピの提供や自宅で外国人の旅行者向けに料理のレッスンを行う。
趣味は食べ歩き、旅行、ピクニック、簡単な家庭菜園。
少しの手間やアレンジで、日々の食卓がいつもよりおしゃれで特別な時間となり、食べた人がふっと笑顔になるようなレシピを提供します。

当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE