おフランスかぶれのうたかたの日々

2月はChandeleur・クレープ月間

01

ガレット・デ・ロワ月間の1月が終わりましたが、2月はまた「美味しい」行事があります。
2月2日の「聖燭祭(シャンドルール La Chandeleur)」 (Fête des chandelles:ロウソクのお祭り)、キリスト教の祝日。
この日に、フランスではクレープを食べるという習慣があるのです。
ロウソク(Chandelle)のお祭りなのになぜクレープかというと、丸くて黄金色のクレープは、ロウソクの灯り、そして太陽を連想させ、暗く寒い冬の終わり・春の再訪を感じさせるから、という所以があるそうです。

小麦粉・水・卵などで作ったシンプルなクレープ生地を作り、その上にコンフィチュールやチョコレートスプレッドを乗せて、一年の幸せを祈りながらクレープを食べるという、いわゆるフランス版恵方巻き!?
クレープを焼くときに、片手にコインを握り、もう片方の手で上手くクレープをひっくり返すことが出来れば、その年は幸せに過ごせるとも言われます。

02

もちろん。街中にブーランジュリーやパティスリーにもクレープが並びます。
スーパーではクレープミックスをはじめ、コンフィチュールも目玉商品に。
私はヌテラが大好き!
だから1月はガレット・デ・ロワのアーモンドクリーム、2月はクレープにヌテラ・・・と、カロリー過剰摂取になってしまうのです・・・

03

フランスのクレープ屋さん「クレープリー」(Crêperie)では、デザート系のクレープはクレープ(Crêpe)、そば粉で作ったお食事クレープは「ガレット」(Galette)。
そば粉で作るので、とってもヘルシーなガレット。
そば粉・水・牛乳を1カップずつ、そして卵1個と塩少々を混ぜるだけで4枚分の記事は完成。
一晩寝かせると、さらにそば粉が馴染んで風味も増します。

04

薄くカリッと焼いた生地に、お好きな具材を乗せて四隅を折れば、かんたんにお店の味が再現できます。
ハムやチーズ、目玉焼き、ほうれん草にサーモン、季節のお野菜など・・・ヌテラたっぷりの甘いクレープもいいけれど、そば粉のガレットでシャンドルールをお祝いしてみてはいかがでしょうか?
(もう2月2日は過ぎてしまったけれど、今月中はなにかにつけてクレープを食べるものなんです!)

関連記事

  1. パリ・モンマルトル サクレクール寺院の展望台 パリ・モンマルトル サクレクール寺院の展望台
  2. 会社帰りに2時間でパリ!?「ファーストエアラインズ」で夢の旅行体験を 会社帰りに2時間でパリ!?「ファーストエアラインズ」で夢の旅行体…
  3. エビアン×マイリトルボックスのコラボレーション!
  4. パリのおすすめホテル「Grand Hotel du Palai…
  5. マイリトルボックスアンバサダー「My Little Lad…
  6. バスで食事しながらパリを一周!Bustronome(ビ…
  7. トリコロル・パリさんのパリガイドブック「パリでした…
  8. 大切なあの人とフランス旅を!「恋するフランス」キャンペーン

New!!

  1. 快適な睡眠と疲れをサポートする秋の薬膳スムージー
  2. YUKIRINセレクト!マストBUYコフレ&限定コスメ YUKIRINセレクト!マストBUYコフレ&限定コスメ
  3. パリ16区 元駅舎のレストラン「La Gare」(ラ・ガール)
  4. 【編集長日記】フレッシュハーブティーさえあれば
  5. 【セルフネイル】大人女子のハロウィンネイルはシャドウフレームで楽しむ!
  6. 【プレゼント】『人魚の眠る家』レッドカーペットセレモニー 『人魚の眠る家』
  7. 【プレゼント】『プーと大人になった僕』オリジナルTシャツ 『プーと大人になった僕』オリジナルTシャツ
  8. 【プレゼント】『アンダー・ザ・シルバーレイク』オリジナルポーチ 『アンダー・ザ・シルバーレイク』オリジナルポーチ
  9. ひと手間かけた鶏団子汁とおいしい山菜おこわで週末ごはん
  10. 【フラワーアレンジ】秋めいてきました

Present & Event

  1. 『人魚の眠る家』
  2. 『アンダー・ザ・シルバーレイク』オリジナルポーチ
  3. 『プーと大人になった僕』オリジナルTシャツ
PAGE TOP