CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

2月はChandeleur・クレープ月間

96 views

01

ガレット・デ・ロワ月間の1月が終わりましたが、2月はまた「美味しい」行事があります。
2月2日の「聖燭祭(シャンドルール La Chandeleur)」 (Fête des chandelles:ロウソクのお祭り)、キリスト教の祝日。
この日に、フランスではクレープを食べるという習慣があるのです。
ロウソク(Chandelle)のお祭りなのになぜクレープかというと、丸くて黄金色のクレープは、ロウソクの灯り、そして太陽を連想させ、暗く寒い冬の終わり・春の再訪を感じさせるから、という所以があるそうです。

小麦粉・水・卵などで作ったシンプルなクレープ生地を作り、その上にコンフィチュールやチョコレートスプレッドを乗せて、一年の幸せを祈りながらクレープを食べるという、いわゆるフランス版恵方巻き!?
クレープを焼くときに、片手にコインを握り、もう片方の手で上手くクレープをひっくり返すことが出来れば、その年は幸せに過ごせるとも言われます。

02

もちろん。街中にブーランジュリーやパティスリーにもクレープが並びます。
スーパーではクレープミックスをはじめ、コンフィチュールも目玉商品に。
私はヌテラが大好き!
だから1月はガレット・デ・ロワのアーモンドクリーム、2月はクレープにヌテラ・・・と、カロリー過剰摂取になってしまうのです・・・

03

フランスのクレープ屋さん「クレープリー」(Crêperie)では、デザート系のクレープはクレープ(Crêpe)、そば粉で作ったお食事クレープは「ガレット」(Galette)。
そば粉で作るので、とってもヘルシーなガレット。
そば粉・水・牛乳を1カップずつ、そして卵1個と塩少々を混ぜるだけで4枚分の記事は完成。
一晩寝かせると、さらにそば粉が馴染んで風味も増します。

04

薄くカリッと焼いた生地に、お好きな具材を乗せて四隅を折れば、かんたんにお店の味が再現できます。
ハムやチーズ、目玉焼き、ほうれん草にサーモン、季節のお野菜など・・・ヌテラたっぷりの甘いクレープもいいけれど、そば粉のガレットでシャンドルールをお祝いしてみてはいかがでしょうか?
(もう2月2日は過ぎてしまったけれど、今月中はなにかにつけてクレープを食べるものなんです!)




当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE