CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

スモークサーモンときゅうりと玉ねぎのマリネで週末おうちレストラン

冷蔵庫に常備しておくと使い勝手の良い食材の一つ、スモークサーモン。
パスタやちらし寿司、野菜とのマリネなど使い勝手も良い優秀な食材。
今日はそんなスモークサーモンを少ない食材で美味しく食べるレシピをご紹介。
マリネしたきゅうりと玉ねぎさえ作っておけば、後はお皿に盛り付けるだけ。
さっぱりしていて食べやすいので、箸が進みます。
簡単な時短メニューなので、是非お試しください。

スモークサーモンときゅうりと玉ねぎのマリネ

材料と分量(2〜3人分)
スモークサーモン  60g
きゅうり                1/2本
赤玉ねぎ                1/4個
ケッパー                大さじ1
ディル                   5枝
ルッコラやロメインレタスなどの葉物野菜(少し苦味のある方が合います)  お好みで2〜3枚
※マリネ液の材料
レモン汁                 大さじ1
マヨネーズ             大さじ1.5
エキストラバージンオリーブオイル      大さじ1
塩                         適量
ブラックペッパー   適量

作り方
1.赤玉ねぎときゅうりは5mm角に切り、よく混ぜ合わせたマリネ液の材料と和えて、5分おく。
2.皿に葉物野菜を敷き、その上にスモークサーモンを盛る。
3.1に2㎝の長さに切ったディルを混ぜ、2にかける。
4.ケイパーをトッピングし、好みでディルを飾り付ける。

サーモンには強力な抗酸化成分であるアスタキサンチンを豊富に含み、メラニン色素の沈着や生成を抑えたり、コレステロール対策や疲労回復、更にはオメガ3も豊富に含まれ、アンチエイジングなども期待できるなど、積極的に摂りたい食材です。
このメニューはバゲットに乗せて食べても美味しいです。

※過去の連載はこちらから

中本恭子(ナカモト キョウコ)
1982年生まれ。
フードコーディネーター。料理研究家。
大学在学中から旅行が大好きで、世界中の美味しいものを食べてみたい! と、世界50カ国以上を旅した経験を持つ。
パリやアメリカ、イギリスに住んでいた経験を持つ。
祐成陽子クッキングアートセミナーを卒業後、フードコデーィネーター、料理研究家としてレシピの提供や自宅で外国人の旅行者向けに料理のレッスンを行う。
趣味は食べ歩き、旅行、ピクニック、簡単な家庭菜園。
少しの手間やアレンジで、日々の食卓がいつもよりおしゃれで特別な時間となり、食べた人がふっと笑顔になるようなレシピを提供します。




Author's Profile

料理研究家中本恭子(なかもときょうこ)
1982年生まれ。
大学在学中から旅行が大好きで、世界中の美味しいものを食べてみたい! と、世界50カ国以上を旅した経験を持つ。
パリやアメリカ、イギリスに住んでいた経験を持つ。
祐成陽子クッキングアートセミナーを卒業後、フードコデーィネーター、料理研究家としてレシピの提供や自宅で外国人の旅行者向けに料理のレッスンを行う。
趣味は食べ歩き、旅行、ピクニック、簡単な家庭菜園。
少しの手間やアレンジで、日々の食卓がいつもよりおしゃれで特別な時間となり、食べた人がふっと笑顔になるようなレシピを提供します。

当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE