CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

かわいくて簡単!クリームチーク

241 views

1

ナチュラルビューティーコンダクターのユキリンです。皆さん、チークはどんなものをお使いでしょうか?

パウダー、プレスト、ポンポンタイプなど色々な種類がありますよね。
私が最近ハマっているのは、クリームチークです。

従来のクリームチークと言えば、「よれる、べたつく、色が持続しない」など、正直使いづらいものもありましたが、本日ご紹介する2ブランドはとっても優秀!
ツヤ頬になりたい方必見です!

“美容液でメイクする”というブランドコンセプトのMiMCは、ファンデーションに美容液成分を入れるという従来の発想とは真逆で、美容液にナチュラルミネラルパウダーが練り込まれています。

2

「ミネラルクリームチーク」も同じく、肌になじんで浸透する濃縮美容液に、ミネラルパウダーが配合されています。
マンゴー種子バター、サジーオイル、リコピンが豊富なトマト種子オイルなどのビタミンフルーツと、アルガンオイルやスクワランでしっかりと保湿できるので、肌の内側から発色しているようなツヤ肌カラー。

サニーピンク、ミスティピーチの2色は、どちらも肌なじみの良いナチュラルさ。
黄味肌も青味肌にもマッチするカラーの秀逸さにトリコです。

モードメイクのニュアンスプラスにも、ナチュラルメイクのポイントにも使いやすいですよ。
トロピカルフルーツを味方に、高保湿とフレッシュカラーを楽しんでみてください!

【商品のお問い合わせ先】
MiMC(エムアイエムシー)
03-6421-4211(平日10:00~17:00)
http://www.mimc.co.jp/

100%自然のミネラル&オーガニックメイクアップブランド・ナチュラグラッセから、新発売の「チークカラー クリーム」。

3

オリーブスクワラン、野菜油、ミツロウ、コメヌカロウ(コメ由来の原料)に、ゼニアオイ、エキナセアなどのオーガニック植物エキスが配合されています。

このチークは想像以上にサラサラな仕上がりに驚きました。
その秘密は、野菜油とミツロウ、コメヌカロウでコーティングされた表面積の広い板状のミネラル!

肌の上でなめらかに滑って、ピタッと密着するように処方されています。
日本人に合うよう開発されたカラーは3色のバリエーション、ピンク、アプリコット、コーラル。しっかりと発色しながら、隠し偏光パールが肌に立体感を出してくれ、ふわっと上気したような頬に。

合成香料、パラベン、シリコン、タール系色素、鉱物油、アルコール、石油系界面活性剤フリーです。

【商品のお問い合わせ先】
(株)ネイチャーズウェイ
03-5447-3862
http://naturesway.jp/

やさしい発色とツヤに仕上げたい方は、リキッド&クリームタイプのファンデーションの上につけて、上にフェイスパウダーを乗せてみてください。

しっかりめの発色とツヤを出したい方は、メイクの仕上げにパウダーファンデーションの上から。
使うタイミングは仕上げたいイメージに合わせて、どちらでも大丈夫です。

指でとってポンポンと、ほほ骨の高い部分に乗せて周囲に広げてなじませてみましょう。メイク直しのときもポンポンと重ねるだけ。
頬は紫外線を浴びやすい部分ですから、天然の美容チークでしっかり保護してくださいね!

※ブランドの最新情報、製品の詳細、ご購入可能なショップリストなどは、すべて各ブランドオフィシャルサイトよりご覧ください。




Author's Profile

美容ジャーナリスト/香りのストーリーテラーYUKIRIN
ナチュラルコスメとフレグランスのエキスパートとして、
「香りで選ぶナチュラルスキンケア」や、「香りとメイクのコーディネート」など提案する他、
香りから着想される短篇小説を連載中。

媒体での執筆・連載の他、
化粧品のディレクション、イベントプロデュース、ブランドコンサルティングなど幅広く活動している。
Follow :

当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE