CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

美容ジャーナリストYUKIRINが選ぶ『2019年ナチュラルベストコスメ大賞』

美容ジャーナリストYUKIRINが選ぶ『2019年ナチュラルベストコスメ大賞』

美容ジャーナリストのYUKIRINです。
今年も残すところあと僅かとなりました。今回は、恒例の『ナチュラルベストコスメ大賞』を発表させていただきます!今年の傾向としては、睡眠に注力したアイテムが多くのブランドから発売され、昨年よりもさらに商品層が厚くなったと思いました。また、スクラブやピーリングは、デイリーユースできる優しいアイテムも増えていますね。

ナチュラルとオーガニックには勿論大きな区別がありますが、私は「自分にとって良いと思えたもの」という感覚を優先して欲しいと思っています。肌に合う、効果を感じる、香りが好き、使うとテンションがあがる…そんな「自分感覚」に従ってコスメ選びをしていただきたいと常に思っています。

が、ベストコスメに関しては、私の「自分感覚」だけではなく、「客観的視点」も重視して選出いたしました。ぜひ皆さんのお買いものの参考にしていただけたら幸いです。
今年も1年ありがとうございました。

スキンケア大賞

ARTQ ORGANICS 『オーガニックジェルトナーA』
(50g ¥7,260)

ARTQ ORGANICS 『オーガニックジェルトナーA』

100%植物成分、92.5%オーガニックのジェル状美容液。みずみずしく、ゴワついた肌にもスッと馴染み、肌を落ち着かせてくれる。オイルを混ぜて乳液にして使うこともできるので、シーズンを問わず取り入れやすい。香りも数あるスキンケアの中でも群を抜いて抜群に素晴らしく、呼吸が自然と深くなるような爽快感が絶妙。

ヘアケア大賞

オーセンティック ビューティー コンセプト エッセンスグロウシリーズ
(シャンプー 300mL ¥3,000+税、コンディショナー 250mL ¥3,000+税、マスク 198g ¥4,200+税)

オーセンティック ビューティー コンセプト エッセンスグロウシリーズ

プレミアムヴィーガンヘアケアという、オーガニックヘアケアとはまた違う切り口で、サスティナブルな植物性原料を贅沢に配合した、非常に現代的なブランド。グロウシリーズは、デーツとシナモンのエキスを起用したヘアカラーを長持ちさせてくれるライン。カラー後はこちらを使用することで、きしみもなく色モチも良い実感があった。濃厚なドライフルーツと華やかな花々の香りでバスタイムも楽しい。

カラーメイク大賞

キュアバザー 『ルージュ キュアバザー』
(デニムクラシックタイプ¥5,800+税/デニムチェーンタイプ¥6,400+税/レフィル¥3,300+税)

キュアバザー 『ルージュ キュアバザー』

ファッション性とエコナチュラルをここまで融合させたアイテムも珍しい。時代の進化を感じる。容器は継続使用できる詰め替えタイプで、オーガニック成分をふんだんに使用したリップカラーは、既存のキュアバザーのネイルとカラーリンクできるという遊び心もある。質感のバリエーションもあり、また実際に使うと発色の良さや、唇にパサつきを感じない使用感も良い。まさにイノベーティブなカラーアイテムである。

ベースメイク大賞

ディアダリア『スキンパラダイスピュアモイスチャークッションファンデーション』
(SPF35/PA+++¥5,070)

ディアダリア『スキンパラダイスピュアモイスチャークッションファンデーション』

特許取得済のダリア抽出物やエコサート認証原料を使用した、スキンケア効果の高いクッションファンデ。敏感肌の方も使用可能。お粉いらずでキレイなセミマットに仕上がる。少量で伸び、ムラになりにくく、ツルンとしたむき卵のような肌に演出できる点が優秀。時間が経っても崩れにくく、パウダー無しでここまでツヤ感が持続するファンデはレア。

インナービューティー大賞

ニールズヤードレメディーズ『プレミアムマヌカハニーUMF15+/MGO514』
(250g ¥7,000+税)

ニールズヤードレメディーズ『プレミアムマヌカハニーUMF15+/MGO514』

オーガニックライフスタイルブランドであるニールズヤードレメディーズが認めた、ニュージーランド産のマヌカハニー。実はこのマヌカハニーには助けてもらい、急性胃炎から復帰した後、弱っていてなかなか調子の出なかった胃腸が元気になったのはホントの話。特にUMF値(MGO値)の高いこちらを、朝晩スプーン1杯とっていたら回復してしまったからびっくり。病気になってしまったらきちんと病院でのケアが必要ではありますが、未然に防ぐ、回復を助けるという意味合いでは強い味方に。

ナチュラルフレグランス大賞

THE PUBLIC ORGANIC『スーパーディープナイト ホリスティック精油ピローミスト』
(全5種 60mL ¥2,800+税)

THE PUBLIC ORGANIC『スーパーディープナイト ホリスティック精油ピローミスト』

話題の睡眠ディフューザーが、もっと手軽にアンダー3,000円という価格帯で販売されたことは喜ばしい。睡眠の悩みも1つではないように、5つの香りから選ぶことができるのも現代人の生活に寄り添ったアプローチ。私は眠りが浅く、睡眠時間も少ないため、ディープスリープが特にお気に入り。マジョラムとクスノキのすっきりとクリーンな香りは、心をニュートラルにしてくれる。

ノミネートコスメ

惜しくも各ジャンル1位とはならなかったものの、ベストコスメにノミネートしたコスメを一挙ご紹介。

メイクアップ

MiMC『ミネラルリキッドルージュ 03』(¥3,520)

MiMC『ミネラルリキッドルージュ 03』

グロスのツヤ感とルージュの発色を叶えたアイテムで、伸び良く唇への密着度も高い。03番のアウェアネスラブは、繊細なゴールドニュアンスのグロウピンクで、気品のあるフェミニンさを感じさせてくれるセクシーなヌードカラー。


to/one『ぺタルエッセンスカラーバター 04』(¥2,500+税)

to/one『ぺタルエッセンスカラーバター 04』

ツヤとマットの相反する特徴を持つ粉体をあえて組み合わせ配合されているため、発色はしっかりと、程よいツヤ感が続く。04番のBright Pinkは、万人ウケする好感度の高いカラー。あざとかわいい系メイクなら、この色で決まり。

スキンケア

コンダンセパリ『コンソントレ エクラシサン タン パルフェ』(15mL×3本セット ¥14,500+税)

コンダンセパリ『コンソントレ エクラシサン タン パルフェ』

できてしまったシミにもアプローチでき、透明感を感じられる肌へ導いてくれる集中美容液。デイジーフラワーエキスと、ブルターニュの海藻など配合。ブライトケアの必須アイテム。


アンティポディース『キウイシードオイルアイクリーム』(¥5,500+税)

アンティポディース『キウイシードオイルアイクリーム』

ジャータイプのアイクリームで重いかと思いきや、意外にも軽いテクスチャーのクリームで使いやすい。肌に馴染みやすく、すっきりとした印象の目元になる実感があった。

スペシャルケア

ELEMIS『ジェントルローズ エクスフォリエータ』(50mL ¥7,000+税)

ELEMIS『ジェントルローズ エクスフォリエータ』

モロッコローズと微粒子のホホバの実のスクラブ。ジェルタイプで肌に清涼感を与えながら、古い角質をオフできる。毎日使用できる、肌に優しいアイテム。


ダーマロジカ『デイリーマイクロフォリエント』(74g ¥8,100+税)

ダーマロジカ『デイリーマイクロフォリエント』

細かいライスパウダーが不要な角質を取り除いてくれ、その他の植物成分がなめらかさとキメを整えてくれ、くすみに効果的だった。洗顔料タイプで毎日使用可能。


MiMC ONE『ハーブプロテクトミスト』(80mL ¥2,500+税)

MiMC ONE『ハーブプロテクトミスト』

虫に刺されやすいので虫除けスプレーは個人的に必須だが、こちらはナチュラル系虫除けスプレーにありがちな強いニオイがせず使いやすい。また刺されたあとのケアもできるというニガヨモギの力で、1本あるだけで虫除けも虫刺されも対応できるのが凄い。

インナービューティー

バイオノーマライザー『梅醤野菜スープ』(100g ¥1,000+税)

バイオノーマライザー『梅醤野菜スープ』

熱にも強い青パパイヤ酵素の入ったスープは、和え物や料理にも使用でき、サプリメントの感覚無く手軽に摂取できる。梅醤や野菜とあわせ、スープにしようとされた発想力にも感心。

ナチュラルフレグランス

バンフォード『ビーサイレント オーガニックテンプルバーム』(15mL ¥3,800+税)

バンフォード『ビーサイレント オーガニックテンプルバーム』

睡眠・快眠がテーマの製品が多く発売された中で、穏やかに香るバームタイプであることで、よりパーソナルなケアが可能となり汎用性高くコスパも良い。スパでのトリートメントメニューとも連動しているのも◎。

番外編~ビューティーギア

SALONIA『ストレートヒートブラシスリム』(¥4,378)

SALONIA『ストレートヒートブラシスリム』

ブラッシングするだけでナチュラルストレートヘアにできるヘアアイロンを兼ねたブラシは、寝癖直しに大活躍。スリムタイプは、ストレートヘアにするだけでなく、外ハネや毛先のアレンジもしやすく、ショートやミディアムヘアの方にも。


ヤーマン『メディリフト アイ』(¥28,000+税)

ヤーマン『メディリフト アイ』

目もとのコリをほぐす、疲れをとるというアイテムはこれまでもあったが、「目もとを鍛える」という美容家電の発想が新鮮。疲れにくい目もとへブラッシュアップしていくという攻めのケアは、タフさが求められる現代にマッチしており、スマホやPCのハードユーザーは特に試してみてほしい。

友だち追加
@cherishweb_me でも検索できます

プッシュ通知

Author's Profile

美容ジャーナリスト/香りのストーリーテラーYUKIRIN
ナチュラルコスメとフレグランスのエキスパートとして、
「香りで選ぶナチュラルスキンケア」や、「香りとメイクのコーディネート」など提案する他、
香りから着想される短篇小説を連載中。

媒体での執筆・連載の他、
化粧品のディレクション、イベントプロデュース、ブランドコンサルティングなど幅広く活動している。
Follow :
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE