大人女子のおしごと事情

【ワークスタイル】今できる形で、医師として働き続ける 水谷治子さん(水谷皮フ科クリニック院長)

【ワークスタイル】今できる形で、医師として働き続ける 水谷治子さん(水谷皮フ科クリニック院長)

私は小さいころから皮膚が弱く、すぐにかぶれたり、とびひになったり・・・そのたびに皮膚科の先生にお世話になりました。水谷さんも、幼いころ湿疹に悩み、その経験が土台となって皮膚科医に。開業医として地域のニーズに合った診療を続けています。「重症だった患者さんが社会復帰されると本当に嬉しい」と笑顔で話す水谷さんに、お仕事について聞きました。



アトピーに向けられた視線

――水谷さんは現在、江東区で「水谷皮フ科クリニック」の院長をなさっています。
2012年に開業しました。この地域は、小さな子さんのいるご家庭も多いので、一般の皮膚科だけではなく、小児皮膚科、またお母さん世代のニーズにこたえて美容皮膚科も併設しています。

――小さいころからお医者さんになりたかったのですか?
本当になりたいと思ったのは高校生の時ですね。ただ、3歳頃から中学卒業まで、私自身がアトピー性皮膚炎で、顔にも出ていたので、他の人の視線が辛かったという経験もしました。それもあって、皮膚に興味はあったんです。小学生の頃、かゆくてかいてしまった皮膚がボロボロになって、幼心に「この皮膚の下ってどうなっているんだろう」と考えていたことがありました。変な小学生ですけれど(笑)。

――なるほど、ご自身の経験も医者を目指すベースになったのですね。ただ、なりたいと思ってもなかなかなれる職業ではありませんよね。
私、中学まで愛媛の田舎で育ったんです。学習塾もあまりないところで、小学校の後半くらいまでは毎日暇で、家の窓の外をボーっと眺めながら、「あートンビが鳴いているな~」と。高校に入学して、医者になると決めて勉強を頑張れたのは、小さい時のアトピーの経験と、ゆったり過ごした田舎での生活で貯めてたエネルギーがあったからかもしれませんね。

ページ:

1

2 3 4

関連記事

  1. 【ワークスタイル】生徒を長い目で見守る 根岸幸代さん(ピアニスト…
  2. 【ワークスタイル】タロットで未来創りのお手伝いを タロットリーダ…
  3. 人との出会いが本づくりの原点 菅聖子さん(編集業・ライター) 【ワークスタイル】人との出会いが本づくりの原点 菅聖子さん(編集…
  4. 【ワークスタイル】どんな女性にも、ネイルのおしゃれを楽しんでほし…
  5. 【ワークスタイル】一緒に働く仲間が最大限の力を発揮できるように …
  6. 【ワークスタイル】お客様の暮らしにつながる仕事 アベさん(株式会…
  7. 【ワークスタイル】お客さまと一緒に、イメージを形にする グラフィ…
  8. JIYU5074Labo 母校の味を、食卓に~『『自由学園最高の「お食事」』制作秘話~

New!!

  1. 【編集長日記】台所と夏ごはん
  2. 【ワークスタイル】紅茶があればコミュニケーションを生み出せる 吉池浩美さん(紅茶専門店「mimi Lotus」オーナー)
  3. 【プレゼント】『ラ・チャナ』一般試写会 『ラ・チャナ』一般試写会ご招待!
  4. 【レシピ】じめじめした気分を豚しゃぶサラダで美味しく吹き飛ばす! 冷しゃぶサラダ
  5. ナチュラルコスメの新色図鑑~2018 SUMMER ナチュラルコスメの新色図鑑~2018 SUMMER
  6. パリで初めてのデジタル・ミュージアム「L’Atelier des Lumieres」
  7. 【編集長日記】梅雨を楽しめる余裕を持ちたい私
  8. 【チャイレシピ】No.75  ラペイエ 【チャイレシピ】No.75  ラペイエ
  9. 梅雨の時期におすすめの薬膳食材~山椒~
  10. 【フラワーアレンジ】お庭のお花たちと一緒に

Present & Event

  1. 『ラ・チャナ』一般試写会ご招待!
PAGE TOP