リストランテ ピウマッジョのパスタのちチケッティ 

【レシピ】鱈とひよこ豆のトマトソーススパゲッティーのち青のりとシラスのゼッポリーネ

今月から「パスタのちチケッティ」ということで、ご家庭でもかんたんに作っていただけるパスタ1品とイタリアのお惣菜1品を毎月ご紹介します。

1月は、私がイタリアにいる時によく作っていた鱈を使ったスパゲッティーと、急なお客様やホームパーティーにもオススメなとってもかんたんに作れるナポリの郷土料理をご紹介します。

鱈とひよこ豆のトマトソーススパゲッティー

鱈とひよこ豆のトマトソーススパゲッティー

材料と分量(2人分)
鱈の切り身 200g
ひよこ豆の水煮 40g
ホールトマト(ざく切りまたは手で潰す) 1缶(400g)
にんにく(みじん切り) 1かけ
鷹の爪 1/2本
オリーブオイル 適量
イタリアンパセリ(粗みじん切り) 適量
スパゲッティ(1.6mm) 200g
作り方
  1. 鱈の切り身を①口大に切り分ける(できれば前日に鱈に塩を振っておく。鱈から出た水気はキッチンペーパーで取る)
  2. スパゲッティを茹ではじめる
  3. フライパンにオリーブオイル、にんにく、鷹の爪を入れ弱火にかける
  4. にんにくにほんのり色がついたら、鱈を加えて炒める
    鱈を入れて炒める
  5. イタリアンパセリ、ひよこ豆、ホールトマトを加えて軽く煮詰める
  6.  茹で上がったパスタを④に入れて30秒ほどソースと絡めて出来上がり!
  7. 皿に盛り付け、上からざっくり切ったイタリアンパセリを散らす
    盛り付けて完成!
【Chef’s one point】ちょっとしたことで、ぐーんと美味しくなるコツを伝授します
  • 鱈はできれば前日に、皮をはがし、骨を取り除き塩を振って臭みをとる。出てきた水分はキッチンペーパーなどでしっかりと吸い取ってください!
  • 茹で上がったスパゲッティーとソースと絡める時に火が入るので、パスタを茹でるときは規定の時間よりも30秒短く茹でること!
  • ホールトマトはザクザク包丁で切ってから裏ごしするときれいなソースができます!
  • 仕上げの前に、少量のオリーブオイルをかけて絡めるととろみが出て香りと味が豊かになります!
  • にんにくが焦げてしまいそう・・・と不安な場合は、早めに材料を入れてもOKです!
  • 盛り付けるときはくるっとパスタを回しながら盛り付けることで、空気に触れる面積が狭くなり、冷めにくくなります!

青のりとシラスのゼッポリーネ

青のりとシラスのゼッポリーネ

材料と分量(2人分)
薄力粉 100g
75ml
1g
砂糖 小さじ1/2
エクストラバージンオイル ティースプーン1と1/2
青のり 10g
シラス 10g
ドライイースト ティースプーン2
サラダオイル(揚げ油) 適量
作り方
  1.  全ての材料をボールに入れて混ぜ合わせる
  2. ボールにラップをして生地を30分間休ませ発酵させる
  3. 生地をスプーンですくい、180℃に熱した油で揚げる
  4. きつね色になったらバットに移し、油を切る
    きつね色になるまで
  5. 皿に盛り付け上から軽く塩を振り出来上がり!
【Chef’s one point】ちょっとしたことで、ぐーんと美味しくなるコツを伝授します
  • 青のりを「海苔の佃煮」に変えても美味しいです!その場合は小さじ2ぐらいを加えてください。
    その他、焼き海苔、チーズ、ハーブなど入れても美味しいです!もちっとサクっとした食感を楽しんでください。
  • 油の中に落とすときは2本のスプーンを使って。スプーンをあらかじめ油をつけておくことでするっと落とすことができます!
    2本のスプーンで落として

ristorante Piumaggioでは、毎月、旬の食材を使ったコースをご用意しています。
2月は、これから、旬のアオリイカの前菜がお勧めです。
カルパッチョ、燻製、フリット(アランチーニ)一つのお皿に3種類違ったお味を楽しんでいただけます。
オススメのワインはGini Soave Clasico DOC(品種ガルガーネガ100%)です。
しっかりとした果実味もあり、その中にミネラル感、苦み、酸味、フレッシュ感が、バランス良く調和してアオリイカのうま味にとても良くあうワインになっております。
カルパッチョ、燻製、フリットどれにもぴったりです。

Aコース Bコース

ご予約お問い合わせは下記よりお願いいたします。
ristorante Piumaggio(リストランテ ピウマッジョ)
TEL:03-5341-4575

著者プロフィール

三井 隆弘
三井 隆弘ristorante Piumaggio シェフ

1978年生まれ。

イタリア フィレンツェで修行後、日本に戻り南青山のレストランで修行。

その後、小川町のレストランでシェフを務めた後、2015年からリストランテ ピウマッジョにてシェフを務める。


ristorante Piumaggio(リストランテ ピウマッジョ)

住所:東京都新宿区新宿3-6-2 栄ビル 4F

TEL:03-5341-4575

■営業時間

AM11:30~15:00(L.O.13:00)

PM17:00~23:00(L.O.21:30)

■定休日

毎週月曜日


関連記事

  1. 【レシピ】鶏もも肉とオレンジのロースト&モッツアレラ カロッツァ…
  2. 鶏肉と白菜、温菜のラグーソースペンネのち小エビとうるい・じゃがいものインサラータ・ルッサ 【レシピ】鶏肉と白菜、根菜のラグーソースペンネ のち 小エビとう…
  3. 【レシピ】カルテエッラ・スペアリブの蜂蜜風味・マチェドニア
  4. 【レシピ】小エビの冷静ジェノベーゼパスタとイタリア風ロースポーク 【レシピ】小エビの冷製ジェノベーゼパスタとイタリア風ローストポー…
  5. シラスとめかぶ・だしの和風冷製パスタとグラシーシェ(牛肉のパプリカ煮込み) 【レシピ】シラスとめかぶ・だしの和風冷製パスタとグラーシシェ(牛…
  6. 【レシピ】夏野菜と大麦を詰めたヤリイカのローストと鯖のマリネといちじく 【レシピ】夏野菜と大麦を詰めたヤリイカのローストと鯖のマリネとい…
  7. 秋刀魚のコンフィのアレンジ&ほうれん草のスフォルマート 【レシピ】秋刀魚のコンフィのアレンジ&ほうれん草のスフォルマート…
  8. 桜海老と蛤、菜の花のリゾットのちベーコンと春キャベツの詰め物 【レシピ】桜エビと蛤、菜の花のリゾット・ベーコンと春キャベツの詰…

New!!

  1. 香りは沈黙の言葉 香りは沈黙の言葉
  2. 『ザ・サークル』特性“サークルペン”プレゼント!
  3. フランスでも大ヒット!「この世界の片隅に」Dans un recoin de ce monde フランスでも大ヒット!「この世界の片隅に」Dans un recoin de ce monde
  4. 【ネイル】サンタベルトネイルでちょっと大人の指先を演出 サンタベルトネイル
  5. 【編集長日記】チョコレートの勉強会
  6. 新しいフィリピン、癒しのヒロット旅(3) ナーチャー・ウェルネス・ビレッジでスパ三昧 ヒロット編 新しいフィリピン、癒しのヒロット旅(3) ナーチャー・ウェルネス・ビレッジでスパ三昧 ヒロット編
  7. 正月準備やお年賀特集などをテーマに「AKOMEYAのお正月」フェアを開催! 正月準備やお年賀特集などをテーマに「AKOMEYAのお正月」フェアを開催!
  8. macaroniの刺繍とハンカチ展開催
  9. 全国からヨーロッパのアンティーク雑貨・家具を扱う名店が勢揃い「湘南 蚤の市」開催!
  10. 【チャイレシピ】No.47 豆乳チョコチャイ No.47 豆乳チョコチャイ

Present & Event

PAGE TOP