CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

【レシピ】さつま芋のニョッキ ゴルゴンゾーラクリームソース

新宿3丁目にあるリストランテ ピウマッジョの三井隆弘シェフが毎月、旬の食材を使って、ご家庭でもかんたんにできる本格的イタリアンレシピをご紹介!
2018年は「おうちdeイタリアン」をテーマにお届けします!

今月は今が旬のさつま芋を作ったニョッキをご紹介。
さつま芋の甘さに塩味の効いたゴルゴンゾーラのクリームソースは本格的!
ちょっと手間はかかりますが、美味しいのでぜひチャレンジしてください。

さつま芋のニョッキ ゴルゴンゾーラのクリームソース

ニョッキは栄養価がとても高いく、のど越しがツルンとしているので、イタリアでは風邪のときに食べることもあります。
今回はさつま芋で作りましたが、もちろんじゃがいもで作ってもらってもOKです。分量は変わりません。
たくさんできるので、余った分はジップロックに入れて冷凍保存しておくと便利です!

材料と分量(作りやすい量)

さつま芋・・・500g
強力粉・・・125g(さつま芋に対して25%)
粉チーズ・・・20g
卵・・・1個
ナツメグ・・・少々
塩・・・少々

ゴルゴンゾーラクリームソース(2人分)
生クリーム・・・200g
粉チーズ・・・適量
塩・・・適量
オリーブオイル・・・適量

作り方

  1. さつま芋は柔らかくなるまで蒸し、裏ごしする(ザルに入れてごむベラで漉すとOK!)
  2. 広めの台の上に、さつま芋をドーナツ型に広げる
  3. ドーナツの穴の部分に強力粉、卵、粉チーズ、塩、ナツメグを入れて、スケッパーで切るようにひとまとめにしていく(練ってはダメ!)
  4. 最後に軽く練ってひとまとめにし、生地をラップに包んで10分ほど休ませる
  5. 4を3~4等分にし、1.5cmの棒状に形を整え、さらに1cm幅にカットし、打ち粉をしたバッドに入れていく
  6. 鍋にニョッキを茹でるお湯を沸かす
  7. フライパンに生クリーム、ゴルゴンゾーラを入れ、弱めの中火にかけゴルゴンゾーラを溶かす(濃度が濃い場合は少量の水を足す)
  8. 4のお湯がわいたら、ニョッキ(2人分200g)を入れて茹でる。ニョッキが浮いてきたらすぐに取り出し、5のソースと絡め、最後にオリーブオイルと絡める
  9. お皿に盛付けてイタリアンパセリ(分量外)を散らしてできあがり!

上手に作るポイント!

  • ニョッキを茹でるときはかき混ぜない!自然に浮いてくるまで待つ!
  • ニョッキのおいしさのポイントはモチモチ感。時間を置くことでモチモチ感が失われるので、先にソースを作っておいて、出来上がったらすぐにサッと絡めるのがポイント!
  • ジャガイモで作る場合はメークインがオススメ!
  • ご自宅にあまっているバルサミコ酢がある場合は、少し煮詰めてソースにしてニョッキにかけるとなお美味しい!

ristorante Piumaggio(リストランテ ピウマッジョ)のご予約・お問い合わせは下記よりお願いいたします。
TEL:03-5341-4575

プッシュ通知

Author's Profile

リストランテ ピュウマッジョシェフ三井 隆弘
1978年生まれ。
イタリア フィレンツェで修行後、日本に戻り南青山のレストランで修行。
その後、小川町のレストランでシェフを務めた後、2015年からリストランテ ピウマッジョにてシェフを務める。

ristorante Piumaggio(リストランテ ピウマッジョ)
住所:東京都新宿区新宿3-6-2 栄ビル 4F
TEL:03-5341-4575
■営業時間
AM11:30~15:00(L.O.13:00)
PM17:00~23:00(L.O.21:30)
■定休日
毎週月曜日
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE

※当サイトの全ての掲載記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。