CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

丸鶏で作る本格派ローストチキン

新宿3丁目にあるリストランテ ピウマッジョの三井隆弘シェフが毎月旬の食材を使って、ご家庭でもかんたんにできる本格的イタリアンレシピをご紹介!
2018年は「おうちdeイタリアン」をテーマにお届けします!

ローストチキン

今月は丸鶏を使った、本格派ローストチキンをご紹介!
ローストチキンというとクリスマスのイメージがありますが、そのままいただくのはもちろん、サラダやパスタにも使えてとっても便利!
 
今回は、カレー味のリゾットを詰め込んだローストチキンです。
鶏のうまみをたっぷり含んだリゾットももちろん絶品!
 
クリスマスにあわてないように今から練習しておいても損することはないですよ!

ローストチキン

ローストチキン

材料と分量(1羽分)

ローストチキン
丸鶏…1羽
にんにく…1片
塩…適宜
こしょう…適宜
玉ねぎ…1/2個
にんじん…1/3本
セロリ…1/3本

リゾット
お米…1/4カップ
玉ねぎ…100g
にんじん……1/3本
セロリ…1/3本
マッシュルーム…適宜
ブイヨン…適宜
カレー粉…適宜
塩・こしょう…適宜

作り方

  1. にんにく→すりおろす
    ローストチキン用のたまねぎ、にんじん、セロリ→乱切り
    リゾット用のたまねぎ、にんじん、セロリ、マッシュルーム→粗みじん
  2. 鶏肉に、にんにくのすりおろし、塩、胡椒を振り常温に置いておく※中の方も忘れずに振る
  3. フライパンにオリーブオイル(分量外)をいれ、リゾット用の玉ねぎ、にんじん、セロリ、マッシュルームを入れて炒める
  4. しんなりしてきたら、お米とカレー粉を加えてさらに炒め、ブイヨンをひたひたまで入れる
  5. お水がなくなったら足しリゾットを作る
  6. リゾットの粗熱が取れたら、鶏肉のおなかに詰める
  7. おしりを楊枝などで止め、手足もタコ糸で結ぶ
  8. 鉄板にローストチキン用の玉ねぎ、人参、セロリをしき鶏肉をのせ軽くサラダオイル(分量外)をかけ180度のオーブンで焼き上げる
ローストチキン

【Chef’s one point】
チキンを切るときは、骨にそって部位ごとに切るのがオススメです
リゾットは詰めすぎると、温めた時に出てきてしまうので入れすぎないように気をつけてください!

ローストチキン

ristorante Piumaggio(リストランテ ピウマッジョ)のご予約お問い合わせは下記よりお願いいたします。
TEL:03-5341-4575

プッシュ通知

Author's Profile

リストランテ ピュウマッジョシェフ三井 隆弘
1978年生まれ。
イタリア フィレンツェで修行後、日本に戻り南青山のレストランで修行。
その後、小川町のレストランでシェフを務めた後、2015年からリストランテ ピウマッジョにてシェフを務める。

ristorante Piumaggio(リストランテ ピウマッジョ)
住所:東京都新宿区新宿3-6-2 栄ビル 4F
TEL:03-5341-4575
■営業時間
AM11:30~15:00(L.O.13:00)
PM17:00~23:00(L.O.21:30)
■定休日
毎週月曜日
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE

※当サイトの全ての掲載記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。