CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

大人女子の嬉しい【ペパーミント】の意外な効果とは?

mint

こんにちは。セラピストの堀井美岐です。桜が咲き始め、春が本格的に始まりましたね!!
しかし、この時期は花粉症で辛い思いをされている方も多いのでは??

今月は「香り」がテーマです。香りは花粉症の強い味方「ペパーミント」です。
ペパーミントはシソ科です。メントール系でお馴染みですよね。キャンディやガム、ハーブティーやお料理などとても使いやすいハーブです。そして、花粉症の時期にもとても役立ちます!!

芳香浴をはじめ、ペパーミントを塗布したマスクを付けたり、殺菌・抗菌力も強いので、うがい薬としても使えます。
また、食べすぎ・飲みすぎなどの消化不良の時、乗り物酔いや吐き気のある時にも、香りを嗅いだり、お腹周りに塗布するのも効果的です。

鎮静作用もありますので、頭痛・捻挫・打撲などにも使用できます。血圧の上昇作用もありますので、広範囲には使用しないでくださいね。

レストランで食事した時、コーヒー・紅茶、ハーブティーなどメニューにありますが、ペパーミントティーを選ばれると消化促進されますよ。

mint1

殺菌作用があるので、にきびケアにもよく使われますし、虫除け効果もあります。強壮作用がありますので、眠気覚ましや集中力を高める時に効果的です。
怒っているときや、感情が高まっているときにも効果を発揮します。

ペパーミントはラベンダー同様、一家に1本あるととても便利な精油です。
しかし、刺激がとても強いですので、乳幼児や妊娠中・授乳中、神経系統の弱い方のご使用は避けてください。

ペパーミントと相性のよい精油は、ラベンダー・ティートゥリー・グレープフルーツ・マジョラム・ゼラニウム・ローズマリーなどです。
ブレンドしてご自分の好きな香りを作れるのも、アロマセラピーの楽しみ方の1つです。
ぜひオリジナルの香りで楽しんでくださいね。




Author's Profile

magentyセラピスト堀井美岐(ほりいみき)
オーラソーマ(R)プラクティショナー、レインドロップトリートメントをはじめ数秘やアロマリーディング、スピリチュアルリーディングを行うセラピスト。
2012年、自宅サロンmagenty(マゼンティ)をオープン。
自身のアトピー・アレルギー体質を元に自然治癒や代替医療なども学び、こころとからだのケアなどホリスティックビューティーを提供し、現在も勉強中。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE