CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

いつでもどこでも小籠包

72 views

大家好!みなさん、はじめまして。
本日から連載させていただくdaqiao(ダーチャオ)です。

「台湾きょうのおやつ」と称して台湾のおいしいものをメインにご紹介させていただこうと思っています。
台湾の魅力って何?と日々どっぷりとはまっていくわたしに友人たちはよく聞いてくるのですが、魅力、うーん、数えきれないほどあります。

でももし3つあげるとしたら
とにかく近い!北海道からでもたった4時間で異国にトリップ
どこを歩いても食べ物屋さんだらけ、しかもおいしい!安い!
ひとがあたたかくて日本語も通じてずっと笑顔でいられる

とこんなところでしょうか。うん、やっぱり最高。

きょうはご挨拶変わりにこの食べ物からご紹介

P1010111
P1010116

小籠包です。台湾といえばやっぱり小籠包ははずせません。

え?おやつ?と思われるかも知れませんが、ひとりで旅をしているとこういうものがおやつになったりします。
台湾の食べものひとつひとつのポーションが多いので、ちょこちょこ食べているといつの間にかお腹いっぱいに。小さなお店だと気軽に入れて、これだけ食べて出てくることももちろんオッケーです。

だいたい蒸篭ひとつに8〜10個入って100元前後。日本円にすると350円くらいです。蒸したてをほおばると肉汁たっぷり。ひとつめはそのまま口に放り込んでそのままの味を楽しみます。

2つ目以降は必ず千切りにしたしょうがをくれますので、酢と醤油をそれにかけて一緒に頬張ります。
熱々がなによりもおいしいです。届いたら一気に食べてしまいましょう!

最後に今回は台湾の食事風景をご紹介。
いつでもどこでも誰かがなにかを食べています。食いしん坊にはたまらない街!

P1010330

台湾では朝ごはんのテイクアウトは日常。サンドイッチ、おにぎり、豆乳の専門店などなどほとんどがその場でつくってくれるのであたたかいものが食べられます。

P1010450_2

小腹が空いたらいつでもどこでも食べられます。甘すぎないものも多く種類も豊富

P1010263

市内の至るところに夜市があり、毎日この雰囲気です。地元の人、観光客でいつも賑わっています。

これからどうぞよろしくお願いいたします!




Author's Profile

トラベルライター&台湾ブロガーコバシイケ子
2011年にはじめて台湾を訪れてから、懐かしさと新しさが入り混じる独特の雰囲気、ゆるさ、旅行だけでは食べつくせない幅広い食のバリエーション、薬膳をはじめとした食文化に魅せられ頻繁に通いはじめる。

2016年、ブログ「TAIWAN IKEKO」を開設。

現在ameba公式トップブロガーとして日々台湾情報を発信中。

当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE