CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

北海道発祥のスープカレーを自分の好みでカスタマイズ!

明けましておめでとうございます。
今年も幸せな一年でありますよう……お祈り申し上げます。
足立洋子

今月のお題:自宅でも作れるんだ!というレシピが知りたい

アバター
2020年を迎えたので、目新しいレシピが知りたいです。
これもお家で作れるんだ!という、美味しいレシピはありますか。
アバター
足立さん
北海道が発祥の「スープカレー」なんていかがでしょうか?
最近は、随分メジャーになってきたスープカレー。いつものカレーライスのように、お肉と野菜を炒めて、ルーを入れるだけ……よりかは少しだけ手間がかかりますが、なかなか楽しく作れます。スープは自分の好みで辛さや、スパイスの調合ができるのも楽しいポイントの1つ。1度作ると病みつきになってしまうかも!?

北海道が発祥スープカレー

スープカレー

材料と分量(2人分)

  • 骨付きの鶏もも肉(手羽元や骨付きレッグなど)…約400g
  • カレー粉…大さじ1・1/2
  • 塩・こしょう…各少々
  • サラダオイル…大さじ1

【A】

  • 玉ねぎ…1/2個
  • にんにく…5g
  • しょうが…8g
  • サラダ油…大さじ1/2

【B】

  • 水…4カップ
  • 鶏がらスープの素…大さじ1・1/2
  • 赤唐辛子…1/2本

【C】

  • じゃが芋…200g
  • にんじん…100g
  • カットトマト…1/2缶

【D】

  • 麺つゆ…大さじ1・1/2
  • ローリエ…2枚
  • コンソメ顆粒…大さじ1

【トッピング】

  • ゆで卵…1個 
  • ピーマン…1/2個
  • 赤・黄パプリカ…各1/2個
  • なす…1/2本
  • さつま芋・かぼちゃ・れんこん・ズッキーニなど…適量
  • サラダ油…適量
野菜の素揚げ

作り方

  1. 材料を切る
    にんにく、しょうが→みじん切り
    にんじん→長めの乱切り
    かぼちゃ→皮を剥いて薄切り
    ピーマン、パプリカ、なす→縦半分に切る
    さつま芋、ズッキーニ→輪切り
    れんこん→皮を剥いて輪切り
  2. 鶏肉に軽く塩・こしょうをして10分おく
  3. 水気をふいてカレー粉をすり込み、サラダ油をまぶす
    ※鶏もも肉を使用する場合は、6等分くらいに切り分ける
  4. 【A】の材料をを鍋に入れ焦がさないようにゆっくり炒める
  5. 鶏肉をフライパンで焼き目がつくように焼く
  6. ④の鍋に⑤と【B】の材料を入れて煮立てあくを取る
  7. 【C】の材料を加えてさらに煮立てあくを取る
  8. 【D】の材料を入れて野菜が柔らかくなるまで煮込む
  9. 茹で卵を作り、殻を剥いて1/2に切る
  10. トッピング用の野菜は素揚げする
  11. スープ皿にトッピングの材料を盛り付け、その上からカレースープをかける
スープカレー

友だち追加
@cherishweb_me でも検索できます

プッシュ通知

Author's Profile

料理家足立洋子(あだちひろこ)
1951年、函館生まれ。
自由学園女子最高学部卒業。
会員数2万人の「全国友の会」において30年ほど食の講師をつとめる。
NHK「あさイチ」で料理のスーパー主婦として出演。
2013年9月に発売した新潮社から発売した著書『かんたん が おいしい』は13万部を超える。

レシピ本を多数出版している他、雑誌などへのレシピ提供を行なっている。
趣味はお取り寄せ。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE

※当サイトの全ての掲載記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。