CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

【レシピ】夏バテの疲れた体を回復“ きのこカレー”

204 views

P6162741

ようやく朝夕、少しずつ秋の気配を感じるこの頃です。「食欲の秋」これからは食べ過ぎとの戦いです。

今日は私の娘直伝の美味しいきのこカレーに、ちょっびりアレンジしたものをお伝えしましょう。
ダイエットや生活習慣病の予防に適した旬の食材であるきのこ類は、その優れた効用が認められ世界中で食べられるようになりました。

血の流れをよくし、抗ガン作用のあるペーターグルガンはじめ、コレステロールを減らすエリタデニンなど、他の食材では取りにくい栄養素が豊富に含まれています。

きのこカレー

材料と分量(2人分)
きのこ(生しいたけ・シメジ・マッシュルームなど) 全部で250g
玉ねぎ 1個
合挽き肉 100g
サラダオイル 大匙1/2
チャツネ(あれば) 大匙1/2~1
カレールー(市販のルーを2.3種類を組み合わせる) 3食分くらい
表示量より少なめに
作り方
1.きのこは適当な大きさに分ける。玉ねぎは薄切りにする。

P6152692

2.鍋にサラダ油を入れて玉ねぎを炒め、しんなりしてきたら端に寄せて肉を炒める。
3.水を入れ煮立ってきたらきのこ類を入れる。
4.再び煮立ってきたら弱火にしてルーを入れ、あったらチャツネを入れる。

 

体に良い!おいしい!嬉しいことばかりのかんたんカレー

Point1 秘技!ひき肉の炒め方

一日たつと美味しいと言われるカレーですが、これは間違いなく作りたてが美味しい!!!15分ほどで出来上がるので・・・時短メニューの王様です。

さらには、ダイエットには不向きと言われるカレーですが、きのこカレーは万能カレーと言っても過言ではありません!
きのこには様々な効果があります。

肥満防止

カロリーが低いうえ、脂質や糖質の代謝をよくするビタミンB2が豊富です。

便通改善(食物繊維が豊富)

食物繊維は、大腸ガン予防や血中コレステロールを低下させる働きもあります。

骨粗鬆症の予防

カルシウムの吸収を促進するビタミンDを多く含みます

血管の健康保持

血圧、血糖、コレステロールを下げる成分であるエリタデニンを多く含みます。

抗がん効果

きのこ類の多糖類(β-グルカン)は、免疫力を高めて癌の増殖を抑える効果があります。
栄養満点で低カロリーのきのこ類を毎日の食卓に積極的に取り入れてみましょう。




Author's Profile

料理家足立洋子(あだちひろこ)
1951年、函館生まれ。
自由学園女子最高学部卒業。
会員数2万人の「全国友の会」において30年ほど食の講師をつとめる。
NHK「あさイチ」で料理のスーパー主婦として出演。
2013年9月に発売した新潮社から発売した著書『かんたん が おいしい』は13万部を超える。

レシピ本を多数出版している他、雑誌などへのレシピ提供を行なっている。
趣味はお取り寄せ。

当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE