CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

カレンデュラのハンドクリームでつるつる肌に

121 views
カレンデュラのハンドクリーム

みなさん、インフルエンザは大丈夫ですか。
私は、なんとかハーブと薬膳ごはんを駆使して、インフルエンザの猛威に打ち勝ったと思い込んでいますが、この油断が大敵だったりするので、まだまだ養生は続けていきたいと思っています。

さて、冬になると毎年悩まされるのが、手荒れです。
ついつい、手や食器をお湯で洗ってしまったり、ハンドケアをおろそかにしてしまうと、手先が割れてきたり、かさかさになったりしますよね。
この手荒れの痛さ、地味に辛かったりしませんか。

日常生活に支障が出てくることもある冬の手荒れに、ついに救世主現る!!
それは、カレンデュラのハンドクリームです。
マリーゴールドとも呼ばれているカレンデュラというハーブを使った、手荒れにはこれというハンドクリームです。
植物性の材料のみで作るハンドクリームですので、お子様にも安心して使えますよ。

カレンデュラってどんなハーブ?

マリーゴールドという花は、ご存じですか。
オレンジ色のキクのようなとても綺麗な花を咲かせるお花ですが、お花屋さんや園芸コーナーでも良く見かけるので、好きな方もいらっしゃるのではないでしょうか。

カレンデュラは、別名マリーゴールドといいます。
マリーゴールドには、いろいろな品種があり、ハンドクリームなどメディカルハーブとして使用できるのは、学名がCalendula officinalisというもののみです。
その他のマリーゴールドは観賞用(園芸用)ですので、眺めるだけにしてくださいね。

このカレンデュラは、皮膚や粘膜を修復したり保護する作用があり、古くから傷ややけど、のどの炎症などに用いられてきました。
濃いめのハーブティーを作り、ハーブティーでうがいをすることで、のどの炎症や風邪の予防などに使うこともできます。今の季節におすすめの使い方です。

また、カレンデュラの花びらをアルコールや植物油に侵出させたものは、内用や外用で使われています。
特にアルコールで侵出したチンキ剤は、口内炎ができた時にも効果的です。
今回は、ドライのカレンデュラを植物油に侵出させ、ハンドクリーム(軟膏)を作ります。

カレンデュラクリームの作り方

侵出油(インフューズドオイル)を作ります

カレンデュラ(ドライハーブ)…3g
植物油(マカデミアナッツオイル)…80mL~

  1. 密閉できる広口の瓶に、ドライのカレンデュラを入れ、植物油を注ぎいれます。カレンデュラがきちんと浸かるように、植物油の量は調整してください。オイルからハーブが出ているとカビの原因になります。
  2. 直射日光が直接当たらない涼しい場所で、途中振り混ぜながら2週間侵出します。
  3. 2週間経ったら、ガーゼやコーヒーフィルターなどでろ過し、浸出液のみを遮光瓶に移します。

※この侵出油は冷暗所で3ヶ月保存可能です。

今回は、ドライハーブから侵出油を作りましたが、ハーブ専門店ではインフューズドオイルとして売られている場合もあります。

また、カレンデュラだけでなく、カモミールやセントジョンズワートなどのハーブでも作ることができます。

植物油は、マカデミアナッツオイル以外にも、ホホバオイルやスイートアーモンドオイル、オリーブオイルなどいろいろな種類があります。

マカデミアナッツオイルは、人の皮脂の構成成分であるパルミトレイン酸が含まれ、肌なじみが良く、皮膚への刺激が少ないのでおすすめです。

植物油のみでも、皮膚の乾燥や肌荒れからお肌を守る効果があります。

カレンデュラのハンドクリームを作ります

侵出油(インフューズドオイル)…24g
ミツロウ(未精製)…4g
お好みの精油…3滴 

※侵出油とミツロウの割合を変えることで、クリームの固さを調整できます。ミツロウの割合を多くするとクリームは固くなります。

  1. 耐熱性の容器(ビーカーや耐熱コップなど)に侵出油とミツロウを入れ、湯煎にかけます。
  2. ガラス棒や竹串などでかき混ぜながら、①を溶かします。
  3. 溶けたら保存容器に入れ、容器のフチのクリームが固まり始めたら、精油を加え、よくかき混ぜます。
  4. クリームが固まればできあがりです。なるべく1~2ヶ月で使い切るようにしてください。

精油は、お好みのものを使ってください。もちろん香りが苦手な方は入れなくても大丈夫。

精油自体にも、お肌への効果があるものがあり、ラベンダーやローズ、ベンゾインなどは、この季節に特におすすめです。
また、香水は苦手という方も、精油の香りは穏やかで優しいですので、香水代わりにこのハンドクリームをつけてもいいですね。自分の好きな香りならリラックス効果も期待できそうです。

材料は、ハーブやアロマの専門店などで購入可能です。
私は、毎回どんな香りにしようか、どのハーブを使おうか楽しみに作っています。
みなさんも楽しみながら、ぜひ自分だけのハンドクリームを作ってみてくださいね。




Author's Profile

薬剤師/ハーバルセラピスト/漢方スタイリストCHIAKI
1979年生まれ、兵庫県在住。
メーカーでの研究所勤務を経て、現在は薬剤師として奮闘中。
お薬を患者さんに渡す立場として、なるべく病気にかからない予防分野に興味を持ち、ハーブや漢方の資格を取得。
毎日の暮らしに簡単に取り入れることができる、ハーブ、漢方生活をどんどん提案していきます。

当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE