ピュウマッジョのおうちdeイタリアン

【レシピ】ナポリ風ピクルスのサラダ「リンフォルツォ」と仔羊のカツレツ

【レシピ】ナポリ風ピクルスのサラダ「リンフォルツォ」と仔羊のカツレツ

新宿3丁目にあるリストランテ ピウマッジョの三井隆弘シェフが毎月旬の食材を使って、ご家庭でもかんたんにできる本格的イタリアンレシピをご紹介!
2018年は「おうちdeイタリアン」をテーマにお届けします!
 
今月はちょっとした工夫で、食べやすくなるピクルスを使ったとっても美味しいカラフルなサラダ「リンフォルツォ」をご紹介。
このサラダは元気が出る、食欲が湧くサラダと言われていて、本来はクリスマスに食べるものです。
ついつい美味しくて手が止まらなくなってしまうほどのオススメの1品です。
 
仔羊のカツレツは、レストランで食べる印象が強いと思いますが、材料さえ揃えば自宅でもかんたんに本格的なものが作れます。
最近は、ラムチョップが手に入りやすくなったので、見つけたらぜひチャレンジしてみてください。



ナポリ風カリフラワーとピクルスのサラダ「リンフォルツォ」

ナポリ風カリフラワーとピクルスのサラダ「リンフォルツォ」

材料と分量(4人分)
カリフラワー 1/2個
オリーブの塩漬け 8個
アンチョビフィレ 2枚
バジル 2枚
<ピクルス>
きゅうり 1/2本分
にんじん 1/4本分
パプリカ(赤・黄とも) 1/4個分
セロリ 1/2本分
白ワインビネガー 適量
塩・こしょう 少々
エクストラバージンオイル(EXVオイル) 適量
ピクルス液 ティースプーン1杯
作り方
  1. ピクルスは事前に作っておく(作り方は別途参照)
  2. ミニトマト→半分に切る
    アンチョビフィレ→手でちぎる
    バジル→手でちぎる
  3. カリフラワーは房に切り分け一口大に切り塩茹でする
  4. ボウルに全ての材料を入れて、ピクルス液と白ワインビネガー、塩・こしょう、EXVオイルで味付けそする
  5. 冷蔵庫で食べる直前まで冷やしておく
  6. お皿に盛り付けて完成!
【Chef’s one point】ちょっとしたことで、ぐーんと美味しくなるコツを伝授します
  • このサラダはきんきんに冷えているのが美味しいので、食べる直前まで冷蔵庫で冷やしておいてください
  • サラダに、海鮮(茹でたエビ、ホタテ、たこなど)をトッピングするのもとてもオススメです
  • オリーブは種つきのものを使用してください。種つきの方が美味しいですよ!

ピクルス

ピクルス

材料と分量(作りやすい分量)
<ピクルス液>
450cc
白ワインビネガー 200cc
グラニュー糖 35g
20g
にんにく 1片
ローリエ 1枚
カレー粉 1g
きゅうり 1本
にんじん 1/4本
パプリカ(赤・黄) 各1/2個
セロリ 1/2本
作り方
    1. 野菜はスティック状に切り分けて、密封瓶の中に入れておく
    2. ピクルス液の材料を全て鍋に入れて沸かす
    3. ピクルス液を1の密封瓶に熱いうちに注ぎ込む
    4. そのまま常温で冷まし、粗熱が取れたら冷蔵庫で保存
    5. 2日後からおいしくいただける
【Chef’s one point】ちょっとしたことで、ぐーんと美味しくなるコツを伝授します
  • カブ、小メロン、みょうが、大根などもオススメ
  • ペコロスはさっと茹でてからピクルス液に漬けるのがオススメ

仔羊のカツレツ

仔羊のカツレツ

材料と分量(4人分)
ラムチョップ 2本
パン粉(細かいもの) 30g
1個
粉チーズ 5g
イタリアンパセリ 適量
塩・こしょう 適量
小麦粉 適量
バター 適量
作り方
    1. ラムを肉たたき、または麺棒でたたき薄くのばす(背に脂がある場合は取り除く)
    2. 両面に塩・こしょうをし、小麦粉をつけてよくはたく
    3. 溶き卵、パン粉と粉チーズ、手でちぎったイタリアンパセリを混ぜたものをつける
    4. フライパンにバターを入れ、熱し溶けたらラム肉を中火で両面をカリっとするまで焼き上げる
    5. 焼きあがったらお皿に盛り付ける
【Chef’s one point】ちょっとしたことで、ぐーんと美味しくなるコツを伝授します
  • ラム肉を焼き上げる時は中火で。強火だと火が通る前に焦げてしまい、弱火だとベチャベチャになってしまうので注意してください
  • イタリアンパセリがない場合は、普通のパセリでもOKです
  • バターとサラダオイルを半分ずつにしてもOKです

ristorante Piumaggio(リストランテ ピウマッジョ)のご予約お問い合わせは下記よりお願いいたします。
TEL:03-5341-4575

著者プロフィール

三井 隆弘
三井 隆弘ristorante Piumaggio シェフ
1978年生まれ。
イタリア フィレンツェで修行後、日本に戻り南青山のレストランで修行。
その後、小川町のレストランでシェフを務めた後、2015年からリストランテ ピウマッジョにてシェフを務める。

ristorante Piumaggio(リストランテ ピウマッジョ)
住所:東京都新宿区新宿3-6-2 栄ビル 4F
TEL:03-5341-4575
■営業時間
AM11:30~15:00(L.O.13:00)
PM17:00~23:00(L.O.21:30)
■定休日
毎週月曜日

関連記事

  1. 【レシピ】大人女子が胸キュンなおもてなしイタリアン
  2. 【レシピ】秋はきのこを味わう!マッシュルームのスパゲッティとジャンボしいたけの肉詰め 【レシピ】秋はきのこを味わう!マッシュルームのスパゲッティとジャ…
  3. 【レシピ】4種類のフィンガーフード
  4. 【レシピ】丸鶏で作る本格派ローストチキン 【レシピ】丸鶏で作る本格派ローストチキン
  5. 【レシピ】自家製オレキエッテ シラスと菜の花のソースと鶏もも肉のロール巻き 【レシピ】自家製オレキエッテ シラスと菜の花のソースと鶏もも肉の…
  6. 【レシピ】ズワイフルーツトマト冷製パスタと鰯のカツレツ地中海ソース 【レシピ】ズワイガニとフルーツトマトの冷製パスタと鰯のカツレツ地…
  7. 【レシピ】鮮魚のカルパッチョ和風スタイル・桜海老とアスパラガスの…
  8. 【レシピ】ヴォンゴレビアンコ・トスカーナ風パンとあさりのサラダとパンナコッタ 【レシピ】ヴォンゴレビアンコ、トスカーナ風パンとあさりのサラダ、…

New!!

  1. 【4月 天秤座の満月】心に滋養を。立ち止まる事で、“豊かさ”を引き寄せよう!
  2. わずか10分で完成!桜えびと春キャベツのペペロンチーノで平日晩ごはん 桜えびと春キャベツのペペロンチーノ
  3. みんなが肩の力を抜けるように 辻元舞さん(モデル)
  4. そろそろ必要?大人女子の気合いネイル
  5. 【プレゼント】『リラックマとカオルさん』特製クリアファイル
  6. 私の生き方、振り返ってみませんか?「Grit〜やり抜くチカラ」開催!
  7. 春のストレス対策ハーブ~パッションフラワー~
  8. ナチュラル&オーガニックコスメのNew Comer!
  9. 思わず写真が撮りたくなる街・パリ モンマルトル編
  10. 新年度にオススメ!大人女子の勝負ネイル

Present & Event

PAGE TOP