CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

心も身体も温かくしてくれる香り

心も身体も温かくしてくれる香り

こんにちは。セラピストの堀井美岐です。12月となりクリスマスそして年末と今年も残り僅かとなりましたね。また11月に雪が降り、一気に冬の寒さとなりました。クリスマスの時期にクリスマスティーが店頭に並びますが、こちらには色々なスパイスが使われています。今月はクリスマスティーにも使われている寒い季節にふさわしい精油「シナモン」をご紹介します。

“シナモンリーフ”“シナモンバーク”と呼ばれているものです。生薬や香道では「桂皮」と言われています。
“シナモンカッシア”もありますが、刺激が強く種類が違いますのでご注意くださいね。
心への効用は、疲労や衰弱した心に活力を与えて孤独感から脱却させる効果があります。
ネガティブな気持ちを手放し、前向きな気分してくれます。

体への効用は、温め、鎮痛作用があります。特に消化器系の冷えでの腹痛や、食欲不振、下痢、嘔吐に効きます。食欲増進、お腹の張りにも効果的です。関節痛やリウマチなどの緩和にもなります。
また呼吸器系を強くする働きもあり、抗菌作用、風邪やインフルエンザの初期症状にも効果的です。

皮膚への効果は、収れん作用があり、緩んだ組織を引き締める効果があります。ただ、刺激が強いので十分に希釈して使用すること。
感染症の緩和作用もありますので、水虫やイボのケアや、虫刺されに効果的です。
その他、衣服や物への防カビに効果的です。

シナモンは香りも独特で刺激も強いので、妊娠中や生理中、子供には使用をさけてください。

相性の良い精油は、柑橘系やスパイス系の香りです。
・元気になりたい時は⇒カルダモン、クローブ、クミン
・生理痛の緩和には⇒ラベンダー、ジュニパベリー
・集中力をアップしたい時は⇒ユーカリ、ローズマリー
・防カビ・防虫する時は⇒レモン、サイプレス、カンファー

cinnamon2

これから忘年会・新年会と忙しくなる方も多いと思いますが、そんな時はシナモンの存在を思い出して、ティータイムにシナモンティーを飲んでみてくださいね。

プッシュ通知

Author's Profile

magentyセラピスト堀井美岐(ほりいみき)
オーラソーマ(R)プラクティショナー、レインドロップトリートメントをはじめ数秘やアロマリーディング、スピリチュアルリーディングを行うセラピスト。
2012年、自宅サロンmagenty(マゼンティ)をオープン。
自身のアトピー・アレルギー体質を元に自然治癒や代替医療なども学び、こころとからだのケアなどホリスティックビューティーを提供し、現在も勉強中。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE

※当サイトの全ての掲載記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。