CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

ローズマリーで梅雨の時期をリフレッシュ!!

rosemary1

こんにちは。セラピストの堀井美岐です。6月、いよいよ梅雨の時期となりますね。
今月は、ローズマリーをご紹介します。ヨーロッパでは古くからお料理に欠かせないハーブとして利用されています。みなさんも馴染みのあるものだと思います。

ハーブではとても芳香の強い種類でもあります。
ローズマリーは、①ローズマリーシネオール②ローズマリーカンファー③ローズマリーベルベノンと香りの成分が異なる3種類のケモタイプに分類されます。

まず、ローズマリーとしての効能は、精神を高揚させる働きがあります。物事に集中したい時や、やる気や自信がない時に明るく前向きにさせてくれます。
体へは、低血圧や冷えに効果的です。シャキッと目覚めたい時や運転中にもオススメです。ハンカチや熱湯を注いだカップにローズマリーを数滴垂らすとリフレッシュできますよ。
筋肉痛や肩こり、喉や気管支炎などの呼吸器系にも効果を発揮します。

rosemary2

肌への効果は、脂性肌や頭皮の不調改善に適しています。フケや抜け毛など、シャンプーやオイルに混ぜたり、マッサージなどお勧めです。更に、デオドラント効果もありますので、これからの季節に体臭予防にも有効です。

①呼吸器系の不調や、消化器系の不調・疲労には、ローズマリーシネオール。
②筋肉痛や肩こり、リウマチ、静脈瘤には、ローズマリーカンファー。
③スキンケア、ヘアケア、肝臓の不調、月経不順には、ローズマリーベルベノン。
と、ローズマリーでも作用が違います。比較的作用が穏やかで初心者の方にも取り入れやすい①のローズマリーシネオールがお勧めかもしれません。

相性の良い香りは、グレープフルーツ、レモングラス、オレガノ、タイム、ラベンダー、シナモン、ユーカリ、フランキンセンスなど。
陰陽五行では、夏は「火」を表します。ローズマリーは「火」の性質です。

ハーブとして手に入りやすいローズマリー。香りだけではなく、食べ物からも摂取して、夏バテしない体作りを今から整えておきましょう。




Author's Profile

magentyセラピスト堀井美岐(ほりいみき)
オーラソーマ(R)プラクティショナー、レインドロップトリートメントをはじめ数秘やアロマリーディング、スピリチュアルリーディングを行うセラピスト。
2012年、自宅サロンmagenty(マゼンティ)をオープン。
自身のアトピー・アレルギー体質を元に自然治癒や代替医療なども学び、こころとからだのケアなどホリスティックビューティーを提供し、現在も勉強中。

当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE