魔法の香り手帖

煌めきは香りとなり胸に光る

1

木々の葉が瞼を閉じた森の奥深く。
星たちは間もなく訪れる夜明けに備え、身を震わせながら目を覚ましかけていた。

水辺には少女が一人佇む。焼けた肌と長い手足が水面に映る影をより色濃く染み出させ、自然なまま伸びた柔らかい髪は、時折吹く風に揺れる。

今にも溶けて流れ出しそうな蒼(あお)のグラデーション。静寂が森を包む。
少女はにわかに立ち上がり、空を見上げると星に触れるかのように腕を突き上げ、仰ぐように開いた。

夜明け前だけに訪れる一瞬の沈黙の後、針水晶のようなホーリーウォーターシャワーが勢いよく空から降り注いだ。少女の肌に突き刺さる瞬間、香りに姿を変える。辺りには、地面に落ちてなお輝くクリスタルが散らばった。

香りが地上へ舞い落ちると同時に、少女が兼ね備えた僅かな邪心は空高く舞い上がり、天空のオーラがその罪を暴く。後悔も苦しみも疑念も怒りも、ホーリーウォーターが浄化してゆく。

香りが肌を貫く刹那、その優美な矛先に耽る。
それは、赦しの儀式。恍惚のサンクチュアリ。

2


木漏れ日は森の中まで届いていた。
彼は刈り取った麦の茎を後ろ髪に絡めたまま、歩みを早める。額には汗が滲む。

3

今頃、彼女はどんな顔をして光を浴びているのだろう。すらりと伸びた花穂のような背筋、剣(つるぎ)のような強い眼差し、艶やかな唇はキュッと一文字に結ばれ、ひときわ目を惹くブロンド。まるで夏咲きのグラジオラス。

愛しい姿を思い浮かべれば浮かべる程、自分へ全く興味を示さない姿に嫉妬を覚える。目を伏せ、まるでそこには誰も居ないかのように背を向けられる屈辱感。

輪郭は細くまだ若い僕に、大抵の女は向こうから寄ってくる。いつも恋は退屈だ。初めて自分で求めた途端これだ。嘘だろ、焦がれる情熱とはこんなにも熱いものか。身体の真を太陽が焦がすように燃やしてゆく。誰にも彼女を渡したくない。

抜け道のため足を踏み入れた森。水たまりに勢いよく一歩をぶつけると、飛び散る汗と水しぶきは太陽の香りとなり、彼の身体を魅惑的に包み込んだ。その煌めきは自信を高め、誇らしげに胸に輝く。

もうすぐ夏が来る。
グラジオラスの女王よ、君のあえかなる恋心を振り向かせてみせよう。
悶えるがいい。熱を呼び起こすのは僕だ。

4


彼女は窓枠にもたれ、地平線に蕩けそうな太陽を見つめ、過ぎし日の情熱を思い出していた。いつから私は恋を忘れたふりをしているのだろう。

5

少しばかり頼りない白い頬に、甘い誘惑の言葉。天性の人たらし。どうしてそんなに巧みなのか、私の心は直ぐに彼に掴まれてしまった。彼と居ればいつでも笑えた。弱点さえも私だけが理解できると思えた。ある夏、彼は私を捨て、去っていった。

心の底から憎めば憎むほど、それは愛情の深さと比例して悔しさが募る。時間をかけ忘れてゆくしかない。空洞な日常を無理矢理生きてゆくしかない。

そうして何年か経ち、私は恋を忘れた。

あれから誰かに強く惹かれることは無くなった。時折蘇る彼との想い出は、まるで恋の亡霊だ。誰も求めなければ、最初から1人。いつしか臆病が落とせないシミのように焦げ付いた。

赤く染まってゆく太陽を見つめいていたら、忘れていた感情は次第にむき出しになり、不意に涙が流れた。旅先で訪れたこの国で、抑えてきた想いが一気に溢れてゆく。私は嗚咽を押し殺しながら涙を流した。今は夕陽のせいにして、彼を想って泣くのはこれで最後にしよう。

窓の外から漂う、美しく澄んだ瑞々しい花の香りが彼女の肩を包み込む。
Sunset Flowers、明日の私に勇気をちょうだい。「愛」をする勇気を。
次の恋はきっと、優しい香りで満ちている。私は、そう信じる。

6


【掲載製品】
■LIQUIDES IMAGINAIRES「リキッドイマジネ サンクティ オードパルファム」100mL ¥27,000+税 /株式会社ドゥーブルアッシュ tel.03-6427-2369

セルジュ・ルタンス 「ロードゥパイユ」オードパルファム 50mL ¥8,000+税 100mL ¥13,000+税 / ザ・ギンザお客さま窓口 tel.0120-500-824

Montale「Sunset Flowers」オードパルファム 50mL ¥12,000+税 / T Company Co.,LTD. tel.06-6304-6955

著者プロフィール

YUKIRIN
YUKIRIN美容ジャーナリスト/香りのストーリーテラー
ナチュラルコスメとフレグランスのエキスパートとして、
「香りで選ぶナチュラルスキンケア」や、「香りとメイクのコーディネート」など提案する他、
香りから着想される短篇小説を連載中。

媒体での執筆・連載の他、
化粧品のディレクション、イベントプロデュース、ブランドコンサルティングなど幅広く活動している。

関連記事

  1. 黒い螺旋階段、男と女
  2. ビュブロスの神殿 ビュブロスの神殿
  3. ガーデン ガーデン
  4. 花弁のゴースト 花弁のゴースト
  5. 燃えさかれ、または一匙の儀式
  6. 雨に香れば
  7. イロンデルの恋 イロンデルの恋
  8. 花の嘆声 花の嘆声

New!!

  1. あっという間に理想の一汁三菜が完成!野菜の揚げ浸しで平日晩ごはん
  2. 【プレゼント】『ペンギン・ハイウェイ』オリジナル缶ホルダー 『ペンギン・ハイウェイ』オリジナル缶ホルダー
  3. 【ワークスタイル】たった一度の人生“自分の人生を生きぬきたい” 高山奈保美さん(同)アンジェロ代表
  4. 【プレゼント】『泣き虫しょったんの奇跡』公開直前イベント試写会 】『泣き虫しょったんの奇跡』
  5. 南アフリカの奇跡のハーブ ~ルイボス~ 南アフリカの奇跡のハーブ ~ルイボス~
  6. ナチュラルコスメでつくる、秋のモードメイク ナチュラルコスメでつくる、秋のモードメイク
  7. パリの朝食専門レストラン CLAUS(クラウス) パリの朝食専門レストラン CLAUS(クラウス)
  8. 夏の“足のつり”はアロママッサージで解消しよう!
  9. 野菜の素揚げのせ冷やしうどんと豚の竜田揚げでパワフル週末ごはん 暑い夏を乗り切る休日ごはんの献立
  10. 【プレゼント】『寝ても覚めても』トークショー付試写会 『寝ても覚めても』

Present & Event

  1. 『ペンギン・ハイウェイ』オリジナル缶ホルダー
PAGE TOP