CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

美人に近づくブロッコリーのミモザサラダ

日本人には爽やかと言うと五月(さつき)・皐月…でも、五月雨(さみだれ)と言う言葉があるように、五月雨は梅雨の別名でもあります。五月晴れとは本来は梅雨の晴れ間のことのようですか、それでも皐月は爽やかな新緑、初夏の到来を知らせる言葉のような気がします。

今日は爽やかな新緑のようなブロッコリーを使った、彩り鮮やかなミモザサラダをご紹介します。

ブロッコリーのミモザサラダ

ブロッコリーのミモザサラダ

材料と分量(2人分)

  • ブロッコリー…1個
  • 卵…2個
  • フレンチドレッシング・マヨネーズなど…お好みで

作り方

  1. ブロッコリーは小房に分けて切る
  2. 鍋にお湯を沸かし、沸騰したら塩を1つまみ入れる
  3. ②にブロッコリーを入れ10数えたらざるに上げて冷水をかける
  4. 茎を持って振り、花芽をに入っている水を取る
  5. ゆで卵を作る
    卵を水から茹でて、沸騰したら弱火にしさらに12分茹で、火からおろし冷水につけて皮をむく
  6. 白身と黄身を分け、白身はみじん切りにし、黄味はフォークの先でつぶす
  7. ブロッコリーをお皿に盛り付け、白身と黄身をそれぞれ、お花に見立てて飾る
  8. お好みのドレッシングやマヨネーズをかける

ブロッコリーのパワーを信じて美人に!

ブロッコリー

ブロッコリーはカリフラワーとともに「はなやさい」と総称されます。
ブロッコリーもカリフラワーもキャベツを改良して作られた野菜です。
キャベツは花を咲かせずに葉が巻いていきますがが、ブロッコリーは葉の部分よりもつぼみを増やす方向で改良されたました。

緑黄色野菜のブロッコリーは、β-カロテンやビタミンCなどのビタミン類、カリウム、マグネシウム、カルシウムや食物繊維など美容と健康に嬉しいお馴染みの成分をはじめ、ファイトケミカルの一種であるスルフォラファンやアブラナ科特有の抗酸化物質も含んでいます。

むくみ解消に役立つカリウム含有量、また便秘の解消の定番である食物繊維が豊富で便を柔らかくするマグネシウムも比較的多く含んでいることから便秘の解消にも役立つ食材としてはトップグループと言えるでしょう。

食事の中で取り入れることで排泄力を高め余分なものを溜め込みにくくしてくれます。脂肪が減る訳ではありませんが、むくみや便秘が改善することで外見もすっきりしますし、スルフォラファンやグルコシノレートのデトックス効果で体がキレイになると痩せやすい体質への変化も期待出来ます。

又、ブロッコリーは、レモンの2倍という豊富なビタミンCを含んでいますから、皮膚のシミやソバカスなどの色素沈着防止が期待でき、ビタミンAは皮膚や粘膜の保護に役立ちますので、紫外線の強いこの季節…ビタミンAとCを両方同時に摂れるブロッコリーは、美肌作りに一石二鳥です。

友だち追加
@cherishweb_me でも検索できます

Author's Profile

料理家足立洋子(あだちひろこ)
1951年、函館生まれ。
自由学園女子最高学部卒業。

会員数2万人の「全国友の会」において40年来、食の講師をつとめる。現在も苫小牧友の会にて年4回、全国各地にて料理講習会・講演会を行なっている。

NHK「あさイチ」で料理のスーパー主婦として出演。近年は「あさイチ」のほか、NHK北海道の「ひるまえナマら!北海道」に定期的に出演。

新潮社から発売した著書『かんたん が おいしい』シリーズは13万部は超え、著書累計は約22万部。
雑誌などへのレシピ提供のほか、商品開発などにも携わっている。

2013年より『暮らしを楽しむメディアCheRish Brun.(チェリッシュブラン)』にて月に2回、2017年より『苫小牧民報』にて月1回連載中。

趣味はお取り寄せ。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE