CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

【ワークスタイル】つきない好奇心をつぶさずに働く 恵良知左子さん(サイボウズ株式会社)

title

IT企業と聞くと、「プログラマー」や「SE」といった職種しか思い浮かばなかった単純な私。今回お話を伺った恵良さんは、「営業と製作のちょうど間に位置するような仕事をしています」とのこと。聞けば聞くほど、コミュニケーション能力が必要とされる部署であることを知り、なるほど、IT企業といってもいろいろな仕事があるのだなと思いました。また、仕事の優先順位の決め方など、恵良さんが働き方について実行されていることは、他業種でも実践できそうなヒントが満載です。

コミュニケーションが不可欠の仕事

――大学卒業後、なぜIT企業へ就職されたのですか?
大学3年で就職活動を始めましたが、当時は就職氷河期。でもその中で、IT企業は積極採用をしていたこともあり、何もわからずに就職しました。お金を貯めたら大学院で勉強したいと思っていたので、そこで4年ほど働いて、一度退職しました。

大学院で国際協力、特に紛争予防について学びながら国際NGOに所属。小型武器撤廃の国際会議開催のために立ち上げられた事務局で10か月ほど働きました。やりたい仕事を経験できたことはよかったのですが、やはり金銭的に自立して生活するのには厳しいものがあったので、再びIT企業へ就職しました。

それが2006年。この2社目の会社が、もともとサイボウズの子会社で、数年後に吸収合併したので、現在はサイボウズの社員です。

P1090006_original

――今はどのようなお仕事をされているのですか。
弊社で製作したソフトを使う、エンジニアなどにプロモーションをしています。たとえば、kintoneという、自由にアプリが作れるクラウドサービスがあるのですが、これを使っているエンジニアが自主的にコミュニティを作って、勉強会を立ち上げたりしています。そうした会に出向いて、製品の最新情報をお知らせしたり、その場でユーザーの方から「もっとここをこうしてほしい」などのソフトへの要望を聞いて、それを社内の担当者へフィードバックしたりもしています。

――コミュニケーション能力を問われる仕事ですね。
あまり自分では意識したことがありませんが、そうかもしれません。もともと、大学卒業後に入ったIT企業は、受託開発をする会社で、お客様の要望に沿って製品の仕様を決めたり、カスタマイズを行ったりという仕事をしていました。最初からコミュニケーションが必要な部署にいた、とも言えますね。




Author's Profile

フリーライター菅原然子(すがわらのりこ)
大学で数学、大学院で教育社会学を専攻後、月刊『婦人之友』(婦人之友社)、月刊『教員養成セミナー』(時事通信出版局)等の記者・編集者を経て独立。
人物インタビューや教育関連記事を中心に、多分野の記事を書いています。
夫婦+コドモ2人(♀)の4人家族。
趣味はチェロを弾くこと。
動物と、文字と、音楽をこよなく愛するもの書きです。

当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE