CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

ベリーベリーベリー

35 views

1

すれ違いざまふと足を止めた彼女の髪から、カシスの香りが立ち昇った。ぴたりと横に立ち、腕と腕の肌がひやりと触れる。

僕たちは他人であり、もう一人の自分。強い絆で結ばれながらも、人前で決して声を交わすことはできない。Secret Lover。何かをする時、ひとりは寂しい。けれど、お互いの存在を感じていれば寂しくはない。

秋は実りの季節と言う。僕らの恋は人知れず、誰にも分からない形で実り続ける。焦がすように焼けつくすような情熱をひた隠して。

アイリスの艶やかな花の香りは、彼女に顏にゆっくりと広がる微笑みに似ている。最近はその微笑みを遠くから眺める機会ですら減ってしまった。黒いボトルをジャケットに仕舞い、彼は歩き出した。彼女が自分の側に居てくれるような気がした。

2


運命的な瞬間を、シュテファン・ツヴァイクは「星の時間」と言った。
私の星の時間は、名前も知らないあの人がトラックで駆け出す瞬間に訪れた。

図書館からの帰り道、本を片手に渡り廊下を歩いていた時、鋭いホイッスルの音に思わず目を向ける。校庭で一人の男の子がかかとをクッと上げスターティングする瞬間だった。弾けるように飛び出す浅黒い素肌は、夏の間ずっと屋外で練習していた自信だろう。汗を飛び散らせながら、深い群青色の目をグッと下に向け、唇を噛んだ。納得がいかないという表情で、スタート地点まで戻ってゆく。悔しげな表情なのに惹きつけられる。風に乗って甘酸っぱい爽やかな香りが鼻をくすぐった。
陸上少年は2年上の先輩だということは分かったものの、しばらくして転校したと噂で聞き、校庭で見かけることもなくなった。

あれから10年の月日が流れ、私は大人になった。平凡な大人だ。
私はなぜか、あの日風に乗って舞った香りが忘れらず香水を纏う。ブラックベリー、ベイリーフ、ベチパー、シダーウッド…想い出の香りにどこか似ている。ノスタルジックな甘い記憶。

3

香りにうっとりとしながら、私は新しい職場へ向かった。
「本日からお世話になります。どうぞよろしくお願いします。」
そう挨拶の言葉を述べゆっくりと顏をあげると、惹きこまれそうな深い群青色の目の男性が立っていた。途端、のどかな放課後の校庭が、昨日のことのように蘇る。
あぁ、星の時間は、続いている。


誰かを愛することは、喜びしか無いと思っていた。
水面に映る2つの影は寄り添う。互いを支え合う影。ぽたりと露が樹木から落ちる度に、水面に広がる輪からカシスとローズの香りが広がってゆく。水辺に映る影…それは香りとなって語りかけてくる。

4

私たちはいつもほんの少しすれ違い続けた。決して重なることは無く。運命の恋は幸せな結末だけではない。
しかし、これも運命なのだろう。苦しさを知って、深い愛を知った。間違いもして、傷つけあった。そして私たちは、それぞれの道を、現実を生きてゆくことにした。
ギュッと掴む手から力が抜け、額を起こし見つめあう。

「手放す準備はもうできている。」

2人が去った後も、寄り添う影は水面に映り続けた。
まるで恋した時間を漂う余韻のように。

【掲載製品】
■F organic「AROMA EAU DE TOILETTE cassis&iris」30ml / ¥7,600+税 / 株式会社マッシュビューティーラボ tel.03-5774-5565
ジョー マローン ロンドン「ブラックベリー & ベイコロン」30ml ¥7,700 / 100ml ¥15,500+税 / ジョー マローン ロンドン お客様相談室 tel. 03-5251-3541
■diptyque「L’OMBRE DANS L’EAU(ロンブルダンロー)」100ml ¥10,900+税/ diptyque japan tel.03-6450-5735




Author's Profile

美容ジャーナリスト/香りのストーリーテラーYUKIRIN
ナチュラルコスメとフレグランスのエキスパートとして、
「香りで選ぶナチュラルスキンケア」や、「香りとメイクのコーディネート」など提案する他、
香りから着想される短篇小説を連載中。

媒体での執筆・連載の他、
化粧品のディレクション、イベントプロデュース、ブランドコンサルティングなど幅広く活動している。
Follow :
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE

当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。