シネマキアート

【映画】セッション

m0000000765

今年に入ってまだ40本くらいしか映画を観ていませんが、私の中で2015年暫定1位の映画がこの『セッション』です。ラストの約10分間の演奏は圧巻で、 久しぶりに観終わった後、興奮しすぎて放心状態になりました。

本作は、名門音大に入学したジャズドラマーのニーマン(マイルズ・テラー)と伝説の鬼教師フレッチャー(J・K・シモンズ)との狂気のレッスンが繰り広げられる人間ドラマ。一部ではドラマー版『ブラックスワン』とも評されています。

高みを目指す究極の師弟関係を見事に演じ切ったシモンズとマイルズ。ふたりが演じたフレッチャーとニーマンは決して誰もが共感できるキャラクターではありませんが、プロの世界にはリアルに存在すると思います。

フレッチャーはニーマンに優しく声をかけたかと思えば、指導を通り越したパワハラまがいの言葉で罵り、ビンタでテンポを矯正する、スパルタ教師。良い人なのか悪い人なのかわからず、振り回されます。本年度のアカデミー賞ほか賞レースの助演男優賞を総ナメしたシモンズの演技は本当に恐ろしく、ニーマン同様私の魂も終始、彼に支配されました。

m0000000765_sub1

吹き替えなしでドラム演奏に挑んだマイルズも負けていません。かじる程度にしかドラム経験がなかったとは思えない彼のスティックさばきは素晴らしく、役に劣らず猛特訓をした賜です。また、フレッチャーにスカウトされた時の有頂天のニーマンと、追い詰められた時のボロボロのニーマンの心情の演じ分けも見事でした。

本作の監督と脚本を手がけたのは、弱冠28歳のデイミアン・チャゼル。「戦争映画やギャング映画のような音楽映画を作りたい」と意気込む彼の思惑通り、自身の高校時代の経験を元にしたストーリーは、序盤のスポ根から一転し、終盤はスリリングなサスペンス展開へと突き進みます。若き天才は、破格の低予算のなか、19日間という短期間でこの傑作を生み出しました。

心地良いジャズ音楽と、心地良いとは言えないけれど息もつかせぬストーリー、そして俳優たちの緊迫感のある演技。ジャズ音楽やスポ根に興味がない女性は多いかと思いますが、なかなかこんな傑作には出会える機会はないと思います。限界を超えた時に起こるラストの壮絶なセッションは本当に必見です。そして観たら最後。この興奮を誰かに伝えずにはいられなくなりますよ。

セッション
4月17日(金)TOHOシネマズ新宿他全国順次ロードショー
http://session.gaga.ne.jp/
(C)2013 WHIPLASH, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

著者プロフィール

國方 麻紀(くにかたまき)
國方 麻紀(くにかたまき)エディター・ライター
香川・丸亀出身、東京・吉祥寺在住のアラフォーのエディター・ライター。
女性誌『ELLE JAPON』『VOGUE JAPAN』のウェブ・エディターを経て、現在は女性サイト「GLAM」編集長に。
好きな映画のジャンルは、バイオレンスや時代劇、B級など。
「このコラムを読んで普段観ないようなジャンルの映画にも興味を持ってもらえたらうれしいです!」

関連記事

  1. スリー・ビルボード
  2. 【映画】フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ
  3. 【MOVIE】ゴーストバスターズ
  4. たかが世界の終わり 【MOVIE】たかが世界の終わり
  5. 【MOVIE】聲の形
  6. 『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』『 マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年』 【MOVIE】『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛す…
  7. 【MOVIE】アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
  8. 【MOVIE】ちはやふる

New!!

  1. 【プレゼント】『女王陛下のお気に入り』一般試写会
  2. 【セルフネイル】ハッピーをトッピングしてくれるクリアハートネイル
  3. 基本のパウンドケーキを作ってみよう
  4. 寒い冬は“エキナセア”で免疫力アップ&風邪予防
  5. ナチュラルコスメの新色図鑑~2019 SPRING
  6. パリのおすすめホテル Hotel Bienvenue Paris
  7. 【プレゼント】『雪の華』一般試写会
  8. 2019年はミントをぜひ常備しておきましょう!
  9. 【編集長日記】暮らしを大切にすること
  10. 【1月 山羊座の新月】“行動力”と“自分らしさ”が心地よさの鍵

Present & Event

PAGE TOP