CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

【レシピ】新年度にパワーを注入!ニラと豚肉のチャンプル丼

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

4月になりましたねー・・・
一年の始まる一月とはまた違う、ちょつと緊張感も伴う新年度の始まりです。わたしはこの変わり目の時が何だかとても好きです。自分自身が新しい気持ちになれることが好きなのだと思いますが、それと同時に知らずにストレスもため込んでしまいやすい時期でもあります。お元気でこの時期をお過ごしくださいね。
今日は新年度にパワーを吹き込むような一皿で栄養も満点のチャンプルをお丼仕立てにしてみました。あっという間にできる丼物の良さを堪能してくださいね。
丼物は一人前の材料を人数分に応じて倍掛けしていく方がかんたんと思いますので一人分の材料で出します。

チャンプル丼

材料と分量(1人分)
豚肉 40g
厚揚げ 1/2枚
ニラ 1/4把
もやし 50g
1個
塩こしょう 少々
醤油 小さじ2
かつお節 1パック(3g)
サラダ油 大さじ1/2
ご飯 一膳分
 作り方
1.豚肉は食べやすい大きさに、厚揚げは半分に切って1㎝の厚さにする。ニラは3㎝の長さ、もやしは水の中でシャバシャバと洗い、卵は割りほぐしておく。
2. フライパンに油を入れて肉を炒める。その中に厚揚げを入れて焼くように炒め合わせ、もやしを入れて更に炒める。塩・こしょうで味をつけた中にニラを入れる。
3. 2を卵でとじた中にかつお節を入れ、鍋肌から醤油を回しいれる。

 

ニラには健康パワーがいっぱい!

あの強烈なにおいのため、ニンニクとともに、ウィークエンドベジタブル(週末野菜)と言われている野菜です。実際、金・土・日の売上が高いそうです。
硫化アリル…あの独特なにおいの成分ですが、がん予防細胞の酸化を防ぐ作用と発がん物質の毒性を消す酵素の働きを活発化させる作用があります。
体をあたため、自律神経に働きかけ血液循環を良くするので、食べると体がぽかぽかします。風邪や冷え性に効果的です。
1束で一日の必要量を満たすほどβカロテンが豊富です。ニラは疲労回復効果の高い豚肉と組み合わせて炒めることで、硫化アリルがビタミンB1の吸収を高め、さらに疲労回復を促進させます。豚肉とニラは絶妙のコンビと言えるんですよ。




Author's Profile

料理家足立洋子(あだちひろこ)
1951年、函館生まれ。
自由学園女子最高学部卒業。
会員数2万人の「全国友の会」において30年ほど食の講師をつとめる。
NHK「あさイチ」で料理のスーパー主婦として出演。
2013年9月に発売した新潮社から発売した著書『かんたん が おいしい』は13万部を超える。

レシピ本を多数出版している他、雑誌などへのレシピ提供を行なっている。
趣味はお取り寄せ。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE