CheRish Brun.|チェリッシュブラン

私のごきげんな毎日

体の芯から温まる絶品!坦々スープ

足立さんのレシピノート〜美味しいと知恵〜

新しい年を迎えた日がずっと前だった様に感じ、あっと言う間に今日は節分です。
そして全国的な大寒波の中でも明日は立春……今年も昔のお嬢ちゃま(娘と私)の為に、お雛様を飾りました。
まだまだ寒い寒い北海道ですが、この寒さがあるから春が余計待ち遠しいのかと思います。

本当に寒いのは後1ヶ月でしょうか?
風邪もコロナにもなっていられませんから、自分の体は自分で守る!!
体の冷え改善、免疫力アップ「健康は食事から」とちょっとの工夫と、ちょっとの手間で「体に良い食生活」をおくりましょう。

冬におすすめの温かスープ

アバター
足立さんのスープレシピが大好きです。
2月を乗り切るための温かくて美味しいスープを教えてください!
アバター
足立さん
ありがとうございます。
とにかく体の「冷え」は禁物。
体の芯から温めてあと一ヶ月を乗り切りましょう!
と言うことで、今月は「実だくさんのあったかスープ」をご紹介します。

担々スープ

担々スープ

蛋白質もお野菜も一緒にとれる具沢山のスープは、忙しい方にこそ作ってみてほしいメニュー。
今回ご紹介する「担々スープ」は材料を切って重ねて煮るだけの熱々スープです。
私は豆乳が苦手なので牛乳で作りましたが、もちろん豆乳で作っていただいてもOKです。

材料(2人分)

担々スープ材料
  • 豚ひき肉…100g
  • もやし…1袋
  • きくらげ(乾燥)…5g
  • 木綿豆腐…1/2丁
  • ニラ…5本
  • 水…1カップ
  • 鶏がらスープのもと…大さじ1
  • しょうゆ、みそ、豆板醤…各小さじ1
  • 酒…大さじ1
  • おろしにんにく・おろししょうが…各小さじ1/2
  • 牛乳(または豆乳)…1/2カップ
  • 白すりごま…大さじ4
  • ラー油…お好みで

作り方

  1. きくらげは水で戻す
    木綿豆腐は食べやすい大きさに、にらは長さ4cmに切る
  2. 鍋に、きくらげ、木綿豆腐、豚ひき肉、もやしの順に重ねて入れる
  3. 水、鶏がらスープのもと、しょうゆ、みそ、豆板醤、おろしにんにく、おろししょうが、酒を加えてふたをし、中火にかける
  4. 沸騰したら弱火で8~10分煮る
  5. 火が通ったら牛乳、白すりごま、にらを加えてサッと火を通す
  6. 器に盛り付け、お好みでラー油をかけていただく
担々スープ

足立さんへの質問を募集中!

食事作り、お料理に関するお悩みを足立さんに相談してみませんか?
お悩みのある方はこちらからお寄せください!

料理家足立洋子(あだちひろこ)
1951年、函館生まれ。
自由学園女子最高学部卒業。

会員数2万人の「全国友の会」において40年来、食の講師をつとめる。

NHK「あさイチ」で料理のスーパー主婦として出演。近年はNHK北海道の「ひるナマ!北海道」に定期的に出演。
また、全国各地にて料理講習会・講演会を行なっている。

新潮社から発売した著書『かんたん が おいしい』シリーズは13万部を超え、2022年3月10日に婦人之友社から『つくる人も、食べる人も 幸せな おべんとう』を発売。『ひとりぶんのおうちご飯(講談社)』『どんぶり+もう一品(マガジンハウス)』『めんどくさいがなくなる台所(SBクリエイティブ)』他、著書多数。

雑誌などへのレシピ提供のほか、商品開発などにも携わっている。

2013年よりCheRish Brun.にて月に2回、2017年より『苫小牧民報』にて月1回連載中。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Evernote
Feedly
Send to LINE