CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

【レシピ】春菊のサラダで体の中を浄化させて春の準備を

156 views

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あっと言う間2月も終盤…陽ざしも春らしくなってきましたね。
今までの冬ごもりのような毎日から春に向かっての準備を体の中からして行きましょう。今日は今が旬の春菊を使った本当にかんたんなサラダ、青菜効果は血液サラサラの浄化作用です。

春菊のサラダ

材料(2人分)
春菊 1/2~1把 約150g
合わせ調味料
にんにくの薄切り 5枚
醤油・サラダ油 各大さじ1/2
ごま油 少々
作り方
1.春菊をさっと茹でざるにとり、しゃもじなどで軽く押さえて水気を切る
2.春菊があついうちに、合わせ調味料であえ、そのまま冷ましてできあがり

 

1日1回青菜を食べて健康に!

春菊は関西では「菊菜【きくな】」と呼ばれ肝機能を増強し、腸内の老廃物質を排出する漢方薬として使われます。
肝臓や腎臓の病気、便秘を治す効能があり、ビタミンB2、カルシウム、鉄分など多くの栄養素が含まれています。
特にβカロチンが多く含まれていることが注目です。
βカロチンはタンポポのような香りのあるものにたくさん含まれている物質で、強い抗癌作用がある優れた野菜です。
春菊には100gで1日に必要な量が摂取できるほどのビタミンAが豊富に含まれていますが、水溶性のビタミンで水に流れやすいので、水にさらす時間や加熱の時間は長すぎないようにすると良いです。
油と一緒に摂ることで一層の働きをします。
青菜には血液をサラサラにする効果も大きいので、1日のうちに青菜を食べる習慣をつけると良いでしょう。




Author's Profile

料理家足立洋子(あだちひろこ)
1951年、函館生まれ。
自由学園女子最高学部卒業。
会員数2万人の「全国友の会」において30年ほど食の講師をつとめる。
NHK「あさイチ」で料理のスーパー主婦として出演。
2013年9月に発売した新潮社から発売した著書『かんたん が おいしい』は13万部を超える。

レシピ本を多数出版している他、雑誌などへのレシピ提供を行なっている。
趣味はお取り寄せ。

当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE