大人女子のおしごと事情

【ワークスタイル】ガーナでの生活と闘病経験から、ブランドを生み出す 大山知春さん(VIVIA JAPAN株式会社代表取締役)

舌癌の経験から

――それはお母様も仰天されたのでは…。ガーナで体の異変に気付かれたのですか?

ガーナに在住時に、患部を確認するために自撮りしたもの。
インターネットで、自分と同じような写真を発見し、舌癌を疑い、日本で検査をすることに。

 
舌に口内炎のようなものができて。ただ当初は痛みがなかったのですが、だんだん大きくなって、ある日それがドクドクと痛み始めたのです。いろいろ調べて、どうも舌癌らしいと。帰国して日本の大学病院を受診したところやはりそうで即入院、手術。術後はガーナへ戻ろうかと思っていましたが、再発率の高い癌のため、3週間おきに検査が必要とわかり、ガーナ行きは無理。でも、こちらで就職したら、ガーナに関係ある仕事はできないなと。

――それでJUJUBODY立ち上げを思いついたのですか?
最初は事業というよりも、癌になってその後どういう生活をしていこうと考えた時に、なるべく新鮮なものを食べ、化学物質が含まれていないものを使って自分なりに健康に気を付けようと考えました。入院中に肌が荒れて、コンビニエンスストアでクリームを買ってきて付けたのですが、ぬるぬるするだけで潤わない。それで、ガーナで使っていたシアバターを思い出し、送ってもらったんですね。向こうでは生まれた時から使うもので、シアバターなくしては生活できないというほど、みんな使っています。

天然のシアバター

 
私も気に入って使っていたのですが、ふと、日本でもこれを売ることができないかと思いついてカールに相談したところ、「逆境に陥った時にどう対応するかで人間の価値はきまる、それはいい思い付きだからやってみたらいいよ」と言ってくれて。全面的に協力してくれることになったんです。ただ、向こうの商品をそのまま輸入して売るには、パッケージの問題などがあり難しく、ブランドを立ち上げることにしました。ネット販売が中心ですが、リピーターの方も増えてきています。

――今後の目標などはありますか?
100%のシアバターは、少し固いのですが、手にのせてあたためるとすーっととけて伸びます。日本は国全体が忙しくて、化粧品もなるべく便利に使えるものが好まれます。結果、たくさんの添加物が含まれてしまっています。それも、ガーナでの自然のリズムを大切にする生活と、病気の経験を経て見えてきたことです。自分の経験を通してわかってきた、本当に体にいいものを日本で紹介することで、日本の忙しい生活が少しでも豊かになればいいなと。また、その事業を通して、現地の生産者にもプラスになるような、いい循環を作っていければと思っています。

ガーナ人アートディレクターと
JUJUBODYのロゴも彼が作成してくれました。

ページ:
1 2

3

4

関連記事

  1. 【ワークスタイル】みんなが妊娠・出産・育児を楽しめるように 長坂…
  2. 【ワークスタイル】たった一度の人生“自分の人生を生きぬきたい” …
  3. 【ワークスタイル】常にベストコンディションで撮るために 中林香さ…
  4. “ものづくり”から広がる私の仕事 カイフチ エリさん(イラストレーター&PR) 【ワークスタイル】“ものづくり”から広がる私の仕事 カイフチ エ…
  5. 【ワークスタイル】アクセサリーで世界を旅する 建元節子さん(デザ…
  6. 【ワークスタイル】タロットで未来創りのお手伝いを タロットリーダ…
  7. 【ワークスタイル】地域に根付いたカフェを KNETENオーナー菊…
  8. 【ワークスタイル】みんなの生活の傍にヨガとヘナを 尾形弓子さん(…

New!!

  1. 野菜たっぷりカレーピラフで平日晩ごはん
  2. 【プレゼント】『女王陛下のお気に入り』一般試写会
  3. 【セルフネイル】ハッピーをトッピングしてくれるクリアハートネイル
  4. 基本のパウンドケーキを作ってみよう
  5. 寒い冬は“エキナセア”で免疫力アップ&風邪予防
  6. ナチュラルコスメの新色図鑑~2019 SPRING
  7. パリのおすすめホテル Hotel Bienvenue Paris
  8. 【プレゼント】『雪の華』一般試写会
  9. 2019年はミントをぜひ常備しておきましょう!
  10. 【編集長日記】暮らしを大切にすること

Present & Event

PAGE TOP