大人女子のおしごと事情

【ワークスタイル】ガーナでの生活と闘病経験から、ブランドを生み出す 大山知春さん(VIVIA JAPAN株式会社代表取締役)

横のつながりを大事にするアフリカ人

――留学経験が次の仕事へつながったのですか?
そうです。私が行った学校はMBAのクラスは38人。いろいろな国から留学生が来ていましたが、その中でアフリカ人やアジアの新興国から来ていた人たちと特に仲良くなりました。アフリカの人たちとはそれまで話す機会もなかったのですが、一緒に生活をしてみたら、周りの空気を読んで気を使ってくれたり、情があついところが日本人と似ていて。個を出すよりも、人とのつながりを大事にしていました。その中の一人が今のビジネスパートナーである、ガーナ人のカールです。

2013年オランダMBA卒業式にてガーナ人ビジネスパートナーと

 
――最初にアフリカに行かれたのは在学中ですか?
はい。卒業論文の一環で、マーケットリサーチのためにガーナに2カ月滞在しました。それで、まだこの国で事業展開がそれほどされていないオンラインショップができないかと思い、卒業後はガーナで起業してみたいと考えるようになりました。

そんな計画をしていた頃、前職で私のお客様だった日本人投資家の方とお会いして「卒業後は何をしたいの?」と聞かれて。この方は私が留学する時も応援してくださって、ブログも読んでくださっていたんですね。それで「同級生とガーナでオンラインショップをやってみたい」と言ったら、挑戦してみたらいいよと、投資を約束してくださったのです。まだ具体的な事業計画書なども何もない時点で。

2013年、ガーナでの初めてのマーケットリサーチ

 
最初は卒業後、資金のためにまず一度金融に就職することも考えていましたが、私に投資してくださるのであればガーナへ行こうと決心しました。

――ガーナ行きは、ご家族に反対されなかったのですか?
それまで私のすることに、一切反対をしなかった母が、この時だけは反対しました。母はインターネットなどをあまり使わないのですが、私の妹経由で、留学中のブログやFacebookへの書き込みを知り「まさかこの子、アフリカに行くのでは」と、薄々思ってはいたようなのです。

ガーナの友人と
ガーナのファッションイベントにて

 
卒業前に一時帰国して、そのことで大喧嘩。結局、私は黙ってガーナへ行き、現地から「これが私の新しい携帯番号だから」と母に連絡したのです。その時には母も予想していたのでしょうね。「気を付けて。忙しいだろうから、連絡はいらない」と、驚いてもいませんでした(笑)それで、本当にずっと連絡をしていなかったのですが、約1年後、私から「癌かもしれないから、日本の病院の予約をとってほしい」と電話をしたのです。

ページ:
1

2

3 4

関連記事

  1. 【ワークスタイル】美しく、おいしく、身体にもいい和菓子 黒岩典子…
  2. JIYU5074Labo 母校の味を、食卓に~『『自由学園最高の「お食事」』制作秘話~
  3. 【ワークスタイル】紅茶があればコミュニケーションを生み出せる 吉…
  4. 【ワークスタイル】できることは全部する。やらずに後悔したくないか…
  5. 父が教えてくれた仕事への姿勢 森本麻未さん(ネイリスト) 【ワークスタイル】父が教えてくれた仕事への姿勢 森本麻未さん(ネ…
  6. 【ワークスタイル】肌が持っている力を引き出して本当の美しさを うすき友美さん(素肌美容家・MOON PEACH開発者) 【ワークスタイル】肌が持っている力を引き出して本当の美しさを う…
  7. 【ワークスタイル】お客さまと一緒に、イメージを形にする グラフィ…
  8. 【ワークスタイル】本当に肌にいいものを 堀田天晴さん(株式会社H…

New!!

  1. 野菜たっぷりカレーピラフで平日晩ごはん
  2. 【プレゼント】『女王陛下のお気に入り』一般試写会
  3. 【セルフネイル】ハッピーをトッピングしてくれるクリアハートネイル
  4. 基本のパウンドケーキを作ってみよう
  5. 寒い冬は“エキナセア”で免疫力アップ&風邪予防
  6. ナチュラルコスメの新色図鑑~2019 SPRING
  7. パリのおすすめホテル Hotel Bienvenue Paris
  8. 【プレゼント】『雪の華』一般試写会
  9. 2019年はミントをぜひ常備しておきましょう!
  10. 【編集長日記】暮らしを大切にすること

Present & Event

PAGE TOP