CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

自分を癒すことで女子力アップする香りとは?

35 views

こんにちは、セラピストの堀井美岐です。11月、今年も残り2ヶ月となりました。
秋から冬に差しかかるこの時期は、なんとなく気分が優れなかったり、体調崩している方はいらっしゃいませんか?
今月は、「バランス・癒し」というキーワードの精油をご紹介します。
「ローズウッド」です。



ローズウッドは南米に生息しており、古くから家具の材料として世界中で使用されていましたが、現在は絶滅が心配されています。そのため、ブラジルでは「ローズウッド1本伐採したら1本植樹しなければならない」と言う法律が定められました。
ローズウッドの香りは、ウッディさの中に、甘くスパイシーさをほのかに含む香りです。

ローズウッドの効能

ローズウッドは、比較的使いやすい精油です。
適切に希釈すれば、妊娠中の方やお子様でも使用できます。

心への効能

甘く優しい香りですが、熱帯雨林で長く生き続けているので芯の強さはあります。
気を遣いすぎたり、精神的に疲れている時、または過去のトラウマにとらわれてしまっている時にローズウッドは強力な癒しを与えてくれます。
勉強や仕事中、長距離の運転をしている時など気分転換に香りを嗅ぐのはおススメです。

身体への効能

体に対しても疲労回復が期待できます。心因性の不調全般の改善に効果が期待できます。
また鎮痛作用もあり、ストレス性の頭痛の緩和効果は優れているようです。
ローズウッドの主成分であるリナロールは、抗菌・抗真菌・抗ウイルス作用があり、免疫力を高める効果があります。呼吸器系・泌尿器系・婦人科系の感染症にも良いと言われています。

肌への効能

ローズウッドは様々な作用があるため、肌タイプを選ばずに広くスキンケアに対応できる精油として知られています。
細胞の成長促進・組織再生を促進する働きがあるため、肌のハリや潤いが気になる際のエイジングケアとしても有効ですし、シミやしわの改善にも役立ちます。
また、抗菌・抗真菌作用もありますので、ニキビや湿疹、白癬や脂漏性皮膚炎などのケアにも効果的です。

香りの相性ブレンド

柑橘系やフローラル系と相性が良いです。
ハーブ系・・・アンジェリカ
柑橘系・・・柑橘系全般
フローラル系・・・ネロリ、ゼラニウム、ローズ
オリエンタル系・・・サンダルウッド、イランイラン

・精神安定に⇒ゼラニウム、ベチパー、パルマローザ
・冷え性の方に⇒アンジェリカ、チュベローズ、パチュリ
・感染症予防に⇒ローズマリー、シダーウッド、プチグレン
・スキンケアに⇒ローズ、フランキンセンス、イランイラン

ローズウッドでバスソルトを作ってみてはいかがですか?

天然塩・・・大さじ2
ローズウッド・・・3滴
ドライハーブなど適量に混ぜると良いかもしれません。
湯船に少し入れたり、身体を軽くマッサージしても良いですよ!
発汗作用でデトックスして、疲れた心と身体を癒してくれますよ。

冬に近づき、身体の冷えも感じる季節となります。
交感神経を整えることで血流がよくなりますので、ローズウッドで免疫力をアップして心身のバランスを整えてくださいね。




Author's Profile

magentyセラピスト堀井美岐(ほりいみき)
オーラソーマ(R)プラクティショナー、レインドロップトリートメントをはじめ数秘やアロマリーディング、スピリチュアルリーディングを行うセラピスト。
2012年、自宅サロンmagenty(マゼンティ)をオープン。
自身のアトピー・アレルギー体質を元に自然治癒や代替医療なども学び、こころとからだのケアなどホリスティックビューティーを提供し、現在も勉強中。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE